ルクシオン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ルクシオン
外国語表記 Luxon
登場作品 バディ・コンプレックス
初登場SRW スーパーロボット大戦X
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ヴァリアンサー
型式番号 XV-7001
頭頂高 18.0m
所属 自由条約連合
カップラー 渡瀬青葉
テンプレートを表示

ルクシオンは『バディ・コンプレックス』の主役メカ。

概要[編集]

自由条約連合軍が開発した試作ヴァリアンサー渡瀬青葉が搭乗する。

2人のパイロットの感覚をリンクして、互いのヴァリアンサー同士の戦闘能力を向上させる新システムの「カップリングシステム」を搭載している。姉妹機のブラディオンと共に製造され、単機戦闘能力も高いが、ブラディオンとの連携でより高性能を発揮する。

カップリングシステムを起動すると「エアロスケイル」というエネルギーが結合した翼が機体から展開され、機動性が上がるほか、ブラディオンと協力して「コードT2ライズ」と呼ばれる敵弾を防ぎつつ特攻可能な新機能を使えるようになる。

登場作品と操縦者[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
初登場作品。第7話中盤で味方増援と共に登場する。
カップリングシステムは気力120が必要となり、それと同時に合体攻撃が可能となるので色々と工夫が必要となる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

アサルトライフル「M252A2ランスヘッド」
ルクシオンの主力兵装となるアサルトライフル。
ネクターソード「M10Nストライドエッジ」
格闘用のソード。通常はシールド内に収納される。
シールド
通常は左肩に装備し、システム起動時は背中に移る。

必殺技[編集]

ハイマニューバアサルト
アサルトライフルを連射した後に、ネクターソードとライフルの乱舞からソード単発での乱れ斬りを決める。ブラディオンのものと異なり格闘属性のP武器になっている。

合体攻撃[編集]

ユニゾライズコンバット
ブラディオンとの合体攻撃。
カップリングシステムを発動後、お互いが背中合わせになりつつエアロスケイルを展開、接近してネクターソードでXの字に敵機を斬り裂く。
ルクシオン側は射程1~4のP属性で長射程非P属性のブラディオンとは対になっている。これにより相方のディオにヒット&アウェイを付けることで合体攻撃を交互に撃ちながら進撃するという荒業が可能である。

特殊能力[編集]

カップリングシステム
気力120で発動。青葉かディオが精神コマンド閃き集中必中直感を使用すると、相手にもそれがかかる。
シールド防御
盾装備。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

全ての武器の攻撃力+200
ボーナスとしては地味な部類だが、ルクシオンは格闘・射撃・合体と武器パターンが多彩であるため堅実かつ有益である。

機体BGM[編集]

「UNISONIA」
X』で採用。オープニングテーマ。限定版は唄付き。
「カップリング・モード」
『X』で採用。こちらは「ユニゾライズコンバット」使用時に使われる。

関連機体[編集]

ブラディオン
ルクシオンの姉妹機。
ルクシオンネクスト
ルクシオンの後継機。