ガンダムAGE-1グランサ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガンダムAGE-1
グランサ
外国語表記 GUNDAM AGE-1 GLANSA
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 海老川兼武
初登場SRW スーパーロボット大戦BX
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツガンダムタイプ
開発者 フリット・アスノ
全高 18.0 m
重量 93.1 t
所属 地球連邦軍(ディーヴァ所属)
テンプレートを表示

ガンダムAGE-1グランサは『機動戦士ガンダムAGE』の登場メカ。

当記事では補足も兼ねて、ガンダムAGE-1についても記述する

概要[編集]

三世代編に登場。アセム編から運用されているガンダムAGE-1 フラットを改修し、増加装甲を施した機体。

攻撃力と防御力の強化に重点を置いており、それをカバーするだけの機動力も有する。装甲はパージも可能。

ルナベース奪還戦およびラ・グラミス攻防戦において投入され、フリットの高い戦闘技量と相まり、ロールアウトから既に半世紀近く経った旧式機体にも関わらず、目立った損傷もなく終戦まで戦い抜いた。

なお、現役時代と異なり砲撃戦特化になっているのは、フリットが老齢で肉体的に衰えが来ているため、身体に負荷のかかる接近戦を極力避けるため、という事情がある。

AGE-1 ガンダムAGE-1 ノーマル/AGE-1F ガンダムAGE-1 フラット[編集]

グランサの素体である地球連邦軍が開発した戦闘用モビルスーツ。フリット・アスノが所持していたAGEデバイスの中にあった設計データを基にスペースコロニー・ノーラのアリンストン基地で7年の歳月をかけて完成させた劇中における「始まりのガンダム」でもある。その名前と姿は伝説のモビルスーツ「ガンダム」に由来している。 最大の特徴としてAGEビルダーとの連携による戦闘学習システム「AGEシステム」と四肢換装システム「ウェアシステム」が搭載されており、戦闘でデータを収集する事によってAGEビルダーが換装パーツ「Gウェア」や追加武装を設計してくれる。

性能は当時の主力MSであったジェノアスよりも非常に高く、UEに対する決定打も欠けていた連邦軍の貴重な戦力として重宝され、コウモリ退治戦役を始めとする多くの戦乱において活躍する事となる。本来のパイロットとしてはラーガン・ドレイスを予定していたが、彼がガフランとの戦いで負傷したため、以後はパイロットをフリットに譲っている[1]

アセム編においても、AGE-2完成前となる学生時代のアセムの愛機として登場しヴェイガンの尖兵をいくつか跳ね除けた。こちらはビームサーベルを二刀流にした戦闘スタイルが見られており、OVA『MEMORY OF EDEN』ではアセムの戦闘スタイルに合わせてか新たにソーディアウェアが造られている。

また、AGE-2の配備以後はAGEシステムを撤去された『AGE-1 フラット』として登場。胸部のコアユニットに蓋がされている他、AGEシステムの代わりに指揮管制システムを搭載しており、指揮官機としての性能が上昇した[2]。また頭部カメラ類の色が白に近い黄色へと変わっているが、元々目線が細いことに加えそれに伴い重装甲化や武装追加によりヴェイガンへの復讐鬼と化したフリットを象徴する印象を与えている。

終戦後に建造された「ガンダム記念館」では、AGEシステムを戻された『AGE-1 ノーマル』の状態で展示保存されている。

強化装備形態[編集]

ガンダムAGE-1 フルグランサ
背部にグラストロランチャーを装備した形態。
小説版では最初からグラストロランチャーを装備しており、終始グランサのまま呼ばれている。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
初登場作品。参戦は終盤に差し掛かった第39話「どこにでもある『正義』」から。フラットおよびフルグランサ仕様は戦闘演出扱いとなっている。
フリットディーヴァサブパイロットに居座る都合上、撃墜数0で参戦時のレベルもディーヴァ時のままである。下手をすると、レベル差20なんてこともあるので注意。
しかし、第41話終了後に追加されるプラズマダイバーミサイルは、初期値が通常版・MAP兵器版共にまさかの9999。歴代作品どころか全スパロボ中でも第二位[3]の火力を誇り、レベル差もすぐ埋まるようになる。第1位はジムの神様なので、リアル系では文句無しでぶっちぎりの第1位である。数値9999の武装が三つも並ぶ様は圧巻。(もっとそれ以上の表記が可能な作品においては10000オーバーの武器が武装の半分以上を占めるバケモノユニットも居るが)
通常武器とMAP兵器の両方が存在するが、弾数共用である点と、MAP兵器版には味方識別が無い点には注意。
ステータスはやや耐久よりだが、旧式の改修機ということもありステータスは全体的に控えめ。特に運動性はかなり低いが、フリットのXラウンダー能力である程度はカバーが効く。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ビームダガー
AGE-1ノーマル完成時から存在する基本兵装で、両腰部に1基ずつマウントされている接近武装。刃を調節する事で出力・長さを変えられる。SRW未使用。
ビームサーベル
ビームダガーの出力を上げて長剣状にした状態。電磁シールドにも有効打となる。SRW未使用。
シールドライフル
両腕に装備された攻防一体の武器。射撃用のドッズライフルとビームサーベル発生器、シールドの機能を纏めている。
ドッズライフル
射撃用武器。二枚の板状のバレル。
BXでは「シールドライフル」名義。
ビームサーベル
シールドライフルからビームサーベルを発振する。取り回しのよさから劇中ではビームサーベルよりこちらを使っていた。
BXでは「シールドライフル(サーベル)」名義。
シールド
基部となる防御装備。
ミサイルランチャー
両肩と両脚部に6門搭載。SRW未使用。

オプション装備[編集]

グラストロランチャー
大型ビームキャノンとスラスターが一体化した追加武装。アセム編にてガンダムAGE-1フラットに装備されたゼフルドランチャーの発展型。これを装備した状態を『ガンダムAGE-1 フルグランサ』と呼ぶ。
なお、小説版ではゼフルドランチャーに搭載されていた前線指揮統制能力も使用可能。
プラズマダイバーミサイル
地球連邦軍の大量破壊兵器の試作型。MS用の発射ユニットを使用して発射する。その際、フルグランサのままでは取り回し面で難があるので増加装甲をパージ、『ガンダムAGE-1フラット』となる。本編では攻撃目的での使用は未遂に終わっているため威力は未知数であるが、実際に発射した時には戦略級といえるほどの大爆発を起こしていた。
その為『BX』では、使用できるのも原作再現終了後…だが、シナリオの都合上東京等の人口密集地でも使用可能となっている。
ヴェイガンが使用していた大量破壊兵器「コロニーデストロイヤー」とそっくりな形状をしており、「かつて自身が体を張ってまで止めようとした悪魔の行為と、まるっきり同じことをしようとしている」という皮肉な絵図となっている。
『BX』では威力9999オーバーでAGE-1最大の長所となる武器。MAP兵器版も存在するが、両方で弾数1を共有するので使いどころが肝心。
余談ながら上述した通りの法外な威力や発射体勢から、フリットと声が同じ人何もしちゃいないまま死んだあの作品のMAP兵器を連想する人もいるかもしれない。
小説版の設定だと「プラズマフィールドを形成し特定の細胞組織(人体など)をマイクロ波で焼き尽くす」いわば「携帯型サイクロプス」とでもいうべきものとなっている。

必殺技[編集]

フルバースト
フルグランサ状態になり、シールドライフルとグラストロランチャーを一斉射する。

合体攻撃[編集]

トリプルジェネレーション
BXで使用。同機とガンダムAGE-2ダークハウンドガンダムAGE-FXとの合体攻撃。

特殊能力[編集]

SRWでは特殊能力としての分離は持っていない。

剣装備、銃装備、シールド
切り払い撃ち落としシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

宇宙
飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体ボーナス[編集]

BX
  • 初期段階:装甲値+100 HP+500
  • 第二段階:装甲値+150 HP+750 射程+1
  • 第三段階:装甲値+200 HP+1000 射程+2
  • 最終段階:装甲値+200 HP+1500 射程+2 照準値+5
耐久系のボーナス。

対決・名場面[編集]

過去との対峙
小説版より。セカンドムーンのヴェイガンを殲滅せんとするフリットのAGE-1グランサの前に、それを否定し止めようとするキオのAGE-FXが飛び込んでくる。発動したFXバーストモードの光の中、精神世界へ誘われたフリットは、ユリンやウルフ、グルーデック、ドン・ボヤージら失った者達の意志と邂逅する。しかし、彼らの言葉を受けてなお、フリットはヴェイガン殲滅の意志を頑なに貫こうとする。全てが終われば、大量虐殺者の自分を若者が討って平和を取り戻せばいいと、なろうとしたはずの「救世主」すらかなぐり捨てて。
その時、AGE-1グランサの前に、フリットを否定する叫びと共に一機の白いモビルスーツが現れる。今や懐かしいその名は、ガンダムAGE-1。それを操るのは、他でもない、記憶の彼方に消えたはずの少年時代のフリット自身だった。
憎むべき敵のやって来たことと、今自分がやろうとしていることは、何も違わない。AGE-1同士の激突の中でその事実を突きつけ、救世主になることすら諦めようとしている未来の自分を断罪する少年のフリットは、怒りを込めた一撃で虐殺の装備に身を固めたグランサを撃墜する。そして、現実へと立ち返ったフリット・アスノは、あの日、自分がどうして助かったのか、なぜ今まで生き延びてこられたのかを知った。それは、フリットの中の英雄が、真に目覚めようとする証だった。

関連機体[編集]

換装形態[編集]

ガンダムAGE-1 タイタス
肉弾戦による近接格闘形態。ノーマル同様SRW未登場。
ガンダムAGE-1 スパロー
手持ちナイフ「シグルブレイド」による高速戦闘形態。ノーマル同様SRW未登場。

後継機体・関連機体[編集]

ガンダムAGE-1 2号機
外伝『UNKNOWN SOLDIERS』に登場。余剰パーツで作られたAGE-1で、量産型のアデル及びウェア換装システムとは別の機体拡張システム「アサルトジャケット」のテストヘッドとして運用された。実質、グランサのプロトタイプとも呼べる機体でもある。
ガンダムAGE-2ガンダムAGE-3ガンダムAGE-FX
後継機。
アデル、アデルマークII
AGE-1の量産機で、同様にウェア換装機能を持つ。
ザ・ガンダム
AGE-1を開発する際に参考にしたアスノ家に飾られていた「救世主」と呼ばれた肖像画のMSを、各種文献やフリットの生前の証言などを参考に復元したMS。

余談[編集]

  • 放送時、『週刊少年サンデー』に掲載された読み切り漫画「はじまりの物語」において、AGE-1 ノーマルは背中に巨大な風車を取り付けてヴェイガン機を撃破するという『機動武闘伝Gガンダム』のモビルファイター・ネーデルガンダムのような姿を披露している。
    • ファンからは、この形態は「AGE-1ネーデル」という通称で呼ばれている。なお、この戦法はAGEシステムの「敵の特性に合わせて武器を選択する」という初期設定を使用したもの。
  • 改修に改良を重ね約50年、三世代戦い抜いた名機であり、ガンダムシリーズ全体を見てもこれだけ実戦配備されていたMSは珍しい。

商品情報[編集]

脚注[編集]

  1. ラーガンは後に建造された2号機の方に搭乗する事となる。
  2. ガンプラでも番号が振られていない蓋のパーツが付属しており再現が可能。なお、後に発売されたAGE-1グランサでは白一色のシールも付属している。
  3. 実際は内部数値で9999以上あり、改造でも上昇するが、イデオンが同じ仕様のため第2位に落ち着いている。ちなみに威力は15段階改造で通常武器版が12499、MAP兵器版が12249。なお、パイロット養成やスキルパーツをフル使用した上で歌や精神コマンドをフル活用した際の最終ダメージは両作のシステムの都合上イデオンをぶっちぎりで上回っている

資料リンク[編集]