ディソル・ケルディ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディソル・ケルディ
登場作品

バンプレストオリジナル魔装機神シリーズ

デザイン 渡邉亘
初登場SRW 魔装機神F COFFIN OF THE END
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ラ・ギアス
性別
出身 アルメラ共和国
所属 イルゼノン社
テンプレートを表示

ディソル・ケルディは『魔装機神F COFFIN OF THE END』の登場人物。

概要[編集]

イルゼノン社のシュテドニアス支社長。イルゼノン社の暗部に深く関わる人物で、非合法ルートからリチュオル・コンバーターやヴァルシオン改・タイプCFのデータなどを入手していた。

登場作品と役柄[編集]

魔装機神シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
初登場作品。当初から腹に一物抱えているような描写はあったが、結局これと言った活躍をする事もなく退場。

人間関係[編集]

メルセン・サンティス
秘書。職務に忠実である彼女を危険な任務や非合法まがいの行動に巻き込んだ。
フィリス・ジャラヴ
巨人族の巫女として教化された彼女に脅迫される形でレヱゼンカヰムを修復させられるが、最終的には上述の経緯もあって粛清される。
ボーロ・フェイブル
彼が開発したリチュオル・コンバーターを受け取る。

名台詞[編集]

「ヴォルクルス教団の大司教となり、自らの母国を危機に陥れた……そんな男、信じようがありません」
シュウに対する評価。尤もな意見ではあるが、自分のことは棚上げである。