サベージ (クロスボウ)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
サベージ
(クロスボウ)
外国語表記 Savage Crossbow
登場作品

フルメタル・パニックシリーズ

初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
リングネーム クロスボウ
分類 アーム・スレイブ
生産形態 改修機
動力 ディーゼルエンジン
主なパイロット 相良宗介
テンプレートを表示

サベージ (クロスボウ)は『フルメタル・パニック! (原作小説版)』の登場メカ

概要[編集]

長編第8巻『燃えるワン・マン・フォース』にて登場。ナムサクのアーム・スレイブ闘技場チーム「クロスボウ」が運用する白い初期型のサベージアーバレストを失っていた宗介が一時的に搭乗していた。

旧式かつテープによる補修箇所があるなど、整備状況には難があったものの、オーナー兼整備士でもあるナミにより制御システム系統に特別なチューンが施された上、サベージの性能を熟知した宗介の戦術もあってか通常なら信じられないほどのタフさを発揮しており、最終的に破損するまでにM9 ガーンズバック1機とM6 ブッシュネルを始めとする第二世代型AS10機を撃破するという大戦果を挙げた。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
初登場作品。救出ルート18話にてスポット参戦後、19話終了時に入手。改造値はアーバレストを引き継ぐ。
武器改造費用がアーバレストより安く、アーバレスト(ラムダ・ドライバなし)に再度引き継ぐ。18話終了時のIMのみ改造する機会があるので資金に余裕があればやっておこう。
最大射程が4と短いなど性能はアーバレストよりも劣るが、ラムダ・ドライバが失われていることに加え陸適応S・強化パーツスロット3つ・HPとカスタムボーナスを合わせた場合の単機の火力ならこちらがわずかに上と利点もあり、レーバテインを入手するまでは宗介をこちらに載せておくのも手。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
31話でスポット参戦。改造値はアーバレストを引き継ぐ。本作ではそのまま31話でガウルンコダールに撃破されるが、条件を満たすと回収されて修復、その後も使用可能。もっとも、レーバテインが存在するためボン太くん共々倉庫入りになると思われる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2018年5月のイベント「孤独なラン・アンド・バトル」の報酬として登場。SSRシューター。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

14.5mm機関砲
OTOメララ 『ボクサー』 57mm散弾砲
本来はサベージ用の武器ではない。
ゼーヤB3M 『グローム』 HEATハンマー
頭部が成形炸薬弾になっている大型ハンマー。使い捨てという設定を反映してか、天獄篇では弾数制の武器。
「アナザー」では設定面で更に言及されており、第二世代ASの普及により接近戦の頻発化が起こったため、AS用の手持ち兵装として急造された武装として誕生している。その後、ASの格闘モーションの進歩によって回避や防御を行いやすくなり決定打を与えられなくなったため登場するようになったのが「単分子カッター」である。
実は様々なサイズや形状のハンマーが登場している。[1]

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

S

カスタムボーナス[編集]

『HEATハンマー』の攻撃力+300、射程+1
Bセーブと組み合わせる事で継戦力がよりアップする。

対決・名場面[編集]

燃える男
M9 ガーンズバック
闇バトルで「F1と軽トラがレースするようなもの」と言われる程の性能差に苦戦するが、廃墟に引き込み、そこの崩落に巻き込むという手段で撃破。

関連機体[編集]

Rk-92 サベージ
ベース機の後期型。
ARX-7 アーバレスト
カラーリングは当機体を踏襲したもの。[2]そのため、宗介はクロスボウを『アル二世』とも呼んでいた。

商品情報[編集]

脚注[編集]

  1. プラキット「MODEROID サベージ クロスボウ」の開発ブログにて、ROBOT魂版クロスボウの大型ハンマーをHEATハンマーとしてプロデュースしてしまった。との記述があり、実際にはASサイズの金槌のような武装だったとのこと(上述の「アナザー」の設定でも一体鋳造の手持ちハンマーと説明されている)。TVアニメ「フルメタル・パニック! Invisible Victory」ではこちらの小型のハンマーがHEATハンマーとして登場している。
  2. なお、一部配色は小説とアニメ4期とで異なっており、特に頭部は前者はセンサー部が黄色であり、かつ頭頂部が紺色に塗られた、河童のような配色であるのに対し、後者はセンサー部が赤色でかつその周辺を紺色に塗った、よりアーバレストを思わせる配色になっている。