装甲騎兵ボトムズ 幻影篇

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
装甲騎兵ボトムズ 幻影篇
原作 高橋良輔
監督 高橋良輔
キャラクターデザイン 塩山紀生
メカニックデザイン 大河原邦男
音楽 乾裕樹
前嶋康明
制作 サンライズ
発表期間 2010年3月26日 - 10月27日
話数 全6話
シリーズ ボトムズシリーズ
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
テンプレートを表示

装甲騎兵ボトムズ 幻影篇』はサンライズが制作したOVA

概要[編集]

ボトムズシリーズの一つ。『装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端』の続編。

キリコを追うバニラ達の道中や約30年後のTVシリーズ『装甲騎兵ボトムズ』の主な舞台を描いている。TVシリーズでの展開や台詞回しをなぞるような演出(所謂セルフオマージュ)が多いのが特徴。

第1話は『装甲騎兵ボトムズ 孤影再び』の直後から始まっており、発売時には『孤影再び』がOVAはおろか小説単行本としても発売されていなかったため、小説を知らない視聴者から繋がりがわからないとして、混乱を招いた(現在は『孤影再び』のOVA・小説単行本が発売済みなので解決している)。

ストーリー[編集]

仲間に別れを告げず突如去ったキリコ。バートラー夫妻は銀婚式旅行としてキリコに縁のある地を訪れていく。キリコの影を追って…。

登場人物[編集]

キリコと仲間たち[編集]

キリコ・キュービィー
当初はキリコ不在で物語が始まっており、第3話からの登場となる。
バニラ・バートラー
ココナ・バートラー
ブールーズ・ゴウト
ル・シャッコ
ゾフィー・ファダス
装甲騎兵ボトムズ』のサンサ編に登場したレッドショルダーを憎むジャンク屋。武器再生業から足を洗い、ジャンク屋を営んでいた。現在は視力が殆ど失われている。

クメン共和国[編集]

ポル・ポタリア
内戦終結後、王政から共和制に移行したクメンにて大統領に就任、カンジェルマン王子の遺志を継ぐべく近代化を推進するも、メルキア政府の支援を受けられなかった事から難航。カン・ナム将軍率いる保守派のクーデターを受け、失脚する。

惑星ヌルゲラントの住人[編集]

テダヤ

マーティアル教団[編集]

ヴィアチェフラフ・ダ・モンテウェルズ
マーティアル第713代法王。
「アレギウムの赫い霍乱」以降、惚けた状態になっていたが、「神の子」誕生を知り気力を甦らせる。そして神の子の後見人となるべく、惑星ヌルゲラントに赴くのだが……?
ジャン・ポール・ロッチナ

???[編集]

神の子
ジュノ
ワイズマン

登場メカ[編集]

AT[編集]

スコープドッグ
ベルゼルガ
パープルベアー
ストロングバックス
スコープドッグ レッドショルダースペシャル
スタンディングトータス
ダイビングビートル
ストライクドッグ
エルドスピーネ
ベルゼルガプレトリオ
グランドファッティー

用語[編集]

ウド
街の整備が進み、30年前とは考えられないほど盛行した雰囲気となっている。しかし、バトリングなど一部の治安が悪いところはそのまま。
クメン共和国
ポル・ポタリアが大統領となるが、急激な近代化はかえって民衆の反発を招きクーデターを起こしてしまう事となった。
サンサ
復興と大地の浄化が進み、青空が広がるなど酸素マスク無しでも生活出来るようになった。
ヌルゲラント
クエント星の双子星。多くのクエント人がこの星に移り住み生活している。

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「炎のさだめ」
エンディングテーマ
「いつもあなたが」

登場作と扱われ方[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
初参戦作品。時系列の都合などもあってか、原作再現はほとんど行われずオリジナル展開で進む。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 ウド
第2話 クメン
第3話 サンサ
第4話 ヌルゲラント
第5話 コクーン
最終回 インファンティ 第3次Z天獄篇

商品情報[編集]