ヴィルヘルム・V・ユルゲン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィルヘルム・V・ユルゲン
外国語表記 Wilhelm von Jurgen
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優 牛山茂
初登場SRW スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
SRWでの分類 パイロット
ラストボス
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 50代後半(推定)
所属 ディバイン・クルセイダーズウォン重工業
テンプレートを表示

ヴィルヘルム・V・ユルゲンは「OGシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

ディバイン・クルセイダーズ(通称DC)の科学者であり、ODEシステム開発の中心者。

地球連邦大学の教授であったが、EOTI機関に移籍してAMNシステムの開発に着手。人命の損耗を最小限にするために、多数の無人機を少数の人員で制御することを目標として研究を進めたが、EOTI機関がDCへ移行した後に開発を中止させられ、プロジェクトも解散した。その裏には、ゲイム・システムの開発を推進していたアードラー・コッホに煙たがられて策略を仕掛けられたという事情があった[1]

その後、L5戦役エアロゲイターの攻撃により妻と子を目の前で失ったことで、ODEシステムがあれば妻子を死なせずにすんだとの想いから、開発を再開。同志の協力の下、機動兵器ゲシュタルトシリーズに組み込んだ形でODEシステムを完成させる。しかしそれは開発当初に想定していた姿とは異なり、生身の人間をコアパーツとして利用するものとなっていた。そして自らもODEシステムのマスターコアとなり[2]、「バルトール事件」を起こす。

その後は宇宙要塞ヘルゲートを拠点としてゲシュタルトシリーズを操り、コアにする人間を調達するために誘拐を繰り返していた。そして、ODEシステムによる全人類の意思の統合を目論むようになる。しかし、ハガネ&ヒリュウ両部隊及びクロガネ隊の攻撃によりシステムは無力化。自身もヴァルシオン改・タイプCFで対峙するが敗れてしまう。

登場作品と役柄[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
ゲーム初登場。担当声優の牛山茂氏は本作でSRW初参加となる。特別編の2.5版におけるラストボス。能力的にも強く、簡単には落とさせてくれない。本人も厄介だが、こちらの戦力が整わぬ内に強力な布陣で仕掛けてくるのが厄介。
スーパーロボット大戦OG外伝
2.5版より強さは落ちているとはいえ、僅かでしかないので雑魚を蹴散らして早急に落とそう。HP回復は無いので、ジリ貧になるという最悪の事態だけは避けられる。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION
ゲームよりも先行して、本作で初登場。扱いは後のゲーム版と変わらないが、ヴァルシオン改・タイプCFには乗らない。

人間関係[編集]

リック・ウォン
ゲシュタルトの開発元であるウォン重工業の社長。ジジ・ルーらの真意に気づかず、最後はODEシステムのコアにされてしまう。
ジジ・ルー
EOTI機関でユルゲンの下でAMNシステム開発に従事。後にウォン重工業に入り込み、ゲシュタルトシリーズを開発する。ユルゲンの構想を盲信しており、自らODEシステムに取り込まれてバルトールのコアとなる。OVA第1巻でバルトールのコアから排出され、その時点では生きていたが、直ぐに死亡。
カイル・ビーン
ジジと同じくEOTI機関時代から開発に従事。自らミロンガに搭乗する。
セルシア・ファーム
カイルやジジの元同僚だが、アードラーにプロジェクトを潰された後は開発から離れた。
ミツコ・イスルギ
ユルゲンを利用するためにヘルゲートへと導いた。しかし事態は彼女にとっても都合の悪い方向へと向かって行く。「いい意味でも悪い意味でも純粋な人」とはミツコのユルゲン評。
ラミア・ラヴレス
彼女を最高のパーツとしてODEシステムに組み込み、バルトール)のコアとする。なお、OG2.5またはOG外伝ではOVAと異なり、ラミアがキョウスケに救出された直後に彼女を撃墜してしまう。
キョウスケ・ナンブ
OVAでは捕われたラミアの救出役。ユルゲンのエゴを認めず、引導を渡した。
デュミナス
ODEシステムの完成に協力したが、OG外伝では彼女に用済みとして殺される。
シュウ・シラカワ
ODEシステムの孕む根本的な矛盾に気づいており、良心を捨て去らない限り問題は解決できないと指摘していた。
ロレンツォ・ディ・モンテニャッコ
DC時代、ユルゲンにプロジェクト中止を言い渡した人物。OG外伝では協力関係だったが、ヘルゲートでユルゲンが彼をコアに組み込もうとした為、ユルゲンを銃で撃ってヘルゲートを脱出した。

名台詞[編集]

「ユルゲンはエアロゲイターの攻撃で愛する者を失い……その悲しみに耐えることが出来なかった。だが、人の意思や叡智が一つとなれば……侵略者に屈することもなく、他者を失う悲しみを味わうこともない」
ODEシステムそのものと化したユルゲンの言。これを聞いたロアが「言っていることがと似ている」と感想を漏らした。

搭乗機体[編集]

ヴァルシオン改・タイプCF

脚注[編集]

  1. ただし、ビアン・ゾルダークシュウ・シラカワもまた、システム設計に欠陥があると見ていたようだ。
  2. この時点でユルゲンの人格は消滅し、ODEシステムそのものと化す。