グーニラ・グレーナー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グーニラ・グレーナー
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 前田愛
デザイン 渡邉亘
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 パイロット
サポートユニット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 作中で「大人」と言っているので少なくとも20歳以上
所属 アルファオメガソリス
役職 パイロット
テンプレートを表示

グーニラ・グレーナーは『スーパーロボット大戦X-Ω』の登場人物。

概要[編集]

ソリスのエリートチームのメンバーの一人で、ハインヘルムシリーズの開発者。元アルファオメガ団員。

自身の開発したハインヘルムを「娘」と呼ぶほど溺愛している。パイロットも務めるが、機動兵器の操縦技術はないため搭乗時は専用に開発した搭載AI「人工知能くん」に操縦等を任せている。どちらかというと人を振り回すことが多いが、科学者である為か常識的な面も持ち合わせており、ツッコミに回ることも決して少なくない。人を振り回すときにはあくまで常識内の範囲で振り回したり冗談を言ったりするのに対して逆に振り回されるときは非科学的な事やとても理不尽なことであることが多い。作中では「大人」と言っており、子供っぽい一面があるがオリーヴの独断行動の責任を代わりに負おうとしたり、調子が悪かったフローリアに対して論して立ち直らせたりするなどきちんと大人としての役割を果たしていることもある。

登場作品と役柄[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2017年10月のイベント「姉ちゃんなんか大っ嫌い!」にて初登場。2018年1月のイベント「人工知能オリーヴ君!」にて専用ハインヘルムが初実装され、2018年2月のイベント「花と星」にてボイス付きパイロットパーツが実装。
専用のハインヘルム改は、いずれもダメージ軽減系のアビリティ[1]と味方全体へのバフアビリティを持つのが特徴。
シナリオ上でもオリーヴと同じ所属だったため、重要な場面ではオリーヴに次いで出番が多い。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

X-Ω
鉄壁閃き激励
パイロットパーツ装備時
不屈閃き+、激励
メルスギア(パイロットパーツ装備時)
閃き+、祝福

アビリティ[編集]

X-Ω

※EXアビリティはVSバトルモード時のみ効果が発生する。

  • ノーマル(強襲・アタッカー)
アビリティ名 効果 備考
インファイトLv.2 ノーマル:攻撃力、移動速度アップ
VS:攻撃力10%アップ、行動力250アップ
ハインヘルム愛 ノーマル:全属性のダメージを大きく軽減
VS:全属性のダメージを80%軽減するバリア
人工知能君 ノーマル:攻撃にバリア貫通、防御無効効果付与
VS:攻撃力30%、命中率、回避率、防御確率100%アップ、行動力600アップ
自称天才科学者 ノーマル:味方全体の攻撃力、クリティカル倍率アップ
VS:味方の状態異常耐性25%アップ、行動力250アップ
[EX]HP強化Lv.5 バトル開始時、最大HPが12000アップ
  • 私服(強火・シューター)
アビリティ名 効果 備考
ハインヘルム愛 ノーマル:全属性のダメージを大きく軽減
VS:全属性のダメージを80%軽減するバリア
おもてなしのプロ ノーマル:味方全体の命中率、クリティカル倍率アップ
VS:攻撃力30%、命中率、回避率、防御確率100%アップ、行動力800アップ
最大限のサービス精神 ノーマル:HP満タンで、クリティカル率特大アップ、攻撃速度、攻撃力大アップさらに攻撃時、敵の装甲を一部無効化する
VS:アタッカーから受けるダメージを50%軽減
溢れ出る自信 ノーマル:HP4/5以上で、通常攻撃に貫通、HP回復効果を付与(敵を撃破時、効果は発動しない)
VS:味方の状態異常耐性25%アップ、行動力250アップ
[EX]コアジェネレートLv.1 自分のターン開始時、自分のタイプと同色コアを1つ獲得
  • 水着2018夏(強防・ディフェンダー)
アビリティ名 効果 備考
援護防御Lv.2 ノーマル:HP2/3以上で、装甲大アップ
VS:HP1/3以上のとき、装甲20%アップ
ハインヘルム・ラヴ ノーマル:全属性のダメージを大きく軽減する特殊装甲
VS:全属性のダメージを70%軽減する特殊装甲
空飛ぶ人工知能君 ノーマル:生存している味方ユニット1体につき攻撃力大アップ、クリティカル率アップ
VS:CRTダメ30%、命中率、回避率、防御確率100%アップ、行動力800アップ
徹夜の成果 ノーマル:味方全体のクリティカル率、移動速度大アップ
VS:味方のCRTダメ、状態異常耐性25%アップ、行動力250アップ
[EX]コアジェネレートLv.1 自分のターン開始時、自分のタイプと同色コアを1つ獲得
  • 新Pスーツ(強火・ブラスター)
アビリティ名 効果 備考
複雑な想い ノーマル:HP2/3以上で、攻撃力、命中率、クリティカル率大アップ
VS:攻撃力、CRTダメ50%、命中率、回避率150%、防御確率100%アップ、行動力1300アップ
ノーマル:ハインヘルム・ラヴ ノーマル:全属性のダメージを大きく軽減する特殊装甲
VS:全属性のダメージを70%軽減する特殊装甲
防塵処理 ノーマル:味方全体にスロウ耐性を付与
VS:自分以外の味方が精神スキル発動時、攻撃力、CRTダメ、命中率20%アップ
自称天才のひらめき ノーマル:味方全体の移動速度、攻撃力大アップ
VS:味方のCRT率、状態異常耐性30%アップ、行動力400アップ
[EX]練撃 通常攻撃で、敵のバリア貫通、分身無効
  • メルスギア・ザヴァス(ブラスター)
アビリティ名 効果 備考
スーパー人工知能君 ノーマル:攻撃力、命中率、回避率、移動速度、クリティカル率大アップ
VS:攻撃力、CRT率50%、命中率、回避率250%アップ、行動力1500アップ。さらにバトル開始時、最大HPが30000アップ
愛しい娘 ノーマル:全属性のダメージをとても大きく軽減する特殊装甲
VS:全属性のダメージを90%軽減する特殊装甲
追いつけない背中 ノーマル:通常攻撃の吹き飛ばし効果アップ、さらに必殺スキルに回避率大ダウン効果を付与
VS:敵からダメージを受けるごとに、HP20%回復し、弱体化を解除。さらに50%でレインボーコアを獲得
支援特化型メルスギア ノーマル:味方全体の攻撃力、命中率、移動速度大アップ、クリティカル率、クリティカル倍率アップ
VS:味方のCRT率、CRTダメ30%、命中率150%アップ、行動力1000アップ
[EX]強化タフネスLv.3 HPが1/5以上のときに、4回まで致命ダメージに対して残りHP20%で耐える
[EX]タフネスリカバリ タフネス発動時、状態異常、弱体化を解除
  • メルスギア・ザヴァス(Ω)(ブラスター)
アビリティ名 効果 備考
0からのスタート ノーマル:クリティカル率、命中率特大アップ、攻撃力、回避率、移動速度大アップ、攻撃速度アップ
VS:攻撃力、CRTダメ50%、命中率450%、回避率250%アップ、行動力2800アップ
深い愛情 ノーマル:全属性のダメージをとても大きく軽減する特殊装甲
VS:全属性のダメージを100%軽減する特殊装甲
天才を超える大天才 ノーマル:通常攻撃の吹き飛ばし効果大アップ、さらに必殺スキルに回避率大ダウン効果を付与
VS:味方Vコスト5以下のユニットはCRT率50%、命中率300%アップ、行動力1500アップ
真実の先 ノーマル:味方Mサイズユニット全体の攻撃力、命中率、移動速度、クリティカル率、クリティカル倍率大アップ、HPアップ
VS:特殊回避を無視して攻撃できる
[EX]強化タフネスLv.5 HPが1/5以上のときに、6回まで致命ダメージに対して残りHP20%で耐える
[EX]タフネスリカバリ タフネス発動時、状態異常、弱体化を解除
[EX]コアジェネレートLv.2 自分のターン開始時、自分のタイプと同色コアを2つ獲得

サポートアビリティ[編集]

即席改良
SSR。戦艦搭載中、味方全体の装甲大アップ。
イラストは私服。

人間関係[編集]

オリーヴ・オペール
同じく元アルファオメガ団員。火星での悲劇を乗り越え前に進もうとする彼女の覚悟を買っており、ハインヘルムを預けるに相応しいと認めている。オリーヴを振り回すことが多いが、彼女の覚悟を聞いて送り出したり、オリーヴの独断行動の責任を負おうとするなど大人としての器も見せている。最初はカタリーナとエーメルのオリーヴへの入れ込み具合に疑問を持っていたが、後に「あの2人がオリーヴを好きになった理由が分かった気がする」と考えを改めている。
エーメル・エルキン
チームメイトの1人。逆に振り回される事がある人その1。普段は振り回してツッコミを入れられる方だが、オリーヴの事が絡んで暴走した彼女の発言や行動にツッコミを入れることも増えてきている。オリーヴと出かけようと(恐らく彼女は冗談で)誘いカタリーナと共に止められた時にすぐに謝っている為、オリーヴ絡みで怒らせたときには本気でビビっている様子。
カタリーナ・カンパーニ
逆に振り回される事がある人その2。彼女と自分の愛しているハインヘルムと彼女の愛しているオリーヴのどっちが上かという変な勝負を行った。また、自分のハインヘルムに搭載されている人工知能をオリーヴの声だけに変えて作ってほしいと頼んだカタリーナに普段は人を振り回す立場の彼女も流石に終始振り回される事になった(一部本人もノリノリだったが)。こちらもエーメルと同じでオリーヴ絡みで怒らせると本気でビビっている様子。
ジギー・スター
アルファオメガ時代からの旧知。グーニラが唯一名前を呼び捨てにし、タメ口を利きあうなど等身大で接している数少ない人物。
クン・インユェ
アルファオメガ時代の上司で師匠。彼女を超えることを目標としていたが、行方不明となったため果たされることはなかった。幸か不幸か、その正体はまだ知らない…。その後、ヴァンオメガになった彼女と再会。事のあらましをオリーヴと共に聞くことに。どうやら道徳的な面では彼女とは馬が合わなかった様子。その後は電子戦の特訓相手に。自分がわざと負けた際には怒り、本気の自分に勝つまで諦めない姿勢に機体になりながらも疲労感を感じている。
ミリュー・ジュスト
アルファオメガ時代の先輩。彼女とは木星カリストの遺跡で再会する。その後、「真実の先へ」にて電子戦の特訓相手に。

版権作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

シュバルツ・ブルーダー
「お姉ちゃん忍法帖」より。偶然彼らの忍術を見て、「覚えたらベルタが喜ぶ」という思いから、忍術を教わるドルテに巻き込まれる形で彼らの忍術に自らのテクノロジーで対抗する。
シン・アスカルナマリア・ホーク
「それは、小さなキセキ」より。ザフトにアクシデントによりザフトで彼らと一時的に過ごす。
ソレスタルビーイングジュドー・アーシタルー・ルカ
ストーリーシナリオ及びイベントシナリオ「環の結び目」で関わる。木星カリストの遺跡で彼らと共闘する。

リアル系[編集]

フレア・ブランエレナ・ピープルズ
「グーニラ博士のおもてなし術」より。グーニラとエーメルのおもてなしを手伝った際に出会った。フレアは普通にもてなし、エレナには(恐らく怒られると全員に評価されたおもてなし計画)グーニラの寸劇を一緒に行った(実際に機体を動かしたりしたので発案者のグーニラだけ怒られたが)。
キューティーハニー (Universe)天霧静流
「愛と冥府の戦士」より。直接共演したわけではないが、二人と一緒にいたベルタやアヤメにエールを送るときに姿は見ている可能性がある。
泉野明香貫花・クランシー篠原遊馬後藤喜一斯波繁男
「二課とソリスの長い一日」より。合同の演習を行う。
スバル・イチノセ
「BY NECESSITY」より。こちらもハニー達同様、直接共演したわけではないが、オリーヴの訓練中にデュランダルが飛んできているようで、誰の機体かを気にしていた。
キリコ・キュービィーブールーズ・ゴウトバニラ・バートラーココナ
イベントシナリオ「カウントダウン・失楽園」にて危機に陥っていた所を救出してもらっており、続くイベントシナリオ「カウントダウン・白日夢」にて事情を聴く。

スーパー系[編集]

ビッグボルフォッグ
「お姉ちゃん忍法帖」より。経緯は上記のシュバルツと同様。
ルネ・カーディフ・獅子王光竜闇竜
ボルフォッグと同様「お姉ちゃん忍法帖」より。ドルテの修行を見学していたが、対決に巻き込まれる前に砂遊びをしており彼女の独特の感性故に光竜・闇竜を機体として扱わず女子として扱っていた。後にイベントシナリオ「カウントダウン・白日夢」にて再会。
ユング・フロイト
「帰らぬ日々」より。火星の調査に同行した。
大河幸太郎
「カウントダウン・白日夢」にて。解体派を追い詰めたところを拘束してもらっている。

名台詞[編集]

「君は真面目だね。真面目で自分に厳しく、そして誰よりも優しい子だ」
フローリア「な、なにを言っていますの!?」
「でもね、フローリア君。これだけは忘れないでいてくれ。君は誰のためでもなく、君のために戦っていいんだ」
「君の生命は、君だけのものなんだから」
フローリア「博士…」
「大丈夫、君ならできるさ」
「君はこの天才の私が自ら選んだ、誰にも代えることができないたったひとりなんだから」
フローリア「博士、それプレッシャーですわよ?」
「でも、好きだろ。追い詰められるのが?」
機動警察パトレイバー』とのコラボイベント「二課とソリスの長い一日」より。
HOSにより暴走した香貫花零式からエーメルのハインヘルム改を守ることができず、「ハインヘルムの正規パイロットの座をオリーヴから奪った私達には責任がある、なのにこの体たらくではオリーヴたちに申し訳が立たない(要約)」と自責の念にかられ自信を喪失したフローリア。
しかしグーニラはそんなフローリアの葛藤と、ハインヘルムの正規パイロットの立場に対する強い責任を感じていたことを見抜き、不器用ながらも彼女を諭し、自信を取り戻させるのだった。
普段はマッド・サイエンティスト的なエキセントリックさが目立つ彼女であるが、そんな彼女も「大人」としての一面をしっかり持っていることがわかる一幕。
後藤「…お互い苦労しますなぁ」
「いやいや、苦労をかけてるのは私の方です」
後藤「それはこちらも同じでしてね」
「私は人を育てるなんてできない人間なんです。だから、思ったことを言うしかない」
後藤「それでいいんじゃないですかね。若者ってのは勝手に育ちますから」
「後藤さん…」
後藤「はい?」
「ここ、禁煙です」
同じく「二課とソリスの長い一日」より。自分が戦えないぶん、最前線に立つパイロットたちに主に自分のマッドなハインヘルム愛で苦労をかけているという自覚はあるようだ。
彼女の不器用なりの優しさが垣間見えるワンシーン。しかし、オチが付くのが『パトレイバー』らしいというか…。

搭乗機体[編集]

ハインヘルム改 強襲型 / 強火型 / 強防型
メルスギア・ザヴァス
ナイアーラとの戦闘での敗北後に新たに製作された機体。グーニラの戦闘スタイルに合わせ、支援特化型に設定されている。

脚注[編集]

  1. 強襲型、強火型はバリア、強防型は特殊装甲