スタッフ (登場作品)/監督

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

[編集]

赤根和樹(あかね・かずき)
参戦作品では『機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー』『疾風!アイアンリーガー』の各話演出や『天空のエスカフローネ』『コードギアス 亡国のアキト』の監督を務める。
浅香守生(あさか・もりお)
参戦作品では『ギャラクシーエンジェル』のアニメ1期・2期にて監督を務める(大橋誉志光との連名)。
アミノテツロ
旧ペンネームはアミノテツロー。『マクロス7』の監督。同作において「歌で戦いに対抗する主人公熱気バサラ)」を生み出し、以降の自身の監督作の定番となる「暴力を嫌い争いを否定する主人公」像の基礎となっていった。他には『疾風!アイアンリーガー』や『SDガンダムシリーズ』のOVA作品などの監督を務めた。
案納正美(あんのう・まさみ)
スタジオぴえろ(現・ぴえろ)創設メンバーの一人である重鎮クリエーター。
参戦作品では『特装機兵ドルバック』『忍者戦士飛影』の総監督を務めた。
庵野秀明(あんの・ひであき)
株式会社カラー代表取締役。参戦作品では『トップをねらえ!』『ふしぎの海のナディア』、そして『新世紀エヴァンゲリオン』(および新劇場版)の監督として知られる。
『新世紀エヴァンゲリオン』が参戦した『スーパーロボット大戦F』では、庵野氏自らスパロボ用の設定を作り出したり、ブライト艦長シンジ修正するイベントを考案する等、スパロボには好意的な人物として知られる。なお、セガサターン版『F』の予約特典である小冊子に御三家をモチーフにしたイラストを提供しているが、マジンガーZゲッター1漫画版準拠のデザインで描いている点に、庵野氏の拘りが窺える。
また、庵野氏は実写作品の製作も手掛けている。中でも、庵野氏が2016年の特撮実写映画『シン・ゴジラ』で総監督を務めた縁よって、ゴジラシリーズと『新世紀エヴァンゲリオン』とのコラボレーション企画『ゴジラ対エヴァンゲリオン』が実現し、その企画が『スーパーロボット大戦X-Ω』に参戦(スパロボにおける特撮実写作品の事実上の初参戦)している。
飯田馬之介(いいだ・うまのすけ)
故人。制作途中に体調を崩し降板(後に逝去)した神田武幸の後を受け、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』第6話以降の監督を担当した。『スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ』にも絵コンテとして参加したが、2010年11月26日に49歳で急逝。
井内秀治(いうち・しゅうじ)
故人。参戦作品では『魔神英雄伝ワタル』の総監督を務め、以降のシリーズ作品においても一貫して制作指揮を執り続けた。2016年逝去。
五十嵐卓哉(いがらし・たくや)
東映アニメーション出身のアニメーション監督・演出家。フリー転向後はボンズ作品を中心に活動。
参戦作品では『STAR DRIVER 輝きのタクト』『キャプテン・アース』の監督を務める。
池田成(いけだ・さとし)
新機動戦記ガンダムW』の初代監督。美少年アニメに定評があり、代表作の『鎧伝サムライトルーパー』がその一例。
石黒昇(いしぐろ・のぼる)
故人。『宇宙戦艦ヤマト』の監督でも知られるアニメ演出界の重鎮。2012年逝去。
参戦作品では『超時空要塞マクロス』『超時空世紀オーガス』『メガゾーン23(Part-I)』の監督を務めた。
出渕裕(いずぶち・ゆたか)
メカデザイナーとして著名であるが、『ラーゼフォン』『宇宙戦艦ヤマト2199』においては監督(『ヤマト2199』ではシリーズ構成も)を務めた。メカデザイナーとしての出渕裕については別項にて。
今石洋之(いまいし・ひろゆき)
参戦作品では『天元突破グレンラガン』の監督を担当。
ダイナミックな作画・動画に定評があり、所謂「金田伊功チルドレン」と呼ばれるアニメーターの一人。
今川泰宏(いまがわ・やすひろ)
派手で仰々しいとも言われる、非常にインパクトのある演出で有名なアニメーション監督。『聖戦士ダンバイン』第37話『ハイパー・ジェリル』の演出を担当し、自身のアイディアによるハイパー化による巨大化描写などで有名になる。原作付き作品を監督した場合でも自身の作風に染め上げて原作の作風とかけ離れたりすることが多く、『原作クラッシャー』と呼ばれることがある。
SRW参戦作品では『機動武闘伝Gガンダム』『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』『真マジンガー 衝撃! Z編』の監督を務めている。
今沢哲男(いまざわ・てつお)
80年代の東京ムービー作品を支えた演出家の一人で現在も第一線で活動。
参戦作品では『太陽の使者 鉄人28号』『六神合体ゴッドマーズ』にてチーフディレクターを務めた。
今西隆志(いまにし・たかし)
参戦作品では『機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー』の後期監督や『ボトムズシリーズ』のOVA作品の監督など。
大橋誉志光(おおはし・よしみつ)
参戦作品では『ギャラクシーエンジェル』のアニメ1期・2期にて監督を務める(浅香守生との連名)。
大張正己(おおばり・まさみ)
デトネイター・オーガン』『超重神グラヴィオン』『獣装機攻ダンクーガノヴァ』において監督を務めた。『著作者#あ行』も参照。
スパロボとの関わりが深い人物である(詳細は『スタッフ#お』を参照)。
メカデザイナーとしての活動についてはこちらを参照。
奥田誠治(おくだ・せいじ)
スパロボとの関係は『スタッフ』を参照。
押井守(おしい・まもる)
日本を代表するアニメーション演出家。アニメ業界において、アニメーター経験を経ずに純粋な演出家として身を立てた先駆けのクリエーターでもある。実写作品も数多く手がける。
参戦作品では『機動警察パトレイバー』シリーズの総監督を務める。その他では海外での知名度も高い『攻殻機動隊シリーズ』など。
小原正和(おはら・まさかず)
参戦作品では『舞-HiME』『宇宙をかける少女』の監督を務める。

[編集]

加瀬充子(かせ・みつこ)
高橋良輔の弟子筋の演出家の一人。業界では貴重なロボアニメの演出を得意とする女性演出家。
参戦作品では『機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー』の前期監督や『装甲騎兵ボトムズ』『蒼き流星SPTレイズナー』『勇者王ガオガイガー』などの各話演出を手掛け、『ボトムズシリーズ』ではOVA作品の監督も務めている。
片山一良(かたやま・かずよし)
参戦作品では自身の代表作でもあり原作・シリーズ構成としても名を連ねる『THE ビッグオー』監督など。
勝間田具治(かつまた・ともはる)
東映アニメーション所属のアニメーション監督・演出家。日本アニメ草創期から現在まで第一線で活動するベテラン。
参戦作品では『わが青春のアルカディア 無限軌道SSX』にて監督を務める。
加戸誉夫(かと・よしお)
ジーベック所属のアニメーション監督・演出家。『ゾイド -ZOIDS-』『ZOIDS新世紀/ZERO』の監督を務めた。
川越淳(かわごえ・じゅん)
1990年代以降のダイナミックプロ作品の常連監督で、参戦作品では『真ゲッターロボ 世界最後の日』(第4話より)や『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』『新ゲッターロボ』『鋼鉄神ジーグ』『マジンカイザーSKL』の監督を務めた。
スパロボシリーズのOVA『スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION』にも監督として携わっている。
川瀬敏文(かわせ・としふみ)
エルドランシリーズ』全作、『覇王大系リューナイト』を監督。富野由悠季の元で演出として活動していた。
神田武幸(かんだ・たけゆき)
故人。『宇宙大帝ゴッドシグマ』のチーフディレクター(10話まで)や『太陽の牙ダグラム』(高橋良輔との連名)、『機甲戦記ドラグナー』『機甲猟兵メロウリンク』『武者・騎士・コマンド SDガンダム緊急出撃』『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の監督を務めたが(SDガンダム緊急出撃では脚本も担当している)、『第08MS小隊』制作中の1996年に急逝。
河森正治(かわもり・しょうじ)
監督としては『マクロスシリーズ』各作品や『天空のエスカフローネ』『創聖のアクエリオン』など。
メカデザイナーとしての河森正治についてはこちらを参照。
木村隆一(きむら・りゅういち)
参戦作品では『アイカツ!』の監督を務める。
京田知己(きょうだ・ともき)
交響詩篇エウレカセブン』(劇場版続編含む)の監督。他、演出などでは『フルメタル・パニック!』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』にも参加している。

[編集]

佐々木勝利(ささき・かつとし)
故人。サンライズ黎明期を支えた演出家の1人で参戦作品では『未来ロボ ダルタニアス』の後半や『無敵ロボ トライダーG7』『最強ロボ ダイオージャ』の監督を務めた。2009年逝去。
佐藤順一(さとう・じゅんいち)
東映動画(現・東映アニメーション)出身の演出家。『きんぎょ注意報!』『カレイドスター』『ARIAシリーズ』といった児童向け・女性向け作品での活動が有名だが、ロボットアニメに携わる場合は「甚目喜一(はだめ・きいち)」「ミソトハジメ」などの別名義を用いるケースが多く、本名でクレジットされる事は少ない。
参戦作品では『ケロロ軍曹』の総監督(第3シーズン以降は「監修」に変更)を務めた。
佐藤竜雄(さとう・たつお)
アニメーション監督・演出家。参戦作品では『機動戦艦ナデシコ』、それ以外では『学園戦記ムリョウ』『宇宙のステルヴィア』など共にSF色の濃い作品を手がける。
下田正美(しもだ・まさみ)
参戦作品では『ゼーガペイン』の監督を務める。

[編集]

高山文彦(たかやま・ふみひこ)
参戦作品では『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』にて監督を務める。
高橋良輔(たかはし・りょうすけ)
ミリタリーアニメの第一人者。自身の代表作で監督を務めた『装甲騎兵ボトムズ』でリアルロボット路線を極めた。その他のスパロボ参戦作品では『太陽の牙ダグラム』(神田武幸との連名)『機甲界ガリアン』『蒼き流星SPTレイズナー』『ガサラキ』の監督や『勇者王ガオガイガー』のプロデューサーなど。また、他のアニメスタッフとの幅広い人脈を持つなど富野由悠季共々その影響力は計り知れない。演出の最終奥義を修めていると言われている人物で、完成までの過程で如何に変更が起こっても最終的には監督の思ったとおりの物が出来上がるという。
高松信司(たかまつ・しんじ)
参戦作品では『勇者特急マイトガイン』や『新機動戦記ガンダムW』の2代目監督(ただし当時のクレジット表記は無し)、『機動新世紀ガンダムX』の監督を務める。
先述したガンダムシリーズ作品と平行して『勇者シリーズ』の監督も兼任するなど当時の多忙さは現在でも語り草となっている。『機動戦士ガンダムΖΖ』では富野監督の下でストーリーボードを担当。
武本康弘(たけもと・やすひろ)
故人。元京都アニメーション所属のアニメーター・演出家で同社の取締役のひとりでもあった。
参戦作品では『フルメタル・パニック?ふもっふ』『フルメタル・パニック! The Second Raid』にて監督を務めた。また、レーバテインの名付け親でもあった。
2019年7月18日に発生した京都アニメーション第1スタジオの放火事件により死去。享年47。
田辺泰裕(たなべ・やすひろ)
参戦作品では『バディ・コンプレックス』(および同完結編)の監督を務める。
谷口悟朗(たにぐち・ごろう)
参戦作品では『エルドランシリーズ』『機動武闘伝Gガンダム』『勇者王ガオガイガー』の各話演出や『ガサラキ』の助監督、『ガン×ソード』『コードギアス 反逆のルルーシュ』『無限のリヴァイアス』の監督を担当。『コードギアス』では原作者の一人としても名を連ねる。
その他の代表作は『スクライド』『プラネテス』『アクティヴレイド-機動強襲室第8係-』『ID-0』の監督など。川瀬敏文や今川泰宏に師事した後に高橋良輔門下となる。師である高橋良輔同様プロデューサー業にも進出しており『舞-HiME』『鉄のラインバレル』『ファンタジスタドール』などをプロデュースしている。
後述の賀東招二同様スパロボシリーズのヘビーユーザーであり、自身の連載コラムなどにおいてもシリーズへの想いを語っている。監督作品が参戦する際は「好きにしていいです」というスタンス。これは『二度同じものをやるほどつまらないものはない』という監督の信条があるためである。
千明孝一(ちぎら・こういち)
鶴巻和哉(つるまき・かずや)
参戦作品では『フリクリ』『トップをねらえ2!』の監督を務める。
富野由悠季(とみの・よしゆき)
言わずと知れた『機動戦士ガンダム』監督であり、『ガンダムシリーズ』の生みの親。作詞の時には井荻麟(いおぎ・りん)、絵コンテ・脚本・演出の時には斧谷稔(よきたに・みのる)というペンネームを使用している。ガンダムシリーズの他にも『無敵超人ザンボット3』『伝説巨神イデオン』『オーバーマン キングゲイナー』など、多くの監督作品がスパロボ参戦している。
また今川泰宏など多くの後進クリエーターも輩出しており、日本を代表するアニメ制作者の一人と言える。

[編集]

長井龍雪(ながい・たつゆき)
参戦作品では『アイドルマスター XENOGLOSSIA』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』にて監督を務める。
長崎健司(ながさき・けんじ)
参戦作品では『ガンダムビルドファイターズ』にて監督を務める。
長浜忠夫(ながはま・ただお)
故人。人形劇出身の演出家で参戦作品では『ロマンロボシリーズ』や『勇者ライディーン』後半等の監督を務める。
富野由悠季や高橋良輔等も影響を受けたと公言している。ファンとの交流を重要視し出渕裕等を見出だす。作詞や絵コンテでは「あおいあきら」名義も用いた。
また東京ムービー(現トムス・エンタテイメント)作品の常連でもあったが、日仏合作のSFアニメ『宇宙伝説ユリシーズ31』の監督中の1980年11月4日に劇症肝炎により他界した。
難波日登志(なんば・ひとし)
参戦作品では『HEROMAN』にて監督を務める。
錦織敦史(にしごり・あつし)
無尽合体キサラギ』の出典であるアニメ『THE IDOLM@STER』の監督。『THE IDOLM@STER』では監督の他にもキャラクターデザイン、シリーズ構成・脚本、絵コンテ、作画監督を務めた。
他の参戦作品では『天元突破グレンラガン』のキャラクターデザインも務めている。
西澤晋(にしざわ・しん)
参戦作品では『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』にて監督を務める。
ねぎしひろし
参戦作品では『NG騎士ラムネ&40』『宇宙の騎士テッカマンブレード』の監督を務める。
伊東岳彦やあかほりさとるとともに『ラムネ』シリーズの中核スタッフの一人である。

[編集]

羽原信義(はばら・のぶよし)
蒼穹のファフナー』監督。アニメーター出身であり『マシンロボ クロノスの大逆襲』でも作画監督及びキャラクターデザインを担当した他、『超獣機神ダンクーガ』や『忍者戦士飛影』などにも作画マンとして参加した。ひらがなで「はばらのぶよし」名義の場合も。
日高政光(ひだか・まさみつ)
アニメーション監督・演出家。ロボットアニメの演出を数多く手がけ特に『勇者シリーズ』には全作品にて演出として参加。
参戦作品では『鉄のラインバレル』にて監督を務めた。
平野俊貴(ひらの・としたか)
旧名は平野俊弘。80年代OVAブームを支えたアニメクリエーターのひとりであり、参戦作品では『戦え!! イクサー1』『破邪大星ダンガイオー』『冥王計画ゼオライマー』『魔法騎士レイアース』にて監督を務めた。
福田己津央(ふくだ・みつお)
神田武幸門下の演出家で『機甲戦記ドラグナー』や勇者シリーズなどで演出を行っていた。富野由悠季氏の元での演出としては『機動戦士Vガンダム』における二代目主人公機「V2ガンダム」初登場回の演出を大任している。
参戦作品では『GEAR戦士電童』『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』監督を担当。
『DESTINY』終了後は目立った活動を行なっていなかったが、『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』のクリエイティブプロデューサーとして久々に表舞台に立った。
古橋一浩(ふるはし・かずひろ)
アニメーターを経由して監督となった。参戦作品では『機動戦士ガンダムUC』にて監督を務める。

[編集]

松尾衡(まつお・こう)
参戦作品では『革命機ヴァルヴレイヴ』にて監督を務める。
水島精二(みずしま・せいじ)
地球防衛企業ダイ・ガード』『機動戦士ガンダム00』(劇場版含む)『楽園追放 -Expelled from Paradise-』監督。絵コンテ、演出を行う時は「ミズシマセイジ(ヂ)」の名義を使用する。
村田和也(むらた・かずや)
参戦作品では『翠星のガルガンティア』の監督を務める。
元永慶太郎(もとなが・けいたろう)
参戦作品では『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』の監督を務める。
森邦宏(もり・くにひろ)
もりたけし
参戦作品では『ヴァンドレッド』の監督を務め、同作品の原作者としても名を連ねている。

[編集]

谷田部勝義(やたべ・かつよし)
アニメーション監督・演出家。『勇者シリーズ』の生みの親ともいうべき人物で、初期3部作を担当している。
参戦作品では『勇者エクスカイザー』と、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』のショートフィルムにて監督を務めた。
柳沢テツヤ(やなぎさわ・てつや)
アニメーション監督・演出家。アニメーター出身で、『勇者シリーズ』『エルドランシリーズ』などサンライズ制作のロボットアニメ作品を中心に原画マンや作画監督として参加したのち、2000年代より演出家へ転向。
参戦作品では『健全ロボ ダイミダラー』の監督を務める。
山口晋(やまぐち・しん)
参戦作品では『機動戦士ガンダムAGE』の監督を務める。
四辻たかお(よつじ・たかお)
米たにヨシトモ(よねたに・ヨシトモ)
勇者王ガオガイガー』『勇者王ガオガイガーFINAL』『ベターマン』監督。『ベターマン』では※-mai-名義でエンディングテーマを歌った。

[編集]

渡辺信一郎(わたなべ・しんいちろう)
高橋良輔の弟子筋の演出家の一人。『カウボーイビバップ』の監督として国内外で知名度が高い。
その他の参戦作品では『マクロスプラス』の監督や『機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー』『元気爆発ガンバルガー』『交響詩篇エウレカセブン』各話演出などを手掛けている。