ソリス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ソリスとは、『スーパーロボット大戦X-Ω』に登場する組織。

概要[編集]

アルファオメガが火星遺跡襲撃事件を受け解散された後、同事件の調査を目的として結成された。スプリッターをはじめとした敵対勢力との戦闘を想定して人型機動兵器・ハインヘルムが配備されており、構成メンバーもそのパイロットを中心としている。

結成から日が浅いためかH.I.A.W.Dへの合流はしておらず(そのため、メンバーはアサヒやシャッテが生存している事を知らない)、火星での任務に向けたシミュレーターとスプリッターのレプリカを用いた実機による戦闘訓練が中心で、その傍らCM出演やアイドル活動などの対外プロモーションといった活動も行っている。

2018年9月のイベント「それは、小さなキセキ」にて(シナリオ上における)初実戦を経験、2019年1月のイベント「帰らぬ日々」にてようやく主任務である火星遺跡調査に乗り出すも突如現れたオルブロの生き残り・ナイアーラの襲撃を受け、ハインヘルム各機も修復不能のダメージを負うなど壊滅的打撃を受ける事となった。

2019年4月のイベント「それは、とても大切な」では、火星での一件が原因で組織の解体寸前まで追い込まれるも、グーニラが起死回生のためにメルスギアを製作。以前より大幅に少人数体制となりながらも再出発を図る。

所属者[編集]

ネームドキャラクターには全て「ファーストネームとファミリーネームが同じ文字で始まる」という特徴を持つ。

パイロット[編集]

当初はオリーブら4名で活動、その後エリートメンバーのドルテら4名が合流し、続いて教官のジギーが招聘されている。

オリーヴ・オペール
アルファオメガ団員。ソリス転属の際にオペレーターからパイロットへ転向した。
ベルタ・ベルンシュタイン
アマノミヤ・アヤメ
カタリーナ・カンパーニ
ドルテ・ドリーセン
エーメル・エルキン
フローリア・フランク
グーニラ・グレーナー
ハインヘルムの開発者。オリーヴと同じく元アルファオメガ団員。
ジギー・スター
ソリス教官。「スター」は通り名であり、本名は「ジギー・ジンデル」。

その他[編集]

メカニック
4人の戦闘訓練の監督を務める人物。ハインヘルムの整備も行っている縁の下の力持ち的存在。グラフィックは青年モブキャラクターの流用。
ニコラ・ニコラウス
ソリスのスポンサー。よくカタリーナに袖にされる。グラフィックは中年モブキャラクターの流用。サポートユニットとしても実装されている。

運用兵器[編集]

ハインヘルム
主力兵器。パイロットごとに専用機体が存在する。
ハインヘルム強襲型ハインヘルム強防型ハインヘルム強火型
過去の戦闘訓練のデータを基に開発された改修型。各タイプに応じた追加パーツを装備。
ハインヘルム改
エリートチームに配備されている改良型。
ハインヘルム・ウーラ
ジギー専用機。センサー類が強化された指揮官仕様。
メルスギア
ナイアーラとの戦闘での敗北後にグーニラが新たに製作した機体。汎用性を重視したハインヘルムとは違い、それぞれのパイロットの特性に合わせた専用機化が施されている。

余談[編集]

  • 概要の解説通り、真面目な背景を持っている組織なのだが、ソリス関係のイベントの大半がギャグイベントという訳の判らない状況が続いている。特にオリーヴを巡る争奪戦(?)はカオスな事態になることが多い。
    • 2018年度から徐々にシリアスな雰囲気のイベントも見られるようになっている。
  • また、当初はソリス関係のイベントはソリスメンバーのみで行われていたが、徐々に他版権作品のキャラクターを交えるようになっている。