雷のオムザック

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
雷のオムザック
外国語表記 Omzack
登場作品 冥王計画ゼオライマー
デザイン 森木靖泰
初登場SRW スーパーロボット大戦MX
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 八卦ロボ
全長 70.3 m
重量 700 t
開発者 木原マサキ
所属 鉄甲龍
パイロット 塞臥
テンプレートを表示

雷のオムザックは『冥王計画ゼオライマー』の登場メカ

概要[編集]

「雷」の称号を持つ八卦ロボ。好戦的な男・塞臥が搭乗する。

八卦ロボの中で最大の大きさで唯一人型をしておらず、手足がなく浮遊している。その特殊かつ複雑な設計ゆえに作中ではルラーンの復元作業が最後に完了した。天のゼオライマーに唯一対抗出来るとされている必殺武器・原子核破砕砲(プロトン・サンダー)を装備している。

アメリカ第七艦隊を背部のプロトン・サンダーで一挙に消し去った後、地のディノディロス山のバーストンと共にラスト・ガーディアンへ赴き塞臥はゼオライマーを懐柔しようと試みるが失敗。ディノディロスを撃破されたのを見てバーストンと共に攻撃を試みるも、ゼオライマーのメイオウ攻撃の光に包まれ消滅した。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
原作通りディノディロス、バーストンと組んで現れる。前作『MX』と違い空気ということはなく、自軍と真っ向からぶつかることになる。特に「奪われた女神」では脱出ルートを確保しつつザフトの相手をせねばならず、しかも近くにガウルンヴェノムという化け物がいるという非常に厳しい条件での戦いを強いられる。同時出現するゼオライマーをぶつければ優先的に狙って来るので、それをうまく利用したい。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
イベントで散り、ラゴウの前に霞んでしまう・・・が、ゼーレに抱きこまれて、三輪防人と共に第3新東京市ネルフ本部を攻撃。そしてEVA弐号機で追い返される。次のシナリオで三輪搭乗のギルガザムネと共にマグネイト・テンにリベンジするが…。シナリオを通して完全に空気であり、唯一戦う機会が得られても多勢に無勢であり、袋叩きにされる結末に遭う。ただ、上記のネルフ本部の時点ではEVA弐号機しかいないため、このときばかりは倒すのが非常に難しい(撤退HPが高く、単純な攻撃力だけでは落とせない)ので撃墜を狙う時に限っては強敵に感じる。
攻略本「ディープファイル」では撃破例が記されているが、ほとんど詰将棋である。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

プロトン・サンダー
機体中央球の両脇に装備され、周囲数kmの物質を微粒子化する。作中ではゼオライマーのメイオウ攻撃にも対抗できると言われておりアメリカ第7艦隊を瞬時に消滅させる程の圧倒的な破壊力・殲滅力を見せた。しかし、いざ対峙した際にはこれを放つ前にメイオウ攻撃の前に散ったため、実際の威力は明かされずじまいだった。
設定画では胴体横から小型のマニピュレータ状の砲身を展開するだけだがOVA版では背部のジェネレーターと思しき物体から光球を打ち出したシーンが有り、SRWではこの両方の演出を合成した演出が採用されている。
ビーム砲
原作では画面外から撃ったため詳細不明だが、SRWでは額部のクリスタル状パーツから撃っている。

特殊能力[編集]

状態変化耐性

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

対決・名場面[編集]

天のゼオライマー
哀れ、切り札のプロトン・サンダーも、寄りにも寄ってメイオウ攻撃の先手では手も足も出なかった(元々無いが)。