ジュダ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュダ
外国語表記 JUDA
登場作品 鉄のラインバレル (原作漫画版)
初登場SRW スーパーロボット大戦UX
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ヒトマキナ
エネルギー 電力
装甲材質 ニューロカーボン・ナノセラミック
MMI 電脳
意匠 糸輪に覗き桔梗
所属 ヒトマキナ加藤機関JUDA
乗員人数 1名
ファクター 石神邦生
テンプレートを表示

ジュダは『鉄のラインバレル (原作漫画版)』の登場メカ

概要[編集]

JUDA社長室真下に安置されたマキナ

レドーム状の巨大な頭部と、スカート状のパーツに覆われたボディが特徴的。頭部には正面のメインフェイス以外に、4つの顔のようなパーツがある。武装は七支刀。

情報収集、処理能力に長け、望むべき結果を意図的に引き起こすことができる能力を持っており、そのために必要な事象を教えてくれる。類型で言えば、ゼロシステムが挙がるが、こちらはより広い世界を緩やか且つ自然に誘導する事が出来る。

その機能や用途はもちろん、ジュダ自体の存在を知る者も少なく、平時ではJUDA本社のメインコンピュータとして機能しているが、その性能もかなり高く、通常業務から特務室の任務をこのマキナの性能で補っているほか、司令室やオペレーターなども設置する必要もなかったり、世界中のネットワークと繋がっているなど、汎用性もある。

1960年代にハグレマキナとして加藤機関に回収されるが、実際は同胞の計画に反対して自分から人類に接触してきた「ヒトマキナ」であり、ジュダと言う名も「ヒトマキナの裏切者」という意味を込めて自ら名乗ったもの。

その正体はヒトマキナが破滅を回避出来る未来の模索と、再生した人類にインストールするデータを製作を行う為に作ったシミュレーターマキナ。だが宇宙から帰還した加藤と言うイレギュラーを計算に含めて未来を再シミュレートした結果、最悪の未来を見た事で自身の死を認識しヒトマキナとして覚醒してしまう。変質したジュダは新たな結論として加藤を悪に見立て、ヒトマキナ達が正義の味方として降臨する計画を立案し、ヒトになっていなかったマキナ達を地球に投下。計画の仕上げとして折を見て自身も地球へ向かうが、そこでヒトマキナ達を欺きながら独自の計画の為に石神と共に暗躍を始める(「計画」については詳しくはヒトマキナ参照)。

そして最後の直接的な介入としてヒトマキナとのファーストコンタクトにおいてヒトマキナの転送フィールドを破壊するため自身の転送フィールドを纏った状態で特攻し、消滅した。

ヒトマキナであるためファクターの意志を無視して活動する事ができるはずだが、JUDAのメインコンピュータとしての役割を放棄して戦場に立った後も、最期まで石神に自身のコントロールを委ねていた。むしろ、ただのマキナなら原則に違反するために看過しなかったであろう「自爆特攻」を実行できたのも、ジュダがヒトマキナだったからと言える。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
「ユダ」でスポット参戦し、原作通り転送フィールドに特攻し石神共々消滅する。隠し要素の条件を満たせば、特攻するところをシン達に止められ、転送フィールドを自軍部隊の全エネルギーで破壊したことでその必要はなくなり、自軍に参戦する。
久嵩ツクヨミをマキナにして防御寄りの性能にしたようなユニットで、機体ボーナスも綺麗にツクヨミの対になっている。そのためツクヨミとの相性は抜群に良い。経験値増加のボーナスがあるため、参戦した場合は終盤戦に向けて育成したいパイロットがいれば優先的に組ませてやろう。
本作では示す未来が「前の宇宙における『人類が絶滅した可能性』」の記録ということになっており、石神の死が覆されたのはこれが原因の一つ。恐らく、ジュダと石神が生き残る時間軸はフラグを満たして初めて発生するものであると思われる。プレイヤーの介入で数多く紡がれてきた世界が変わる一端である。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card_Chronicle
「カイルスの青い夏」において人類を救うために必要な事象は変わってしまっているため、ジュダの機能が使えなくなってしまったコトが石神と加藤の会話で語られている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

七支刀
背の丈ほどの大きさを持つ刀。
石神祭り
必殺技。七支刀を重々しく構え、飛びかかって斬りつける。通常はそのまま二撃目を繰り出すが、トドメ演出では上空へ蹴り飛ばし、をバックに両断して〆る。ちなみに「石神祭り」は佐賀のお祭りで「しゃくじんまつり」と読む。必殺技に自分の名前をつけてるわけではない。

特殊能力[編集]

UXではファクターの効果で、ダメージを受けた時、ステータス画面の「活性率」に応じた割合で即座にHPが回復する。

剣装備
七支刀によって切り払いを発動。
HP回復L1

移動タイプ[編集]

空は飛べない。弱点の一つは鈍足なので、サヤやエレボスから「追風」をもらうか、「加速」持ちと組むかして補うべし。

サイズ[編集]

M

機体ボーナス[編集]

UX
  • 初期段階:経験値+10% 照準値+5
  • 第二段階:経験値+15% 照準値+10 特殊回避15%
  • 第三段階:経験値+20% 照準値+20 特殊回避25%
  • 最終段階:経験値+30% 照準値+30 特殊回避35% 格闘武器+100
ツクヨミの対となるボーナス構成。

機体BGM[編集]

「PROUD」

名場面[編集]

愛おしき人類達よ――さようなら
19巻より。石神の策略で開くヒトマキナ達の転送フィールド――すなわち、『真のオーバーライド』。そこから現れた一体のヒトマキナはJUDA特務室の面々が撃破するものの、第二軍がフィールドから出現しようとする。その光景を見た石神は、ジュダのコックピットで呟いた。「成程ねェ。やっぱりソレが 俺に人類を救えない理由ってヤツか」。そして飛翔するジュダ。久嵩の制止を無視し、ジュダは自信のフィールドを最大出力で展開。そのままヒトマキナの転送フィールドとパラドックスを引き起こし――ジュダと石神は虚空に消えた。人類を真の意味で救おうとした男、石神邦生は最期に笑顔で言い残す。「愛おしき人類達よ――さようなら」……。

スパロボシリーズでの対決・名場面[編集]

彼らの切実な願い
UX45話「ユダ」より。ヒトマキナの先遣隊を退けたのも束の間、再び転送フィールドが上空に開く。このままでは消耗戦に引きずり込まれて全滅しかねないと判断したジュダは、石神に状況を打開する方法を伝える。それは、転送フィールドによる特攻。後をUXに託してフィールドのチャージに入った石神だが、通信越しの絶叫がそれを制止する。飛び込んで来たのはモビルスーツ……自由正義、そして運命の名を冠する三機のガンダム達だった。
機体の、武器のエネルギーを全開にして転送フィールドを相殺しようとする三機だが、圧倒的に足りない。しかし、そこにいたのは彼らだけではない、UXの仲間達がいた。可能性の化身が、魔を断つ剣が、伝説の忍者が、魔神皇帝が、神を超えた獣が、そして二人の「主人公」が、持てる力を出し尽くしてフィールドを閉じようと奮戦する。それでも現れた増援を、舞い散る桜の中を翔ぶ二人の聖戦士が、天の刃の号令の下に集いし波璃を纏う四神が、そして久嵩駆るツクヨミとの連携を取ったジュダが撃破。抵抗力のなくなった隙をついてアーニーが指令を発し、全ての力が一点に結集。閃光が収まった時、そこに転送フィールドは開かれず、ジュダもまた、街並みにその巨体を聳えさせていた。
コクピットの中で石神は、覆された未来を目の当たりにした感想を一言、呟く。「さすがのお前も、ここまでは予測出来なかったよなァ?