フィリス・ジャラヴ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
フィリス・ジャラヴ
外国語表記 Firis Jarave
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 豊口めぐみ
デザイン 渡邉亘
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ラ・ギアス人
性別
出身 アルメラ共和国
所属 イルゼノン社
テンプレートを表示

フィリス・ジャラヴは『魔装機神F COFFIN OF THE END』の登場人物。

概要[編集]

兵器開発会社のイルゼノン社に所属する女性で、試作の特殊人型機動兵器「ヴァルシオーガ」の開発を担当している。

人受けがよく、明朗で優しい性格をしている。また、地上の神話といったものに関しても興味がある。元々は機械工学のみならず考古学や神話に関してを専攻しており、どちらかと言えば考古学に興味があったと語っている。魔装機開発においては精霊への理解が重要になるため、開発用に集められた考古学資料に興味があったのが開発者を志した理由の一つ。作中に置いてマグゥーキの名前を出したのは彼女が最初。中盤の魔装機神救出作戦のテュッティルートにおいて、救助に使用する咒素子担当を任される程の魔術の素養があると知る(ムデカ曰く、才能はあったが環境などによって発揮出来なかったとの事)が、その素養は終盤において最悪の形で奮われてしまう。

ティールに同行する中、マグゥーキに襲撃された状況からやむを得ず魔装機に搭乗し、救助に現れたエリシア達と行動を共にすることになる。サキトがエリシア達の会話を聞いて一人思いつめて飛び出していった際に追いかける、その後も悩む彼の相談に乗るなど、過酷な状況に巻き込まれたサキトにとって精神的支柱のような存在となる。

ラングラン王都の地下神殿に潜んでいたヨーテンナイとの決戦後に突如出現した巨人族から逃げる最中に乗機のリジェリオールARが機能不全を起こし、どうにかして自分を救助しようとしたティールを逃がすよう仲間達に頼み一人地下神殿に取り残されてしまうが、そこで接触した黒い巨人フーム・ラカーブから巨人族と三邪神の繋がりを初めとする数々の知識を授かり、教化されたことで巨人族の巫女となる。巨人族の巫女となってからは巨人族に従わない人間達に容赦はせず、戦死したと思われた自身に接触してきたティールをも躊躇なく殺害する、エリシアが黙っていたレイブレードの真実を誇張表現を交えてサキトに暴露する、尊敬していたメルセンを利用し続けた恨みという個人的な感情も込みだがディソルを力で脅迫してレヱゼンカヰムを修理させた挙句に殺害するなど、冷酷で残忍な性格へと変貌してしまうが、その言動の裏には巨人族と三邪神のループを知り巨人族の巫女として生きることしか出来なくなってしまったことに対する諦観の念が感じられる。

カドゥム・ハーカームが教化の光を放つ時間稼ぎとしてマサキ達を迎え撃つために待ち受けていたラングランの王都で決着を付ける事になるが、プレイヤーがティールの告白に対して目撃したサキト達の反応を正直に話すかごまかすかによって、彼女の結末は異なる。正直に話した場合はエリシアによってとどめを刺され最後に正気を取り戻して死亡するが、ごまかした場合はレイブレードに取り込まれたティールの魂に反応したサキトの手によりコクピットごと引きずり出され、昏睡状態のまま助け出される。

登場作品と役柄[編集]

魔装機神シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
初登場作品。魔装機の修理を受け持ちながら戦闘もこなす縁の下ポジション。ゲーム序盤の情緒不安定なサキトのメンタル面をケアしていて、サキトはおおいに救われている。フィリスの戦線離脱時には彼女に恋心を抱いていたティールにも負けず劣らず大きなショックを受けていた。最終的には敵側のボス格になってしまうものの、序盤加入で全シナリオ中半分以上を共にするため、周回プレイも考えれば鍛えて損することはない。といっても、フィリスとリジェリオールARの戦闘力で出来ることは専ら修理と補給役であるが。モニカのノルス・グラニアの隠し装備の広域修理装置の獲得には、あまりきつい条件ではないもののフィリスのレベルが一定以上求められるため、他キャラに削ってもらった敵をきっちり落としていくこと。今後魔装機神シリーズがOGシリーズへ合流するにあたってフィリスの生死どちらが採用されるか……それ以前に出番があるかも不明ではあるが気になるところである。

パイロットBGM[編集]

「終わりなき戦い」
リジェリオール搭乗時。
「巨大な闇」
レヱゼンカヰム搭乗時。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

直感応援補給隠れ身後援、自由選択
隠れ身で敵ターンの攻撃をそらしつつ、サポートに徹するのが理想か。

人間関係[編集]

サキト・アサギ
レイブレードのパイロット。自らの意思に反して戦うことになった者同士であり、相談に乗ったり整備を手伝わせたりと何かと世話を焼く。
ティール・カーヴェイタムドル・オーレイ
同僚。ティールは開発機のテストパイロット。タムドルは同じ部署の上司。
メルセン・サンティス
ディソルの秘書にして、フィリスにとっては先輩。姉さんと呼び慕っている。
フーム・ラカーブ
彼から様々な真実を明かされ、絶望したが故に教化された。

名台詞[編集]

「地上にだって、操者の剣術を反映できる機体もあるそうだけど。聞いた話じゃ戦艦だって、一刀両断にしてしまうとかって……」
第23話 「並び立つ英傑」より。ライオネルにパイロットの剣技に依存するのは兵器としてどうなのかと言われての反論。おそらくダイゼンガーの事を言っているのだろう(実際に地上人召喚事件で召喚されているため)。
「そうね……例えて言うなら、今のゼルヴォイドは信管のない爆弾のような状態よ」
第46話 「その力は誰が為に」より。ゼルヴィオリアの抜けたゼルヴォイドを見て一言。
「そう……逆を言えば、真の力を発揮したゼルヴォイドはただの爆弾に過ぎない。あなたが言う真の力……ゼルヴォイドの強すぎる无の力は、その存在さえも无に帰してしまうのよ」
同上。ゼルヴォイドは「ゼルヴの力を爆薬にした特攻兵器」である事を明かす。

搭乗機体[編集]

リジェリオールAR
アルメラ共和国の魔装機リジェリオールの改良型。契約精霊は風系低位、夕風の精霊メイティナ。
リジェリオールを再設計した機体で、信頼性・稼働率が改善され、武装や装甲も増強されている。しかし、生産性は大きく落ちてしまったため、軍における原型機との置換は限定的なものに留まった。
レヱゼンカヰム
巨人族の巫女となってからの搭乗機。

余談[編集]

部隊の運用に欠かせない優れた技術者、主人公を精神的に支える、終盤に本来の意思と無関係に操られる、恋愛がらみの選択肢で生死が変わるなど、LOEにおけるウェンディを思わせる要素が多い。