ゲシュテルベン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ゲシュテルベン
外国語表記 Gesterben
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン NAOKI
正式名称 量産型ゲシュペンストMk-II シュテルベン
分類 改造型パーソナルトルーパー
型式番号 RPT-007ET
全高 22.9 m
重量 75.9 t
動力 核融合ジェネレーター
基本OS TC-OS
原型機 量産型ゲシュペンストMk-II
改修 ダニエル・インストゥルメンツ社
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 FDXチーム
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ダニエル・インストゥルメンツ社が量産型ゲシュペンストMk-IIFDXプロジェクト向けに改修した機体。正式名称量産型ゲシュペンストMk-II シュテルベン。色は濃紺と白でウイングに十字架を思わせるマーキングがされている。

同社が開発する武装や強化パーツの実働試験を目的とし、様々な装備を運用できるよう、機体には大幅な改修がなされている。まずジェネレーターには過剰なまでの余剰出力を持たされ、さらに耐久性の低下を無視してまでハードポイントを増加させているため、全備重量の増大を可能としている。そして合わせて火器管制システムもコスト度外視で高性能なものが搭載されており、複数の武装の同時運用が可能となっている。十字架による電子妨害を想定し、少数精鋭でスタンドアローンで戦える機体に設計されている。

機体ごとの差は存在しないが、パイロットが好みに合わせ装備を変更するため、担当するポジションにより機体の運用は異なっている。

1号機(01)[編集]

FDXチームに配備。ヴェスナー機。砲撃支援を担当するため長距離武器をよく装備する。

2号機(02)[編集]

FDXチームに配備。リェータ機。近接攻撃担当のため近距離武器をよく装備する。

登場作品と操縦者[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記
主役機体。ダニエル・インストゥルメンツ社の開発した新装備を戦場で試験運用するため様々な装備を身に着け戦場を飛び回る。ウユダーロ級制圧砲艦との戦いにおいて損傷が激しかったため改修が施されゲシュテルベン改に生まれ変わった。

装備・機能[編集]

武装[編集]

全機共通の武装[編集]

スプリットロケット弾
FDXチーム全機に装備された武装。スプリットミサイルから誘導機能を排除した。命中率は下がるが、弾体とポッドの小型化に成功している。

01の武装[編集]

大口径キャノン
キルモール作戦の補給基地襲撃作戦で装備された武装。両腕で保持しなければならないほどの大きさで巨大な給弾ポッドを必要とする。給弾ポッドを装備しなければならないため運動性が著しく低下する。ヴェスナーは制式採用の望み薄いと感じている。
M950マシンガン
キルモール作戦の補給基地襲撃作戦で装備された武装。腰部に装備されている。
長射程ライフル
アルジェリアでの撤退援護作戦時に装備された武装。ダニエル社から指示されたものではなくヴェスナーがもともと得意とする武器。
携行型レールキャノン
ウユダーロ級制圧砲艦攻撃作戦で装備された武装。スラスターを破壊するために使用した。

02の武装[編集]

新型リアクティブアーマー
キルモール作戦の補給基地襲撃作戦で装備された強化パーツ。爆発反応装甲に対ビームコーティングがなされている。その分、重量が増加している。実際の戦闘では数発の被弾で本来の機能を発揮できなくなりパージもできなくなった。
パルスブースター
キルモール作戦の補給基地襲撃作戦で装備された強化パーツ。メガブースターなどに比べ短時間の燃焼・冷却を繰り返し噴射剤の消耗を抑えている。実際の戦闘では右脚部のものが戦闘中機能しなくなってしまった。
コールドメタルソード
キルモール作戦の補給基地襲撃作戦で装備された武装。大型化したコールドメタルナイフ。
ブレードレールガン
リェータが普段から好んで使用している武器。リェータは自ら開発した敵機体内部に直接レールガンをぶち込む攻撃パターンを使用する。基本的に右腕に装備している。ウユダーロ級制圧砲艦攻撃作戦では両腕に装備した。

関連機体[編集]

ゲシュペンストシリーズ
このシリーズに属する。
量産型ゲシュペンストMk-II
原型機。
ゲシュテルベン改
改修機。
量産型ゲシュペンストMk-II改
似た特徴を持つ量産型ゲシュペンストMk-IIのカスタム機。
ガーダイド
同じコンセプトで開発されたカスタム機。