2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガバール帝国

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ロボット帝国から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガバール帝国(Gabarl Empire)とは、『無敵ロボ トライダーG7』の敵勢力。

概要[編集]

銀河の彼方に存在するガバール星に拠点とする全ての銀河の支配をもくろむ人型ロボット「ヒューマロボ」の軍事国家。ロボット帝国とも。マザーコンピュータ・シグマが皇帝として君臨しており、コンピュータが絶対の存在として崇拝されている。

地球を使い方次第で役に立つ「侵略価値Bクラス」とカテゴリし、地球人を奴隷にするために侵攻した。地球人を労働力として確保することが最終目的であるため、物流の要所や資源採掘・エネルギー基地を集中的に狙い、地球圏の経済を破壊する作戦をとっている。
実際オンドロン主導のこの作戦は効果を発揮しており、番組中盤では物価の上昇・生活物資の不足が発生して人々の生活に負担をかけていた。

何度かトライダーの正体を探ろうとしたものの、偶然が重なって果たすことができず竹尾ゼネラルカンパニーの事は分からずじまいであった。そのため、小学生にして一企業の社長であるワッ太によって地球支配作戦が阻止され続けている事も知らなかった。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
後半ザール星間帝国の客分として登場。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
梅本関連の話で存在が触れられている…が、ZEXISの面々は未だ知らず。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
梅本により、本編開始以前にガイゾックにシグマを乗っ取られて制圧されていたことが明かされる。
原作において互いに実態が知られなかった設定が思わぬクロスオーバーを生み出したと言える。

人物[編集]

マザーコンピュータ・シグマ
ガバール皇帝であるマザーコンピュータ。
ザクロン
ガバール帝国の銀河方面司令官。
オンドロン
地球支配総指揮官。
ジルバ
元ザクロン親衛隊員。5代目の前線指揮官。
梅本(ナバロン)
元研究者で「本物のロボットを作る」という夢のために脱走。