倉光源吾

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
倉光源吾
読み くらみつ げんご
外国語表記 Gengo Kuramitsu
登場作品
声優 速水奨
初登場SRW スーパーロボット大戦X
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 38歳
所属 自由条約連合軍
所属部隊 第11空中打撃遠征隊
軍階級 大佐
テンプレートを表示

倉光源吾は『バディ・コンプレックス』の登場人物。

概要[編集]

自由条約連合軍の機動打撃航空艦「シグナス」の艦長を務める男性。

第1海軍特戦隊の第11空中打撃遠征隊に所属し、今まで乗り継いだ全ての艦を沈められていないという逸話がある。やる気がなさそうな見た目や穏やかな態度とは裏腹に指揮能力は高く、乗組員達からの信頼も厚い。

渡瀬青葉ルクシオンのパイロットとして連合軍に引き入れるが、彼が逃亡した時などいざという場合は射殺命令も辞さないなど、冷徹な軍人としての面も持つ。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
初登場作品。初期から加速が使えるため、足の遅い味方機の運搬役になるだろう。囲まれても大丈夫なように鉄壁1回分のSPを残しておくと安心。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

X
加速鉄壁先見かく乱突撃熱血
原作でもどっしり構えている風体だったからか、突撃の消費SPが50と凄まじい重さになっている。シグナスにはヴァリアンサー・コンビネーションがP武器として用意されているため、かく乱や先見、加速にSPを回したいところ。
なお、性格的な問題か、熱血の習得も他のキャラと比べて遅い。

特殊スキル[編集]

X
指揮官L4、底力L5、援護攻撃L1
積極的に前に出るなら底力を養成しよう。

エースボーナス[編集]

特殊スキル「指揮官」の範囲内にいる味方ユニットの被ダメージ0.8倍
X』で採用。指揮効果と合わせ被害を抑えながら戦える。

人間関係[編集]

渡瀬青葉
過去から来たという彼を受け入れ、シグナスに乗艦させる。
隼鷹・ディオ・ウェインバーグ
青葉を彼のパートナーに推薦する。
レーネ・クラインベック
信頼を寄せている副艦長の女性。
リー・コンラッドヤール・ドゥランフロム・ヴァンタレイ
シグナスのヴァリアンサー隊のパイロット達。
エルヴィラ・ヒル
カップリングシステム担当の特務士官。
奈須まゆかアネッサ・ロセッティ
ブリッジの女性オペレーター達。
チュセ・フランボワ、ガルシアン・バース、スハルト、荻坂三郎太、ドン・ナッハー
その他、シグナスのブリッジクルーや整備士達。
アルフリード・ガラント
ゾギリア軍のエース。彼の部隊に幾度となく襲われる。

他作品との人間関係[編集]

ドニエル・トス
X』では同じエクスクロスの指揮官として認め合う。

名台詞[編集]

「まゆちゃん、さっきなんて言ったって?」
まゆか「あの、ルクシオンがブラディオンにナイスカップリング反応を…!」
「…だねえ。…2機をカップリングさせよう」
第2話。戦況を読み、現時点でルクシオンのパイロットが正体不明の中、理性的な判断を下す。
「彼は、授業中の居眠りが得意らしい」
レーネ「艦長、悪趣味です」
「だって、まゆちゃんが心配だからさ」
第3話。まゆかの説明中に寝てしまった青葉。彼を盗聴する行為をレーネから注意されてしまう。
「再び民間人の君を頼ることになってしまって本当にすまない」
「とはいえ、四の五の言ってられない状況でね。僕らの艦を救うには、君に戦ってもらうしかないんだ」
青葉「いえ、俺だってこんな所で死ぬわけにはいかないから」
同話より。青葉の身を案じながらも、現在の状況から戦力が欲しいことを暗に言う。
レーネ「本当に良かったのですか?彼に下艦を許可して」
「いいんじゃない?彼、習志野の出身だって言ってたでしょ」
レーネ「だからこそです。ゾギリアのパイロットと知り合いだった様ですし。機密保持の観点から…!」
「大丈夫だよ、ちゃんと監視も付けるから」
第4話。青葉が艦を降りることを許可しつつも、まゆかを監視役として同行させる。
「良かったよ、機密を漏らさずに済んで」
レーネ「礼なら渡瀬青葉に言って下さい。ここに戻ってくると決断したのは彼です」
「…そうだね、おかげで君の腕前を見なくて済んだ。もし、彼が逃走を図っていたら、撃っていたかい?」
レーネ「そう命令したのはあなたです」
「ま、そうなんだけどね」
同話より。レーネに対し極秘に狙撃命令を出していた倉光だったが、青葉が無事戻ってきたことに安堵する。
レーネ「渡瀬少尉には、荻坂少尉と奈須伍長が…」
「…もしかして、アレ?」
レーネ「アレです」
「そんな顔しないで欲しいなあ。これはうちの伝統なんだから」
第5話。苦笑しつつも、青葉が正式に軍に入ったため、恒例行事の艦の雑用を行わせるのだと告げて。
「ほんと凄いねえ、青葉くん」
レーネ「えっ?」
「カップリング訓練課程も受けずに、あれだもんねえ」
第6話。新規配属されたフロムとナイスカップリングし、2機による相性抜群の機動を見ての感想。
「完璧にやり過ごす必要はないよ。時間は僕らの味方だ」
第7話。行政局親衛隊の母艦・ゲイボルグの追跡を、暴風雨を利用して巻くことを狙う。
レーネ「来ているのはゲイボルグだけ?」
「ゾギリアの国防軍と親衛軍は、指揮系統も違うしね」
「両方同時に襲ってこないなら、まだ救いはある」
同話より。敵の動きを見て、即座にその事情を看破する。
「いいねぇ、若いって!」
第9話。乱闘を起こした結果、頭を冷やすよう独房に入ったディオと青葉に対して。一方、レーネは倉光に呆れていた。
「…嘘みたいな話だね」
レーネ「艦長!信じるおつもりですか!?」
「んー…どうだかねぇ。でもどっちみち、何も変わらないんじゃない?」
第12話。ディオが青葉が過去から来た可能性は高いという話を聞いて。例えどうであっても、青葉は青葉だと述べる。
「英雄達のご帰還だね」
第13話。ビゾンを退けた末にヒナを助け、アラスカ基地を攻略の要となった彼らの姿を見て。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「最初で最後の轟沈体験か…」
X』にてシグナス轟沈の際に。原作の「艦を沈められていない」という逸話に関連した台詞。

搭乗機体[編集]

シグナス
艦長を務める。