ガンダムシュピーゲル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガンダムシュピーゲル
外国語表記 Gundam Spiegel
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 新スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルファイター
生産形態 ワンオフ機
型式番号 GF13-021NG
全高 16.3 m
重量 7.3 t
動力 核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
レアメタルハイブリッド多層材
バトルポイント
22.31
速さ
24.06
攻撃力
26.62
守備力
24.58
索敵能力
23.02
適応能力
29.16
総計
149.75
開発 ネオドイツ
所属 ネオドイツ
ガンダムファイター シュバルツ・ブルーダー
テンプレートを表示

ガンダムシュピーゲルは『機動武闘伝Gガンダム』の登場メカ。

概要[編集]

ネオドイツの神出鬼没なモビルファイターシュバルツ・ブルーダーの機体。

ゲルマン流忍術を使用して戦う。優れた適応能力で、あらゆる条件下で最大の力を発揮出来る。「シュピーゲル」とは鏡を意味し、その名のとおり周囲の風景に同化する忍者のような機体である。

なお、設定上言及されていないが、デビルガンダムとの交戦後はパイロットと同様に、DG細胞によって修復されたのではないかとの説もある。

登場作品と操縦者[編集]

自軍に本格参戦して使用できるシリーズは少ない。スポット参戦、もしくはイベントのみの場合が多く、シュバルツ共々スパロボ補正を受ける事が少ない不遇な機体。

自軍に参戦した場合は合体攻撃こそないもののバランスのいい武器と分身を持つ優良な機体である。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F
シナリオ「DCの陰謀」において味方としてスポット参戦する。削り役を任せたくなる火力を持つが、シュバルツの技量値が非常に高いのでクリティカル発生を前提にダメージを計算した方が良いかも知れない。
スーパーロボット大戦F完結編
シナリオ「ドモンの危機!! スーパーモード発動!?」にて味方増援として登場し、以後ロンド・ベル隊に参加する。しかし、イベントにより途中で抜けるので改造はしない方がいい。…元より敵ユニットの性能インフレが激しく、シュバルツが命中系の精神コマンドを覚えない今作ではついてこれそうもない。しかも、シュツルムウントドランクは切り払い発動で回避されてしまう。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
条件を満たさないと原作通りシュバルツが死んで使用不可になるが、満たせばシュバルツ&キョウジが忍者つながりで飛影に救助され第3部から使用可能。
高い運動性に分身、燃費が良く強力な武器、シュバルツの特殊技能「忍者」によりかなり高性能、と言うよりGガン系機体では最強と言っても遜色ない性能になっている(ゴッドガンダムと比較するとHPEN装甲運動性限界反応移動力、パーツスロットまで全て上回るという凄まじい性能)。
パーツスロットが3ある上、改造段階も高いと非常に恵まれており、最終ステージ含むほとんどのステージを単騎クリア可能なほど強い。必殺技のシュツルム・ウント・ドランクはEN消費40で、フル改造するとゴッドガンダムの天驚拳と同等の威力になる。しかし隠しステージ含む終盤ではシュツルム・ウント・ドランクすら切り払いをしてしまう雑魚敵もいるので注意。アイアンネットはこのためにあるのだ。
総じて本作ではシュバルツ共々歴代で一番扱いが良いと言えるだろう。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
完全なスポット参戦。その分強いが、コイツに撃墜数と経験値をやる訳にはいかないので、削り役囮役に徹することに。
スーパーロボット大戦J
スポットどころかイベントユニット。そもそもGガンダムという作品自体の扱いが悪い。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
スポット参戦だが、隠しマップ「狂気の力」でも仲間になる。当作品のみ「隠形」という特殊能力があり、撃墜されると生身のシュバルツになる。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
ルートによっては、最後まで仲間にいる。……のだが、ギアナ高地編で一旦離脱すると、再度仲間に来る際は前回の改造が無駄になっているので育てる人は注意したい。
スーパーロボット大戦X-Ω
2018年3月のイベント「サクラ大戦 帝都遙かなり」にて実装。SSRファイター。
チーム全体に強力なバフを与えるアビリティ「覆面の裏に隠された心」が魅力。
アリーナでは、ファイターバフの「ゲルマン流忍術」と、自身と1マス後方の味方を強化する「覆面の裏に隠された心」で味方を支援するサポート役。貴重なファイターバフ持ちであるが非大器ゆえ性能自体は並であり防御面も分身とEXアビリティ「隠密」によるステルス能力が頼りとなる。
2019年9月のイベント「我道」の報酬ユニット。SSRシューター。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘 / シュピーゲルストライク
格闘を行う。
旧シリーズでは「シュピーゲルストライク」名義。現在では「格闘」の名称で実装されている。

武装[編集]

シュピーゲルブレード
両腕に装備された刃。本機の主要武器。
アイアンネット
腕から網を発射して相手を絡める。実はシャイニングフィンガーをも押さえつけられる。
P属性で有射程の武器となっている。
メッサーグランツ
ナイフ(くない)を連続して投げ付ける。
本機の最大射程武器。

必殺技[編集]

シュツルム・ウント・ドランク
シュピーゲルブレードを展開し、機体が回転して相手に体当たりする技。
なおこの語はドイツ語で「疾風怒涛」を意味し、一般的には18世紀後半にドイツで見られた革新的な文学運動を指す。
他のGFに比べて必要気力が少なめなのが特徴。
ちなみにときた洸一版の漫画では「シュトゥルム・エクスプロズィオーン」という名称がつけられていた(後の復刻版では上記の名称に変更されている)。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。
分身
隠形
のみの能力。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

分身発生率+10%
A PORTABLE

機体BGM[編集]

「FLYING IN THE SKY」
前期オープニング。

対決・名場面[編集]

シャイニングガンダム
新宿でのデビルガンダム軍団との戦闘が終わって間もない頃、自分の未熟さを認められないドモンは、シュバルツにガンダムファイトを申し込む。だが、ファイトは終始、シュピーゲルのペースであり、シャイニングの切り札であるスーパーモードも発動できず、シュバルツの情けで中断された。
マスターガンダム
ギアナ高地での戦い。怒りのスーパーモードの隙を突き、ドモンにトドメを刺そうとした東方不敗だったが、その一撃はシュバルツに阻まれる。手刀の直撃をコクピットに受けながらもマスターガンダムの腕一本を奪うが、ダメージは大きく…。
ゴッドガンダム
決勝リーグで負け無し同士の最終戦にしてデスマッチ。レイン不在によるゴッドの整備不良から優位に立つが、ドモンとレインの和解による応急修理に時間を与える。必殺技同士の激突の末、石破天驚拳の前に敗北した上、時限爆弾の爆発でさらなるダメージを負うことに。
デビルガンダム
ランタオ島での戦いにおいて、デビルに向かっていくシュピーゲルであるが、デビルの弾幕で爆散してしまう。しかし、寸前のところで脱出したシュバルツはデビルのコクピットに辿り着くとキョウジを羽交い絞めにし、デビルの動きを抑え込むことに成功。ドモンに勝機を与えた。

関連機体[編集]

カイザーガンダム
第7回大会優勝したネオ・ドイツ代表MF。ウォルフ・ハインリッヒがパイロット。ガンダムシュピーゲルは本機の後継機にあたる。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]