コーウェン&スティンガー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
コーウェン&スティンガー
外国語表記 Cowen And Stinger
登場作品

ゲッターロボシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
生態
種族 インベーダー
全長 不定(地球の半分程)
所属 インベーダー
変身者 コーウェン
スティンガー
テンプレートを表示

コーウェン&スティンガーは『真ゲッターロボ 世界最後の日』に登場する生物。

概要[編集]

木星ゲッター太陽化したコーウェンスティンガーが、木星に寄生し最終進化した合体形態。

その巨大さは地球の半分程もあり、胴体が昆虫か芋虫の様になったコーウェンの額から、スティンガーの頭部が生えているというグロテスクな姿をしている。

口から多数のインベーダーの眷族を生み出し、真ドラゴン真ゲッターロボを追い詰めるが、真ゲッター1による最大出力のゲッタートマホーク(ファイナルゲッタートマホーク)で両断された。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
通常ルートでは第58話で登場し、版権ボスの大トリを飾る。HPは25万を超え、パイロット能力とそのサイズのせいで火力が半端無い。特にifルートでは5ターンしか猶予が無いので速攻で倒してしまおう。パイロットは本人(コーウェン&スティンガー)だが、会話中や戦闘中に表示される愛称は「インベーダー」名義。ハードでは毎EP開始時に隣接している味方機のエネルギーを吸収するエースボーナスを持つ。しかも隣接している場所がちょうど所持しているMAP兵器の安全地帯である所が中々汚い。
今作では『機動戦士ガンダム00』との兼ね合いからか、木星はゲッター太陽化してないうえ、寄生もされていない。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
終盤の真ゲッタードラゴンルート第54話「閃光!! 次元の果て!」で登場。しかも今回は6体に増殖してくる。1体1体の強さは再世篇に比べるとそれ程でもないがHPは高く、HARD時には124000にもなる。HP回復も持つ為、1体ずつ確実に仕留めていきたい。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
初登場作品。パイロットはコーウェン。ルート選択によって戦う機会がある。シナリオ的にはインベーダー勢との決着を着ける前半の一つの山場。
厚い装甲にスーパー系らしからぬ高い回避能力を持ち、最大射程もラスボスに並ぶ強敵。HP回復を持つため一気にゴリ押したいが、底力が発動したあたりから並のスーパー系パイロットでは必中無しでは命中が安定しなくなる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
原作終了後だが復活を果たしており、版権作品のボスとしては最後に戦うこととなる。パイロットは本人(コーウェン&スティンガー)で、ユニット名も同様。コーウェンとスティンガーが片方ずつ喋ることもあるので、キャラクターリストにはそれぞれ単独でも掲載される。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
木星宙域で決着を着けたが、後にバイストン・ウェルにて復活、彼の地における亡者達の尖兵となる。
スーパーロボット大戦V
第47話において、大量のインベーダーを率いて地球艦隊・天駆を襲撃、惑星レプタボーダを吸収しようとする。倒されても他のインベーダーを吸収することで復活するので、他の敵を全滅させてから倒さなければいけない。逆にこれを利用して時間制限ギリギリまで稼ぎに利用することも可能。しかし、シナリオ中では初の最大HP10万超えの敵なので、改造やスキルプログラムなどで強化しない限りは至難の業かもしれない。
なお、このステージでは「これを野放しにすることは全ての生命体の危機に繋がる」として、ヤマトが波動砲を使用することができる。使用を躊躇してしまう兵器だが、沖田艦長の言うとおりなので遠慮なく使おう。ヤマトの波動砲使用がTacP入手のファクトリーイベントと、困難ルートへの条件でもあるため忘れずに使っておきたい。
スーパーロボット大戦T

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

インベーダー / インベーダー一斉攻撃
コーウェンの口部から多数のインベーダーを生み出して攻撃する。
第2次Z再世篇』と『OE』及び『V』では「インベーダー一斉攻撃」名義。『OE』では「包囲」「EN吸収」特性付き。
サテライトビーム / ビーム
木星の縮退連鎖でイオ・エウロパ・カリストを利用して、コーウェンの口部からビームによる反射エネルギーでダメージを与える。竜馬曰く「物理法則もあったもんじゃねぇ」攻撃。
『第2次Z再世篇』と『OE』及び『V』では「ビーム」名義となっており、MAP兵器版も存在する。『OE』では通常版は「対艦」「バリア貫通」特性付き、マップ兵器版は直線型。

特殊能力[編集]

HP回復(小)
EN回復(大)
再生巨体EN回復
OE』のもの。
指揮系統中枢
V』では上記二つの回復能力に加えてこちらも所持。同胞たるインベーダーを大量に引き連れて現れるので実に厄介。
本作で倒すには他の敵を全滅させる必要がある為、この能力を封じる意味でも片っ端から倒してしまいたい。解禁される波動砲も活用すべし。

移動タイプ[編集]

宇宙
『OE』でのもの。宇宙で戦闘するのみだが、一応地上と空の地形適応が存在する。

サイズ[編集]

サイズは惑星並みなので本来こんなサイズでは済まない。

L
D』。LLが存在する(しかもそのサイズのインベーダーを吐き出す技がある)にもかかわらずサイズLにされている。
3L
第2次Z、第3次Z天獄篇、V。アクエリオンの無限拳で容赦なく月面送りに出来る(演出上と言えばそれまでだが、この敵はよりでかい為、普通なら激突した時には月が木っ端微塵になってしまう)。
7Lまたは10
OE

機体BGM[編集]

「邪悪なる行進曲」
OE』で戦闘BGMに採用されたSRWオリジナル曲。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第2次Z再世篇V
根性ド根性
T
根性

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次Z再世篇
底力L6、2回行動闘争心戦意高揚気力限界突破精神耐性
OE
底力威圧三連撃
VT
底力L5、2回行動闘争心L3、気力限界突破L3、精神耐性プレッシャーL2

エースボーナス[編集]

自軍フェイズの開始持、隣接する敵機体からENを30吸収する
第2次Z再世篇』、『第3次Z天獄篇』、『V』、『T』で採用。

対決・名場面[編集]

真ゲッタードラゴン真ゲッターロボ
事実上、原作における最終決戦。

余談[編集]

  • 外見の基となったのは、石川賢による漫画作品『虚無戦記』に登場した「ラ=グース細胞」。ただし、似ているのは外見だけで、その大きさと戦闘力は天と地の差程もある。一瞬もてば御の字