GN-X IV (アンドレイ機)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
GN-X IV
(アンドレイ機)
読み ジンクスフォー
登場作品 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
デザイン 海老川兼武
初登場SRW スーパーロボット大戦UX
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 擬似太陽炉搭載型モビルスーツ
機種 GN-X IV
生産形態 専用機(個人搭乗)
型式番号 GNX-803T
全高 19.0 m
重量 70.6 t
動力・推進機関 GNドライヴ[Τ]
エネルギー GN粒子
装甲材質 Eカーボン
開発 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
パイロット アンドレイ・スミルノフ
テンプレートを表示

GN-X IV (アンドレイ機)は『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』の登場メカ

概要[編集]

アンドレイ・スミルノフが乗る指揮官用GN-X IV。攻撃力重視の装備をしている。

木星探査船「エウロパ」の地球への落下を防ぐ為、他の一般機と同様にGNロングライフルと大型ブースターを装備して、ガデラーザと共に迎え撃つもの、エウロパの大きさとGN粒子をブースターの推力を回していたためにロングライフルの威力が下がっていて、あまり進行を止められなかった。

ELS防衛作戦では、左肩にGNバスターソードを装備して出撃する。 その後、絶対防衛線を突破した大型ELSを食い止めようとしたが、GNバスターソードを突き刺した際に腕ごと浸食されてしまい身動きができなくなってしまう。アンドレイは止む無く大型ELSを他の友軍機と共に、トランザムによる自爆で破砕した。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
初登場作品。指揮官機のパトリック機とアンドレイ機はイベントで度々登場。第3部のELSとの決戦がある第48話「来るべき対話」で操作可能になるが、シナリオ中にELSに特攻して永久離脱する。
アンドレイ機は長射程のGNロングライフルを持つが、気力が上がるまではP武器がGNバルカンとGNビームサーベルしか無いのが欠点。ガンダムブレイヴと比べると能力で一歩劣る上に武装の癖も強いが、ELSが無限増援なため有効活用しよう。
隠し要素の条件を満たすとELSとの決戦後に正式加入。上記の通り性能はイマイチな上に、ゲーム終盤なので使用可能期間が短い。だが、戦闘アニメには異常に力が入っているので必見。
スーパーロボット大戦BX
第30話ユニオンルート「灼熱のユニオン」で加入するが、隠し要素のフラグを建てないと第43話「Trailblazer」で永久離脱してしまうので注意。なお、戦闘アニメはUXと変わらず。
なおフラグを建てて生存しても機体を破棄してしまうためこのシナリオ中は強制的に撤退する。イベントで中央部右まで強制的に移動するためPUを組んでいた場合は残る機体がその場に残ってしまう。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

GNクロー
これまでのGN-X系同様、手はクローにもなる。ただし、あくまでも緊急用の装備である。劇中では使われる場面が無く、SRWシリーズでも未搭載。
GNバルカン(頭部)
頭部に設置された小型のビーム速射砲。主に牽制用。
GNバルカン(腰部)
腰部に設置された小型のビーム速射砲。腰部の方は口径が大きく、威力も高い。
UXでは照準値低下の、BXでは運動性低下の特殊効果を持つ。
GNシールド
GN粒子を付着させた実体盾。肩のハードポイントに設置される。裏側にはハンドグレネードを設置しているほか、GNフィールドを発生させることもできる。
GNハンドグレネード
GNシールドの裏側に2基装備されている。
GNフィールド
GN粒子を用いたバリア。GNシールドからバリアを発生することが可能。これはイノベイドの技術を応用して搭載されたものである。
GNビームサーベル
歴代のジンクス系同様、脚部に収納されているが、GN-X IVでは膝アーマーが展開することで取り出しやすくなっている。
GNバスターソード
オプション武装の一つ。GN-X II(SRW未登場)の装備の流用。GNフィールドを纏わせながら敵を斬るので、ELSの侵食にも有効とされ急遽取り寄せられた。左肩部ハードポイントにマウント。
ただし、生産数は非常に少なく、装備できたのはアンドレイ機をはじめ極僅かだった。
GNロングライフル
ショートライフルにロングバレルを装着した形態。対艦および要塞攻撃に有効であり、また最大射程も伸びている。なお、このバレル選択形式は、アヘッドから踏襲されたものである。

必殺武器[編集]

トランザム起動
GNドライヴに秘匿されていたオーバーブーストシステム。本機の場合は、量産機でありながら標準装備に成功しており、ガンダムタイプに匹敵する力を持つに至った。発動させた際の機動性やパワーの上昇は凄まじいものを発揮する。
アンドレイ機は、ロングライフルから2発撃つ途中で発動、そのままサーベルで滅多斬りにし、ロングライフルの一射とバルカンの連射、次にバスターソードで2度斬り付け突撃、レッドゾーンギリギリで切り裂く。
自爆
トランザムした際にオーバーロードさせて自爆する最後の手段。ガガ等を解析して搭載されたと思われる。劇中では多くのパイロットが自らを犠牲に自爆し、ELSの侵攻を防いだ。
UXではトランザムのトドメ演出で再現されているが、レッドゾーンを振り切る前に敵が真っ二つになるので自爆まではいかない

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
斬り払い撃ち落としを発動。
GNフィールド
2000以下の全ダメージを無効化する。EN消費10。
GNドライヴ[Τ]
ENが自軍の行動開始前に全体ENの15%回復する。
トランザム
気力130以上で移動力+1。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体ボーナス[編集]

UXBX
  • 照準値+5 HP+500
  • 第二段階:照準値+10 HP+750 資金+10%
  • 第三段階:照準値+20 HP+1000 資金+15% 運動性+5
  • 最終段階:照準値+30 HP+1500 資金+20% 運動性+10
こちらはHPが上がる。

名場面[編集]

市民を守る軍人
ELS襲来による地球防衛作戦にて、地球連邦軍大尉のアンドレイ・スミルノフは、絶対防衛線を突破した大型ELSを目撃、乗機のGN-X IVのトランザムを起動し急行するが、攻撃中に機体を侵食され、脱出も不可能となってしまう。
アンドレイはトランザムで機体をオーバーロードさせ、自爆を決行。そして部下達もまた自らの意志で彼と行動を共にし、大型ELSは撃破された。
こうしてアンドレイは、自らの生命と引き換えに、ELSの地球圏到達を阻止したのだった。……や母と同じ、「市民を守る連邦軍の軍人」として。

関連機体[編集]

GN-X IV (パトリック機)
パトリック・マネキンが搭乗する指揮官用GN-X IV。こちらは防御力重視の装備をしている。

資料リンク[編集]