2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

グロッサムX2

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
グロッサムX2
外国語表記 Glossam X2
登場作品

マジンガーシリーズ

デザイン 桜多吾作(原案)
森下圭介
初登場SRW スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 機械獣
全高 22 m
重量 200 t
動力 原子力
装甲材質 スーパー鋼鉄
開発者 Dr.ヘル
所属 Dr.ヘル一派
テンプレートを表示

グロッサムX2は『マジンガーシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

原作第18話「海のギャング海賊グロッサム!」に登場。

Dr.ヘルが製作した水中機械獣

頭部についた巨大なハサミや魚雷でタンカーや客船を沈め、水中では能力が制限されるマジンガーZを一度は圧倒した。しかし、これを機会にマジンガーZはロケット工学の権威であるゴードン博士とその娘リタの手で水中ジェットを装備され、再戦ではグロッサムの武装である魚雷が自らに命中、勝敗は決した。

永井豪の原作漫画版、真マジンガー版では善戦したものの超高熱ビームとブレストファイヤーの撃ち合いで本体の耐久力の差(超高熱ビームを先に浴びせていたが、後から放たれたブレストファイヤーに耐え切れなかった)により敗北している。 なお、原作漫画版では甲児はブレストファイヤーを放った直後に気絶しているため、お互い棒立ちのまま撃ち合っている。つまり、あしゅら男爵がちゃんと指示を出してブレストファイヤーを避けて超高熱ビームを浴びせていれば、勝利できていた可能性が極めて高い(超合金Zが超高熱ビームに耐えたとしても、中の甲児が耐え切れない)。

OVA『マジンカイザー』では1話冒頭から機械獣軍団の1体として登場しているが、駆け付けたマジンガーのロケットパンチで真っ先に倒されている。『真マジンガー』での役どころはほぼ原作漫画版同様だが、後期OP冒頭では毎回クロスシザースで頭を挟まれたマジンガーのアップが映るため印象に残りやすい。

登場作品と操縦者[編集]

水中型機械獣の中では比較的メジャーな存在であるため、それなりに出番がある。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
DCの戦力として登場。水中ならともかく、陸に上げれば怖くない。しかし序盤はよく陸で戦う。その場合は射程が1しかない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
魚雷がなくなり、陸にいようが水中にいようが射程が1になってしまった。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
真マジンガー準拠。ユニットとしての登場は無く、海底要塞サルードの武器扱いで出演。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
クロスシザースが射程4のP兵器になった。水中だと少し厄介だが、そう出会う敵ではない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦

関連作品[編集]

バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法
魔神族の新兵の1人として登場。初期能力では水中適正は低い。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

クロスシザース
頭頂部のハサミ。ウサギの耳のように、ある程度向きを変えられる。
ホーミング魚雷
腹部から発射する誘導魚雷。あしゅら男爵が「強力な武器でトドメを刺せ」というところから、マジンガーZに傷をつけられないシザースより威力は上。
超高熱ビーム
永井豪の漫画版、真マジンガー版で使用した武器。マジンガーを白熱化させるなどブレストファイヤーに匹敵する威力を持つ。
旧テレビアニメではこの武装は使わなかったが、映画『マジンガーZ対デビルマン』で別の機械獣が同じ展開を見せた。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

マジンガーZ
Zの足をシザースで挟むが傷をつけられず、水中での機動力で翻弄したところで魚雷を撃ちこみ、Zがたまらず退避して流局。再戦では同等以上の機動力を獲得したZに劣勢となり逃げ出したところ、先に放っていた誘導魚雷とZに挟まれたコースを航行していたため、自らの魚雷がクリーンヒットして爆発した。