ルラーン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ルラーン
外国語表記 Rularn
登場作品 冥王計画ゼオライマー
声優 辻村真人
性別
年齢 推定50代
所属 鉄甲龍
役職 専属技術者
デザイン 菊池通隆
テンプレートを表示

概要[編集]

鉄甲龍に所属する技術者で、八卦ロボの開発・整備を担当する科学者

15年前、八卦ロボの開発者として木原マサキと共に鉄甲龍の力を利用して冥王となる野心を抱いていたがマサキの裏切りにより頓挫した過去を持つ。

幽羅帝の命令には忠実であり、他の八卦ロボを開発するなど技術者としての腕も確かだが、身分的には八卦衆の下に属する。現在の鉄甲龍の中では唯一、マサキの野望、八卦衆及び幽羅帝の正体などの真実を知る人物である。

自らを裏切ったマサキの生まれ変わりが破滅するのを見たくて、マサキの全ての計画を知りえながら秘密にしていた。しかし幼い頃からつき従った幽羅帝にいつしか親愛の情を抱き、彼女を破滅に追いやることに迷いを抱くようになる。更に氷室美久の解析によって次元連結システムの真実を知り、技術者としての敗北も認めざるを得なくなったことで、幽羅帝に全ての真実を伝え彼女の前で自決した。

余談だが原作OVAの裏設定として八卦ロボの基本設計はランスター、ブライスト、ガロウィン、ディノディロスなど顔面がのっぺりしてるのはルラーンが担当。ゼオライマー、オムザック、ローズセラヴィー、バーストンなど顔に球体があるのが木原マサキ担当らしい(特に意味はなく設計者の好みだと思われる)。

しかしマサキ造反時に殆どの機体が破壊されたので現行の八卦ロボは中身はほぼルラーンのオリジナルである。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
本作では幽羅帝の専用機として、ハウドラゴン又はグレートゼオライマー(次元連結システム無し)を密かに造っており、木原マサキに引けを取らない技術者としての優秀さを見せつけている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX

人間関係[編集]

木原マサキ
裏切り者として、また自分より上を行く技術者として許せない存在。しかし彼を越えることは叶わなかった。
幽羅帝
主君であり、実の娘の様に愛情を注いでいたが、マサキの分身として憎しみを抱いてもいた。しかし、彼女が本当は帝としての地位を望んでいない心優しい人物である事も理解していた為、その葛藤の末、最終的にルラーンは自らの手で人生に幕を下ろし、幽羅帝もルラーンの死を悲しんだ。
氷室美久
ロクフェルにより鉄甲龍要塞に拉致された彼女を研究することで、鉄甲龍はもとよりラストガーディアン、更には視聴者にも先んじて次元連結システムの正体に気づくことになる。

他作品との人間関係[編集]

北辰
MX』では協力関係。
ゼーレ
『MX』ではかつての関係者だった。

名台詞[編集]

「次元連結システム…異次元に接続し、無尽蔵の力を得る究極のシステム。マサキ、ついに私はお前に及ばなかったか…」
終盤で自身が復元した八卦ロボがゼオライマーに全て倒された時の台詞。
「…私は見たかった…。マサキの生まれ変わりが滅びる様を…」
「…あなたは…本当に美しい…」
幽羅帝の問いに答え、自分の真意を吐露した台詞。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「私はマサキに勝ちたかった。奴よりも優れたシステムが開発できると信じていた。しかし…」
「ゼオライマーに代わるものとして最後に完成させたこの機体にも、次元連結システムを越えるものは搭載できなかった。ですが、搭乗者は貴女を登録してあります。お好きに使うがよろしい」
「貴女は…本当に美しい。ですが、お別れです」
Jの中盤で自身の正体を知った幽羅帝に対して、今までの本心と遺言を告げた時の台詞。その直後に原作通りに自殺してしまう。

余談[編集]

  • 「同志(本作の黒幕)に裏切られた過去を持つ」「その同志のクローンに愛憎を抱いている」という点では、ルラーンの立場が原作漫画版の同作に登場する氷室遼三のそれと類似している。