コードギアス 双貌のオズO2

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
コードギアス 双貌のオズO2
SIDE:オルドリン
読み コードギアス そうぼうのオズ オーツー
外国語表記 CODE GEASS OZ The Reflection
原作 谷口悟朗
作画 東條チカ
キャラクターデザイン 木村貴宏
メカニックデザイン 中田栄治
アストレイズ 他
掲載誌 ニュータイプエース
月刊コンプエース
出版社 角川書店
レーベル 角川コミックス・エース
発表期間 2015年4月25日 -
2016年5月26日
巻数 全5巻
シリーズ コードギアスシリーズ
前作 コードギアス 双貌のオズ
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
テンプレートを表示
コードギアス 双貌のオズO2
SIDE:ライアー / オルフェウス
読み コードギアス そうぼうのオズ オーツー
外国語表記 CODE GEASS
OZ The Reflection
原作 谷口悟朗
著者 森田繁
谷口悟朗
作画 東條チカ
挿絵 中田栄治
キャラクターデザイン 木村貴宏
メカニックデザイン 中田栄治
アストレイズ 他
掲載誌 月刊ホビージャパン
出版社 ホビージャパン
レーベル ホビージャパン
発表期間 2015年5月26日 -
2016年5月26日
巻数 全2巻
シリーズ コードギアスシリーズ
前作 コードギアス 双貌のオズ
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
テンプレートを表示

コードギアス 双貌のオズO2』は、「コードギアスシリーズ」の外伝作品。小説と漫画の複数メディアで展開された。

概要[編集]

コードギアスシリーズの一つで、『コードギアス 双貌のオズ』の続編。第1部が『反逆のルルーシュ』と『R2』の間(『コードギアス 亡国のアキト』と同時期)に位置するのに対し、本作『O2』は『R2』と同一時間軸に位置している。

SIDE:ライアー / オルフェウス
模型誌『月刊ホビージャパン』にて連載。各ナイトメアフレームの活躍が中心のフォトストーリー作品[1]。全2巻。
SIDE:オルドリン
漫画誌『月刊コンプエース』より連載。全5巻。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

オリジナル設定 [編集]

ゼロ (白の騎士団)
『X-Ω』のイベント「赤と白」に登場したテロリスト組織「白の騎士団」を率いるゼロの名を騙る偽者。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

業火白炎
ランスロット・ハイグレイル
ランスロット・ハイグレイル・ワルキューレ
ランスロット・ハイグレイルとシェフィールド・アイ(未参戦)が合体した形態。

用語[編集]

白の騎士団
『X-Ω』のイベント「赤と白」に登場したテロリスト組織。

登場作品と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初参戦作品。前作『双貌のオズ』はゲーム初期から参戦しており、『O2』のユニットもそちらの名義で登場していたのだが、2019年3月に本作も期間限定参戦として登場。参戦に合わせてソキア・シェルパに新規で声優がキャスティングされている。
本作が期間限定参戦する2019年3月のイベント「赤と白」は、サンライズ公式監修による本編の後日談ストーリーとなっている(時系列は『復活のルルーシュ』の裏)。なおイベントに合わせて登場するランスロット・ハイグレイル・ワルキューレの出典は『双貌のオズ』となっているため、ゲーム内に『O2』名義のユニットは存在しない。

余談[編集]

  • 本作で作画を担当した東條チカ氏は、Twitterにて「一部エピソードがダイジェスト気味になってしまったのが痛恨の極み」「もっと数字が良ければじっくり描けたかもしれないけれど、こればかりはどうしようもない。力及ばず、です」「トウキョウ決戦以降、とくにルルーシュ即位後は描き切れない描写が多々あった…」と供述しており、『O2』の終盤が駆け足気味になったのは、打ち切りによるものだった事が明かされている。

注釈[編集]

  1. 挿絵ではなく写真が挿入されている小説作品。本作の場合はプラモデルの模型ジオラマが使用されている。

商品情報[編集]

  • SIDE:オルフェウス / ライアー

  • SIDE:オルドリン

外部リンク[編集]