新帝国インペリウム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

新帝国インペリウム(New Empire Imperium)とは、『第2次スーパーロボット大戦Z破界篇』に登場するオリジナル敵組織。

概要[編集]

帝国と名乗っているが国有地はなく、「グレート・アクシオン」が帝国そのものと言っている。アイム・ライアードカラミティ・バース後、「次元獣」の王たるガイオウを召喚したことにより建国した。

ガイオウの意思の赴くままに世界を進み、その進路上にある他国を「侵略する」のでなく、「破壊する」という行為で蹂躙していき、世界に戦乱と混乱を巻き起こす「台風の目」のような存在として猛威を振るった。他国の降伏・賛同は一切受け入れられず、一度目標にした国は体制が完全に滅びるまで容赦なく破壊された。当然ながら、そのような純粋な破壊行為を目的とするような無秩序そのものの国家を支持する者は誰一人おらず、返って世界各国をその対処のために一致団結させる結果を招いた。しかし、保有戦力が少数精鋭ながら次元獣を主力としていたために、小国程度はそこの軍隊ごと一日で陥落させる戦闘能力を有するため侮れず、何より支配者ガイオウの力は余りにも圧倒的だった。そのため、3大国ですら容易に手出しが出来ず、しばらくの間は実質放置せざるを得ない状況が続いた。

最終的に、「陰月」における決戦でガイオウとシオニー・レジスを打倒したことで事実上帝国は消滅した。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
中盤からの敵組織として登場。「自らの欲望のままに世界に戦いを広げる無法な存在」という点で、ZEUTHの面々からはインぺリウムの存在をジ・エーデルと同一視されている。

関連人物[編集]

アイム・ライアード
実質的な帝国の建国者。彼の真の目的はスフィア黒の英知を手に入れる事であり、ガイオウを呼び出したのはその下準備にすぎない。
ガイオウ
帝国の王…なのだが、本人は「力」ある者への挑戦者としての立場であり、「王」としては只の飾りに過ぎない。
シオニー・レジス
リモネシア共和国の外務大臣だったのだが、アイムに抱き込まれて筆頭政務官となった。
カルロス・アクシオン・Jr.
帝国の出資人だが、彼の真の目的は別にあった。
マルグリット・ピステールシュバル・レプテール
帝国の兵士。元は聖インサラウム王国のアークセイバーであり、シュバルの本当の目的はスパイとしての諜報活動と母国を滅ぼしたガイオウの寝首を掻く事である。

関連用語[編集]

次元獣
主要戦力。
カラミティ・バース
ガイオウがADWに出現することになった事件。

余談[編集]

  • 後の『BX』に登場する敵勢力デストルークは、人智を超えた力を持つ怪物的な存在を首領として担ぎ上げ、その力の威を借りている組織構造が、インペリウムとよく似ている。