シグナス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
シグナス
外国語表記 Cygnus
登場作品
初登場SRW スーパーロボット大戦X
SRWでの分類 機体
母艦
テンプレートを表示
スペック
異名 白鳥
分類 機動打撃航空艦
全長 450m
所属 自由条約連合
主な搭乗員 倉光源吾
レーネ・クラインベック
テンプレートを表示

シグナスは『バディ・コンプレックス』『バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-』の登場メカ

概要[編集]

自由条約連合軍が開発した新型の機動打撃航空艦。

ルクシオンブラディオンの母艦で、「カップリングシステム」の運用艦でもある。各種武装や防御バリアのネクターカーテンを装備しており、機動力も高い。ヴァリアンサーは8機搭載可能。宇宙空間での運用時は後部に「エアロスケイル」の翼を展開する。

ゾギリア軍からはその形状とカラーリングから「白鳥」と呼ばれている。

登場作品と操縦者[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
初登場作品。宇宙ステージではエアロスケイル展開状態に自動で切り替わる。サブパイロットはレーネのみだが、武装の演出にてアネッサやリーも喋るため、かなり賑やか。なお、素の宇宙適応はBだが、エアロスケイル展開状態では宇宙適応がAに上がるためご安心を。大気圏内外で2種類図鑑登録される珍しい母艦である。
素の移動力が6と他の戦艦より1高く、マップ兵器や移動後攻撃可能な召喚武器を持つ単体でも優秀な戦艦。さらにカスタムボーナスによってその真価を発揮する。序盤は無改造でもいけるが、ENと照準値を補強しておけばかなり戦いやすくなる上、装甲を強化すればネクターカーテンで雑魚の攻撃は殆ど無効化できる。
倉光もレーネも必中直感を覚えないため、照準値の改造や強化パーツによる命中率の補強を積極的に行いたい。闘争心などで初期気力を上げたうえで、レコンギスタルート43話で手に入る『トミー・ビジョン(気力130以上で毎ターンのプレイヤーフェイズ開始時に必中がかかる)』を装備させると心強い。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

CIWS
対空防御用のファランクス。
単装速射砲
近・中距離射撃用の速射砲。SRW未使用。
ネクター砲
左右の翼上に4基、翼下に2基の計6基を装備する主砲。
『X』ではマップ兵器版もある。
ネクターカーテン
展開装置を起動して敵弾を防ぐバリアシールド。

艦載機攻撃[編集]

ヴァリアンサー・コンビネーション
リーのベリルコマンダー、ヤールのベリルアサルト2機との連携攻撃を行い、最後はネクター砲で締める。
中盤でフロムのベリルエクスプローラが加入し、攻撃力が上がる。

特殊能力[編集]

ネクターカーテン
2500以下の全属性のダメージを無効化。発動時、ENを10消費。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

2L

カスタムボーナス[編集]

Exオーダー「緊急回収」で回収したユニットに「加速」が掛かる。
ユニットの発進時の移動力を強化する強力なカスタムボーナス。緊急回収で回収したユニットは未行動であれば即発進可能なため、例えば1ターン目に自軍の主要な全ユニットを回収、シグナスで「加速」して前進、各機発進とすることでおよそ12マスの移動力の水増しができる。短所は1周あたり1つしか手に入らない強力なパーツのExCバンクが必須なこと、回収時に気力が5低下すること。また、今作の強技能である先制攻撃を覚えているユニットに対してはほぼ無意味になる。

機体BGM[編集]

「UNISONIA」
X』で採用。限定版は原曲となる。

関連機体[編集]

ゴスフォーク、ケストレル
シグナスの同型艦で、主翼形状やカラーリングが異なる。