妖神ゴブーリキ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
妖神ゴブーリキ
登場作品 NG騎士ラムネ&40
デザイン 中原れい
初登場SRW スーパーロボット大戦NEO
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
種族 妖神
次形態 妖神ゴブーリキ (究極体)
所属 ドン・ハルマゲ軍団
パイロット ドン・ハルマゲ
テンプレートを表示

妖神ゴブーリキは『NG騎士ラムネ&40』の登場キャラクター。

概要[編集]

5000年前、初代勇者ラムネスによって封印された邪悪な。魔道士ドン・ハルマゲの手によって復活を遂げる。実はドン・ハルマゲがゴブーリキの分身にして魂であり、封印されていたのは、そのゴブーリキ自身の肉体であった。

物語中盤において復活を遂げるが、勇者ラムネスに対抗するために強引に復活させたため、本来の力を発揮できない不完全な状態であった。その状態でもキングスカッシャー守護騎士全機を寄せ付けない強さを見せるが、全守護騎士の力を結集したキングスカッシャーの前に敗れる。

しかしそれでも完全に倒すには至らず、生き延びたゴブーリキは暗黒大彗星で傷を癒すと同時に完全な復活を目指す。

傷を癒している最中も、配下の「破壊戦士」に命令を下して勇者ラムネス抹殺を目論む。また、ドキドキスペースに「暗黒流砂」というブラックホールのような存在を作り出し、ハラハラワールド自体を飲み込ませて消し去ろうとする。

なお4クールの放映が想定されていた頃の案では、3クール以降のメカ対比表で「破壊王」と記されており、配下の「破壊四天王」をパーツとしてパワーアップする案が考えられていた。

ドン・ハルマゲの項にもあるが、名前の由来はゴキブリである。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦NEO
初登場作品。原作同様の経緯で復活を果たすが、アームドファントマの力を利用し最初から完全体(原作第37話の姿)で登場する。そのため原作中盤で見せた不完全形態は未登場。サイズ8・9の大型ボスユニットとしては最初の登場となるため、インパクトが強い。
なおシステム上はドン・ハルマゲがパイロット扱いとなる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

電撃
名称に反してスタン特性はない。しかし射程が5あるので注意。
格闘
押し出し特性付き。
ロケットハンドコレダー
こちらがスタン特性付き。威力が高く射程距離もあるので注意。

特殊能力[編集]

念動バリア
一切の攻撃を完全無効化。イベント発生により解除される。
不動
押し出し攻撃を受けても移動させられない。また、突破攻撃を無効化する。
EN回復

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

8(NEO)

機体BGM[編集]

「鉄壁の布陣」
NEOオリジナル曲。他には機械神メガキャッスルデビルウルタリアのBGMとして使用されている。