スタッフ (登場作品)/その他

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

[編集]

石川賢(いしかわ・けん)
故人。ゲッターロボの産みの親であり、ダイナミック作品において永井豪と並び称されるクリエーターであった。後続のロボット作品に多大な影響を及ぼし、他作とは明らかに一線を画す作風が特徴。2006年急逝。
スタッフ」の項も参照。
石ノ森章太郎(いしのもり・しょうたろう)
故人。『サイボーグ009』『人造人間キカイダー』などを代表作に持つ漫画家で、幅広い分野で活躍した。『仮面ライダー』以降は特撮テレビドラマの原作を多く担当した。1998年1月28日逝去。
参戦作品では、氏の死去後に制作された「スーパー戦隊シリーズ」第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』に原作者として表記されている。同シリーズは第2作まで石ノ森氏、第3作以降は後述の八手三郎が原作者となっているが、『ゴーカイジャー』は第1作から第34作までとのクロスオーバー作品であるため、八手と石ノ森氏の共同原作扱いとなっている。
板野一郎(いたの・いちろう)
日本を代表するアニメーター・演出家。高速で動くカメラが捕らえたように演出する「板野サーカス」と呼ばれるアクション技法の生みの親として知られ、スパロボにおいても『マクロスシリーズ』系ユニットの戦闘アニメにおいて同演出が再現されている。
現在は交通事故の後遺症のため、後進に譲る形で半ば引退している。
上山道郎(うえやま・みちろう)
漫画家。かつては『コロコロコミック』を中心に小学館の漫画誌で活動し、現在は他社に活動の場を移している。『ゾイド -ZOIDS-』において、第一部の設定やキャラ原案に携わった。また、漫画版である『機獣新世紀ZOIDS』の執筆も担当している。
臼井儀人(うすい・よしと)
故人。『クレヨンしんちゃん』の原作を手がけた漫画家で同作の劇場版では声優として参加した事もあった。
2009年9月11日、登山中での滑落事故により51歳の若さで急逝。
冲方丁(うぶかた・とう)
SFやライトノベル、時代小説を手がける作家。『蒼穹のファフナー』の原作、文芸統括として参加する。前任者である山野辺一記氏に対する不評により中盤からシリーズ構成となり、同時に第16話以降最終話、OVA、劇場版まで全ての脚本を執筆。以後は様々な範囲に活動の幅を拡げていく。冲方氏にしかできないと言われる独特の文体、作風から根強いファンが多く(通称ファン皆殺し文体)そういったファンは「精鋭」と揶揄される。氏の夫人はとてもエキセントリックな性格で、今の『蒼穹のファフナー』の人気を決定づけた立役者と言えなくもない人物である。
大川ぶくぶ(おおかわ・ぶくぶ)
漫画家。『ポプテピピック』の原作者。
大月俊倫(おおつき・としみち)
キングレコード専務取締役およびガンジス代表取締役社長。キングレコードのアニメ専門レーベル「スターチャイルド」のプロデューサーとして『新世紀エヴァンゲリオン』や『機動戦艦ナデシコ』をヒットに導いた。

[編集]

賀東招二(がとう・しょうじ)
フルメタル・パニックシリーズ』の原作者である小説家。スパロボシリーズのヘビーユーザーとしても知られる。
金田伊功(かなだ・よしのり)
故人。日本アニメ史を語る上で欠かすことの出来ないアニメーターの一人。「金田アクション」と称される、パースを多用した独特のアクション作画とエフェクト技法はその後のアニメーターに多大な影響を残した。1998年に映画『ファイナルファンタジー』の制作への参加をきっかけにスクウェア(現:スクウェア・エニックス)に入社し『武蔵伝II』や『ファイナルファンタジーXIII』等の製作に参加したが2009年、57歳の若さで急逝。
参戦作品では『無敵超人ザンボット3』『銀河旋風ブライガー』『魔境伝説アクロバンチ』などに参加。『α外伝』や『Z』でゲッタードラゴンがシャインスパーク発動時に見せる一連のアクションは、氏の作画をベースにしている。
鎌池和馬(かまち・かずま)
ライトノベル『とある魔術の禁書目録』の著者。『とある』シリーズと『電脳戦機バーチャロンシリーズ』のコラボレーション作品である小説『とある魔術の電脳戦機』を執筆し、後に発売されたゲーム版のシナリオも担当している。

[編集]

志倉千代丸(しくら・ちよまる)
MAGES.代表取締役社長。『ROBOTICS;NOTES』など「科学アドベンチャーシリーズ」を統括するプロデューサー。作曲家としても著名で同社の「5pb.」ブランド作品の多くに楽曲を提供している。
清水栄一(しみず・えいいち)
鉄のラインバレル』の原作者の一人。メカニックデザインおよびストーリーを担当。
下口智裕(しもぐち・ともひろ)
鉄のラインバレル』の原作者の一人。キャラクターデザインおよび作画を担当。
スタン・リー
故人。『HEROMAN』の原作者。マーベル・コミックにて『スパイダーマン』『アイアンマン』『X-メン』『アベンジャーズ』等大ヒット作の原作を手がけたアメリカンコミック界の巨匠。
2018年11月12日逝去。享年95。

[編集]

竹田青滋(たけだ・せいじ)
毎日放送のプロデューサー。視聴者からは「竹P」とも呼ばれる。毎日放送制作の『機動戦士ガンダムSEED』や『コードギアス 反逆のルルーシュ』の制作に関わり、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ではキングT@KED@役で声優として出演している。
元々は報道局出身。雑誌取材などでは朝鮮総連との関わりが深いと述べているほか、イラク戦争では反日反米的な発言を繰り返しており、自身の主義思考を上記の作品に取り入れていることを明言している。

[編集]

中西豪(なかにし・ごう)
キングレコードのプロデューサー。立場にも関わらず独特なキャラクターでファンが意外に多く「中西P」と呼ばれている。『蒼穹のファフナー』シリーズのプロデューサーを一貫して務め、それより以前に主題歌を歌った「angela」を見出すなど先見の明に長けていることで知られている。
なかま亜咲(なかま・あさき)
西崎義展(にしざき・よしのり)

[編集]

長谷川裕一(はせがわ・ゆういち)
漫画家。『機動戦士クロスボーン・ガンダム』の作画を担当し、その関連作品である『スカルハート』『鋼鉄の7人』では作者としてストーリーも考案。『勇者ライディーン』『超電磁ロボ コン・バトラーV』など長浜ロマンロボシリーズのクロスオーバー作品『ゴッドバード』なども手がける。
特撮マニアとしても知られており、スーパー戦隊メタルヒーローなどのSF考証を行い全て同一世界としてクロスオーバーさせるトーク企画『すごい科学で守ります!』は、東映の許諾を得て書籍化もされている。
八手三郎(はって・さぶろう)
東映制作の特撮作品において、「原作」としてクレジットされている謎の人物。その正体は東映のチーフプロデューサーとメインライターによる共同ペンネームである。名前の由来は、東映のプロデューサーであった平山亨がプロデューサーから催促の電話を受けた際にした返事「やって候」(「やってますよ」を時代劇調にしたもの)からで、平山が東映以外の作品で活動する際に使用していた。苗字の読みは「やつで」と「はって」が混在していたが、2012年のテレビドラマ『非公認戦隊アキバレンジャー』で「はって」と読まれてからはこちらが主流となる。
スパロボ参戦作品では東映が制作した(※東映動画・東映アニメーションではない)『超電磁ロボ コン・バトラーV』『超電磁マシーン ボルテスV』『闘将ダイモス』『未来ロボ ダルタニアス』『宇宙大帝ゴッドシグマ』『百獣王ゴライオン』『ビデオ戦士レザリオン』が「原作:八手三郎」名義となっている。また上述の通り、東映特撮の『宇宙刑事ギャバン』『恐竜戦隊ジュウレンジャー』も原作が八手三郎名義であり、『海賊戦隊ゴーカイジャー』では前述の石ノ森章太郎氏との共同原作扱いになっている。
広井王子(ひろい・おうじ)
アニメ・ゲーム企画会社レッドカンパニー(後のレッド・エンタテインメント)の創業者。
参戦作品では『サクラ大戦』『魔神英雄伝ワタル』に企画から大きく携わっており、両シリーズの生みの親のひとりと言える人物。
福井晴敏(ふくい・はるとし)
機動戦士ガンダムUC』の原作小説を執筆した小説家。『UC』の関連小説として執筆した『不死鳥狩り』は『機動戦士ガンダムNT』として映像化され、その脚本も担当している。
ほるまりん
漫画家・イラストレーター。
メダロット』シリーズのデザイン全般と設定を統括しており、実質的に同シリーズの原作者に位置する人物。

[編集]

松本零士(まつもと・れいじ)
漫画家。『わが青春のアルカディア 無限軌道SSX』の原作者。
日本におけるスペースオペラ漫画の第一人者であり、『無限軌道SSX』の源流である『宇宙海賊キャプテンハーロック』や『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』『クイーンエメラルダス』など数多くのSF作品を手がけている。
スターシステムも多用しており、ハーロックやトチローも元々は別の作品のキャラである。

[編集]

矢立肇(やたて・はじめ)
サンライズ制作のアニメにおいて、「原作」や「原案」としてクレジットされることが多い謎の人物。その正体は上記の「八手三郎」同様にサンライズのアニメ企画部による共同ペンネームであり、版権管理の為に用いられる。松尾芭蕉の『奥の細道』にある「矢立の初め」が名前の由来とされる。
参戦作品で「原作」「原案」が矢立肇名義のものは数が膨大であるため割愛する。
ゆうきまさみ
機動警察パトレイバー』の漫画版作者。
吉崎観音(よしざき・みね)
ケロロ軍曹』の原作者である漫画家。『新世紀エヴァンゲリオン』の使徒を萌え擬人化したフィギュア「使徒XX」シリーズのデザインをはじめとして、キャラクターデザインの仕事をすることも多い。
横山光輝(よこやま・みつてる)
故人。『六神合体ゴッドマーズ』『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』『太陽の使者 鉄人28号』の原作者である漫画家。
日本漫画界の草創期より活動したベテラン作家。「人間が操縦する巨大ロボット」を描いた『鉄人28号』は後に一大ジャンルとなる巨大ロボット物の元祖であり、『ジャイアントロボ』『マーズ』等スパロボ参戦作の原作となった作品も多い。
2004年に自宅寝室にて発生した火災事故により急逝。

[編集]

亙重郎(わたり・じゅうろう)
ゲーム制作者。「電脳戦機バーチャロンシリーズ」をプロデュースしている。
スタッフ」の項も参照。