HEROMAN

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
HEROMAN
原作 スタン・リー
監督 難波日登志
シリーズ構成 大和屋暁
キャラクターデザイン コヤマシゲト
武半慎吾(クリーチャーデザイン)
音楽 METALCHICKS
MUSIC HEROES
制作 ボンズ
放送局 テレビ東京系列
放送期間 2010年4月1日 - 9月23日
話数 全26話
初登場SRW スーパーロボット大戦UX
テンプレートを表示

HEROMAN』はボンズが制作したテレビアニメ。

概要[編集]

『X-MEN』『スパイダーマン』などの生みの親で知られるアメコミ界の巨匠スタン・リー氏を原作に迎えた日米合作によるTVアニメ作品。

ヒーローマンのキャラクター性を始め、単純なロボットアニメとは呼びきれない部分も大きく「ロボットアニメ」と言うよりは「ヒーローアニメ」に分類される方が的確ではある。

なお、ヒーローマンの可動フィギュアはバンダイのロボフィギュアブランド「ROBOT魂」から発売されている。

また、2009年には放映に先行して『月刊少年ガンガン』にてコミカライズ版も連載された。

ストーリー[編集]

いじめられっ子の少年ジョーイはある日、捨てられていた玩具のロボットを修理し「ヒーローマン」と名付ける。その夜、突如自宅に降り注いだ落雷によりそのロボットはヒーローへと変身。そして地球に襲来したスクラッグ軍との戦いにジョーイとヒーローマンは身を投じていく。

登場人物[編集]

スパロボごとの登場人物一覧については以下を参照して下さい。

主要人物[編集]

ジョセフ・カーター・ジョーンズ
主人公の心優しい少年。愛称「ジョーイ」。幼くして両親を亡くし、現在は祖母と二人暮らし。
サイモン・カイナ
ジョーイの友人である少年。過去のアメフトの試合により片足を負傷し、松葉杖を付いている。
リナ・デイヴィス
ジョーイの幼馴染である少女でチアリーディング部所属。ジョーイに好意を持っている。
マシュー・デントン
ジョーイたちが通う学校の化学教師で「教授」と呼ばれ親しまれている。彼が地球外生命体とコンタクトを取ろうと電波を宇宙に送っていた事により、スクラッグが襲来する原因を作ってしまった。

地球人[編集]

ヴェラ・コリンズ
ジョーイ達が通う学校の教師。
ウィリアム・デイヴィス
リナの兄で愛称は「ウィル」。アメリカのスクールカーストにおける所謂ジョックス。ジョーイの事を敵視している。
ニコラス・デ・カルロ
愛称「ニック」。大金持ちでウィルの腰巾着。彼が捨てた玩具のロボットをジョーイが拾った事によりヒーローマン誕生の切っ掛けを作る。
バージニア・ジョーンズ
ジョーイの祖母。お茶目な性格の持ち主。
ホリー・バージニア・ジョーンズ
ジョーイの姉。物語序盤は旅行中のため不在で、中盤から登場する。
キーシャ・ジャクソン
TV放送局AANの女性レポーター。
アクセル・ヒューズ
合衆国大統領直属の情報機関「NIA」のエージェント。

スクラッグ[編集]

ゴゴール
スクラッグ軍の将軍。
スクラッグ兵士
スクラッグ軍の一般兵。
キメラ
スクラッグ軍に拉致された人間が改造された存在。

ジェネラス・インダストリー / MRL(ミナミ・ロボット・ラボラトリー)[編集]

ドクターミナミ
ロボット工学の権威でジェネラスの取締役兼MRLの創始者兼代表。典型的なマッドサイエンティストで自身の頭脳に絶対的な自信を持つ。
ヴェロニカ
アマノリッヒ
スタリオン

登場メカ[編集]

スパロボごとの登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

ヒーローマン
ジョーイが持っていた玩具のロボットが落雷を受けた事により自我を持ったヒーロー。
ジョーイとはふたりでひとりとも呼べる存在。
強化アーマーヒーローマン
タマ
スクラッグが送り出した侵略兵器。文字通りの巨大な黒い玉。
MR-1
ドクターミナミが開発したメカで装甲車のような外見を持つ。
操縦者の動きをトレースする事が可能。

用語[編集]

スクラッグ
センターシティ

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「Roulette」(第1クール)
劇中、ジョーイがヒーローマンに指示を出す際にコントローラーの画面に映る光をルーレットのように回す描写があり、このシーンをイメージした歌ではないかと考えられる。『UX』で採用。
「missing」(第2クール)
エンディングテーマ
「COLLING」(第1クール)
「僕の手は君の為に」(第2クール)
挿入歌
「虹のふもと」
劇中BGM
「JOEY AND HEROMAN」
公式サイトの番宣動画(トレイラー)では英語歌詞つきのヴォーカル曲にもなっている。『UX』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
初参戦作品。舞台が同じアメリカ合衆国(本作ではユニオン)である『機神咆吼デモンベイン』の面々と多く絡む。また、本作での世界観は『ガンダム00』がベースとなっているためか、本作の大統領の役割を『ガンダム00』の大統領が兼任している。原作イベントそのものは殆どルート分岐での再現。選んだルートによっては原作ストーリーを殆ど見ずに終わることも。
味方ユニットとして扱えるのは基本的にヒーローマンのみだが本作では多くの非戦闘員キャラクターに音声が付いているため、戦闘アニメではジョーイと他のキャラの掛け合いが多く、賑やかな印象を受ける。条件を満たすと原作では消息不明になるウィルも味方ユニットとして自軍に加わる。
また、ミナミ一味の脱獄するタイミングや、ニックが今際の際に改心する描写など、コミカライズ版を意識したと思われるシーンも幾つか散見される。

余談[編集]

  • 本作放映開始の1年前に同じスタン・リー原作であるロボット漫画作品『機巧童子ULTIMO』(SRW未参戦)が『月刊ジャンプスクエア』にて連載されている(後に隔月刊『ジャンプスクエア19』に移籍)。
  • スタン・リーが手がけた作品には本人をモデルとしたキャラクターがカメオ出演する事が多く、本作も例外ではない。
  • 放送終了後のファン感謝イベント「ENGAGE!」において、当初全8部構成・4クール放送の予定であったものが製作中に起こった「リーマン・ショック」の影響により、18話の脚本が仕上がった時点で放送スケジュールが2クールへと短縮となった制作事情が語られた。

商品情報[編集]

BD&DVD[編集]

漫画[編集]