ハッカドール

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ハッカドール
運営元 DeNA
対応機種 Android
iOS
PC
プロデューサー 岩朝暁彦
→嶋田裕二
→荒巻裕子
ディレクター 寺嶋隆司(PC版)
キャラクターデザイン げそいくお
配信開始日
Android / iOS
2014年8月15日
PC
2015年5月3日
配信終了日 2019年8月15日
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
テンプレートを表示

ハッカドール』はDeNAにより運営されていたスマートフォン用ニュースアプリ。

概要[編集]

配信されるニュースはサブカルチャーに特化しており、漫画やアニメをはじめとした9つのジャンルを取り扱っている。ニュースはアプリの各所に登場するナビゲーションキャラクター「ハッカドール」が集めてきてくれるという設定である。

2015年にはテレビアニメ版が放映された。

2019年8月15日をもってサービスを終了した。

スーパーロボット大戦への参戦[編集]

本コンテンツはニュースアプリであり、テレビアニメ版を含めても原作にロボット戦闘のシーンは存在しない。そのため参戦に伴い新規に専用のロボットがデザインされるという、スパロボ史上においても前代未聞の措置が採られた。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

ハッカドール1号
メインナビゲーター。明るくて真面目だが少々天然ボケ。
ハッカドール2号
アニメ・漫画担当。おっとりお姉さん。
ハッカドール3号
声優・アニメソング担当。無気力なボクっ娘だがハッカドール唯一の男子であり、いわゆる「男の娘」。
ハッカドール4号
3人組の後輩にあたり、能力は優秀だがトラブルばかり起こす後期型ハッカドールのデータから作られたため、トラブルメーカーの素質まで受け継いでしまっている。初出はアニメ版。
ハッカドール0号
ハッカドールたちの上司的存在である大人の女性で、初期型ハッカドールとは異なり、トラブルばかり起こす後期型ハッカドールの行動に対して、ストレスが溜まりに溜まる一方である。初出はアニメ版。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

ハカドリオン
ハッカドールが実体化させたハッカドール1号を模したロボット。

用語[編集]

ハッカドール
困っている人達を捗らせるために行動するパーソナルエンタテイメントナビゲータ。初期型(アプリ版のハッカドール)と後期型(アニメ版のハッカドール)が存在しており、初期型は人々を捗らせる事に貢献しているが、後期型は斜め上の発想による行動で人々を逆に困らせるどころか逆鱗に触れてしまう事が多いため、ポンコツ扱いされている。
成分分析
ハッカドールが人々が何に対して困っているのかをスキャンする機能。

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初参戦作品。2017年8月の期間限定参戦。誰も予想しなかった参戦に既存ユーザー、原作ファン、全てが驚いた。キャラクター設定はアニメ版の後期型ハッカドールを起用している。