NAMCO x CAPCOM

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
NAMCO x CAPCOM
読み ナムコクロスカプコン
開発元
発売元 ナムコ
対応機種 プレイステーション2
プロデューサー
モノリスソフト側
石谷浩二
ナムコ側
岡本進一郎
ディレクター 森住惣一郎
シナリオ 森住惣一郎
キャラクターデザイン 斉藤和衛
発売日 2005年5月26日
CERO区分 12歳以上
コンテンツアイコン セクシャル
初登場SRW 無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ
テンプレートを表示

NAMCO x CAPCOMは、モノリスソフトが開発し、ナムコが発売したシミュレーションRPG作品。

概要[編集]

『ストリートファイターシリーズ』や『魔界村シリーズ』などのCAPCOMでおなじみの作品のキャラクター、『テイルズオブシリーズ』や『鉄拳シリーズ』などのNAMCOの代表作のキャラクターが一堂に会する、SRW同様のオールスター型作品。通称はナムカプ。開発は後に『無限のフロンティア』を担当するモノリスソフト。発売はバンダイの合併前のNAMCOからされている。

本作は巨大ロボットが活躍する作品ではない為、所謂一般的な「スパロボ参戦作品」とは一線を画す存在であり、主に等身大の人間が活躍するOGサーガにゲスト参戦している。

参戦作品[編集]

以下では参戦作品を50音順で示す。

NAMCO作品[編集]

  • クロノアヒーローズ
  • 源平討魔伝
  • ゼノサーガシリーズ
  • ソウルキャリバーシリーズ
  • 超絶倫人ベラボーマン
  • ディグダグ
  • テイルズ オブ デスティニー / テイルズ オブ デスティニー2
  • 鉄拳シリーズ
  • ドルアーガの塔 / イシターの復活
  • バーニングフォース
  • バラデューク
  • 妖怪道中記
  • ワルキューレの冒険 / ワルキューレの伝説
  • ワンダーモモ

CAPCOM作品[編集]

  • ヴァンパイアシリーズ
  • ガンサバイバー4 BIOHAZARD HEROES NEVER DIE
  • キャプテンコマンドー
  • ストライダー飛竜
  • ストリートファイターシリーズ
  • ディノクライシス
  • ロックマンDASHシリーズ
  • ファイナルファイトシリーズ
  • 魔界村
  • 燃えろ!ジャスティス学園
  • ロストワールド

登場人物[編集]

森羅[編集]

有栖零児
小牟(シャオムゥ)

逢魔[編集]

沙夜
片那(かたな)
毒牛頭(どくごず)
毒馬頭(どくめず)
鎌鼬
  • 鎌鼬・蒼
  • 鎌鼬・橙
  • 鎌鼬・紅
天狗

その他[編集]

同じくOGサーガで初参戦した『ゼノサーガ』は本作にも登場しており、同作より登場しているKOS-MOSM.O.M.O.は『NAMCO x CAPCOM』の世界で零児や小牟と既に顔見知りになっていたという扱いになっている。これはプロデューサーの森住が、ナムカプの開発に携わったところから実現している。余談だが森住氏は過去のSRWにも製作で参加している。

登場作と扱われ方[編集]

無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ
ザコ敵として鎌鼬、天狗がそれぞれ登場する。零児と小牟がキョウスケエクセレンに似ていると指摘されている影響で、小牟専用防具にATXチームのジャケットとされる「ATXジャケット」が登場するなど、製作サイド自身がネタにした。

用語[編集]

ゆらぎ
異なる時間・空間をつなぐ現象。この現象により異なる世界・時間の人間が集結することとなる。
OGサーガの「クロスゲート」と非常に性質の近いものであり、その影響でOGサーガの世界と接点を持つこととなった、という設定。また本作を制作したモノリスソフトはOGサーガの開発元でもあり、世界観、製作背景の両面からOGサーガと非常に関わりの深い作品であると言える。
森羅
逢魔

商品情報[編集]

プレイステーション2[編集]

攻略本[編集]

サントラ[編集]