瀬戸咲弥

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
瀬戸咲弥
読み せと さくや
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 三上枝織(PV・CM)
デザイン 駒都えーじ
初登場SRW スパロボ学園
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人日本人
性別
年齢 16歳
所属 私立スパロボ学園2年
テンプレートを表示

瀬戸咲弥は『スパロボ学園』のヒロイン

概要[編集]

主人公佐伯遼駕の幼馴染。

学園での彼女は学年のアイドルとして有名で、遼駕の存在を悔しがる生徒は数知れず、中には思いつめて遼駕に刺客を差し向ける者まで出てくる始末である。また、遼駕にスパロボバトルの手ほどきをしていることや、ゲーム中で何度か存在する彼女との対戦機会から、スパロボバトルにおいてもかなりの実力を有する優等生であると思われる。

幼かった当時から遼駕に想いを寄せていたため、遼駕の編入により学園で再会できた事を心底喜んでおり、編入初日は甲斐甲斐しく世話を焼いていた。しかし遼駕があまりに鈍感であるため、彼女の気持ちに全く気付かないことを悩ましく思っており、また編入早々遼駕が多くの女性と接点を持ち、興味を持たれるようになったことで焦りを持つようにもなる。学園長から命じられた魅門の調査においても、次第に遼駕と別行動を取る場面が多くなり、最終的には彼に目を向けてもらえないことに対する失意から、彼に背を向けるまでに至る。

自暴自棄になった彼女は「望みを叶えることで混乱を引き起こす」魅門の能力を逆手に取り、自身の悩みをぶつけることで魅門を引きよせる囮作戦を独断で実行。結局はその行動をきっかけとして二人の関係は修復し、EDでは遼駕のハートを射止めるべく再び元気に活動するようになった。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スパロボ学園
本作のヒロイン。本作の記念すべき1枚目の挿入絵は彼女のものである。また、彼女に限り挿入絵が2枚ある。
作中でもフィクションにおける恋愛の展開としては王道ど真ん中の路線を歩んでいる。イラストレーター・駒都えーじ氏の絵柄も相まって、紛う事無き恋愛モノのヒロインである、と言って差し支えないであろう。

小隊編成の傾向[編集]

ゴーダンナーを主力とし、女性搭乗機で脇を固める編成。……ヒロインらしく、愛の力に溢れた編成ということであろうか。

典型的な地形変換デッキの使い手で、ダリア・オブ・ウェンズデイへの交代効果で1ターン目から地形を平原に変えてくる。他の機体も全員平原で力を発揮する機体で揃えられており、大地魔竜で平原をロックされてしまうと厳しい戦いになる。こちらも平原に強いゾイド等を揃えた小隊とするか、逆に海ロックを先制で発動させる等の方法で対抗したい。

初戦(校門【初期地形が平原で固定】)
パー ダリア・オブ・ウェンズデイ(ファサリナ) HP5800 照準値+(小)
チョキ レインボージャーク(コトナ) HP4200 ひらめき(15)
チョキ ゴーダンナー(ゴオ) HP5700 格闘ダメージ+(中) 不屈(20)
チョキ ゴーオクサー(杏奈) HP5400 運動性+(小) ひらめき(20)
※精神コマンドは要注意コマンド(守備系及び自爆)のみ抜粋。
第2戦(旧校舎前)
パー ダリア・オブ・ウェンズデイ(ファサリナ) HP5800 照準値+(大)
チョキ レインボージャークウインド(コトナ) HP4700 APカット(大) ひらめき(15)
グー ゴーダンナーTDM(ゴオ&ミラ) HP6700 格闘ダメージ+(大) 不屈(20)
チョキ セレブレイダー(ルウ) HP5200 運動性+(大) ひらめき(20)
グー 大地魔竜(ヴェスターヌ) HP10200 修理+ 不屈(20)
第3戦(サブシナリオ・幼馴染のジレンマ)
パー ダリア・オブ・ウェンズデイ(ファサリナ) HP5800 照準値+(大)
チョキ 天竜神(天竜神) HP5500 APカット(大) 不屈(20)
グー ゴーダンナーTDM(ゴオ&杏奈) HP7200 装甲値+(大) 不屈(20)
ひらめき(20)【杏奈SP40】
チョキ ヒメ・ブレン(比瑪) HP4000 運動性+(大) ひらめき(20)
グー 大地魔竜(ヴェスターヌ) HP10200 修理+ 不屈(20)

人間関係[編集]

佐伯遼駕
幼馴染であり、意中の相手。彼があまりに鈍感且つ現在の関係が壊れることを恐れ、彼女の方からは想いを言いだせずにいる。
轟剛太郎
クラスメート。
四条小夜
クラス担任。
美倉てすら東雲京香望月葵天使吹雪持田菜波
遼駕争奪戦におけるライバル達。
魅門
事件の元凶。最終的には遼駕争奪戦における最大のライバルになる。

余談[編集]

  • うますぎWAVE』第136回ではパーソナリティの相沢舞女史に「この顔は(料理が)ド下手糞な顔だよ!」と言われている。