2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

大雷鳳

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
大雷鳳
外国語表記 DYLIOH
正式名称 ダイナミック・ライトニング・オーバー
登場作品

バンプレストオリジナル

分類 ダイナミック・ゼネラル・ガーディアン【3号機】
型式番号 DGG-XAM3C
全高 53.8 m
重量 148.6 t
動力 プラズマドライブ
プラズマコンバータ
MMI システムLIOH
原型機 雷鳳
開発者 ミナキ・トオミネゼンガー・ゾンボルト(強化改修)
所属 αナンバーズ
パイロット トウマ・カノウ
デザイン 土屋英寛
テンプレートを表示

概要[編集]

雷鳳テスラ・ライヒ研究所の協力を得てカスタマイズした機体。

長所を伸ばす方向で強化されており、パワーの向上を図っている。プラズマ・コンバータの出力アップ及び、増加した重量をカバーする為に全身にブースターを内蔵している。長所を伸ばす方向に強化した為、攻撃力は高いが、雷鳳の短所はそのまま残っている。

しかし、機体強度・スピード・パワーのバランスが悪く、トウマ・カノウ以外のパイロットでは歩行すら困難なピーキーな機体になってしまった。そのピーキーさは、後述の『神雷』を使用する際の危険性が物語っており、明確な設計ミスが存在するという点では『欠陥品』という言い方も成り立つ。例えるなら雷鳳が150キロ以上の速度で飛んでいく野球ボールとすれば、大雷鳳は時速200キロで飛ぶボウリングの球であり(前者は弾かれるが、後者は言うまでもなく砕け散る)、正に『諸刃の剣』と言えるだろう。

出力を抑えた戦闘なら問題なく展開できるが、過酷になっていく状況でそんなことは到底言っておられず、トウマは100%で戦えるようにある秘策を講じることになる。その結実が奥義『神雷』である。 「システムLIOH」のサポートなしで100%の力で戦うと機体もろともトウマまで破壊されるという設計ミスに対して、高速一点集中破壊を行なう事で成功した脅威の必殺技である。

なお、完成にテスラ研の協力があった事と、開発者のミナキ・トオミネの意向から、正式にDGGの3号機にナンバリングされている。ちなみに、大雷鳳は当て字を用いた略称であり、正式名称は『ダイナミック・ライトニング・オーバー』。開発に携わったゼンガー・ゾンボルトが名付け親と思われるが、詳細は不明。

前述の通り徹底的にトウマに合わせた改造と調整が施されており、外観としてはスマートな印象だった雷鳳に対し、腕に比して脚部が異様に太いアンバランスな外観となっている。更に背部にはブースターも装着されており、蹴りを主体とする戦闘スタイルなので方向性は正しいのだが、それを極限まで特化させた結果がこれである。

なお、システムLIOHは雷鳳の時に封印されたが排除はされず、システムそのものは万が一のため大雷鳳にも搭載されているが、後に使用せずとも大雷鳳の力を100%以上発揮できるようになる。

雷鳳同様、コックピットは大きめに作られており(DMLシステム搭載機はその特性上コックピットにゆとりがある事がDW以降の作品で設定されている)初登場時にはミナキも同乗している。

また、後述のバランとの戦闘で敗北するまでは雷鳳の頭部にマスクを装着した外見(初登場時のムービーで確認できる)だが、再改修時に眼帯を右アイカメラ部に被せた外見になる。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
本作のスーパー系男主人公の後半機。デフォルトで飛行可能になっている。第35話でこの機体になるが、必殺技『神雷』が追加されるのは第44話である。
ボス特化なだけあって攻撃力は高く、トウマの小隊長能力「格闘武器の攻撃力+20%」も合わさって屈指の威力となる。大雷鳳は武装全てが格闘武器であるため、ほぼ無条件で常時マジンパワーが発動している様なもの。更に、小隊攻撃で格闘武器を使う機体を小隊員に選んで支援攻撃を養成すると、小隊攻撃だけでもかなりのダメージを叩き出すようになる。
格闘戦&ボス戦に特化されている性能なため、攻撃力は高いが武器の射程が短く、全体攻撃の弾数も3発しかないなど、掃討戦になる雑魚相手は若干不得手という欠点がある。全体攻撃を使える回数が主人公機の中で最も少ない為、雑魚敵の攻撃に反撃して倒す事で数を減らすといった待ちのプレイスタイルの場合、ゲームシステム的に苦戦する可能性も。雑魚戦は小隊システムを活用して補おう。逆に、倒すべきボスがはっきりしている進撃戦では無類の強さを発揮する。さらにトウマが援護攻撃を最初からもっているため、位置取り次第では神雷を連発できる。
ちなみに演出面は第3次αの4主人公機の中で最も優遇されており、非常に派手な戦闘アニメーションだけでなく、ヴァイクランケイサル・エフェスを一撃で葬り去るといった特別イベントも用意されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ハーケンインパルス・ドライブ
両足のプラズマコンバータを使用し、脚部からプラズマを二発打ち出して攻撃する。反撃時に世話になる武器。
カウンタースパイク・チャージ
四肢のプラズマコンバータを使用し、プラズマを発生させ敵を捕らえ引き寄せて蹴飛ばす。
プラズマスパイラル・ダイブ
両足のプラズマコンバータを使用し、プラズマを纏いながら急降下蹴りを浴びせる。神雷以外の4つの技の内、唯一元の名前が残っていない。
ライジングメテオ・インフェルノ
以前のものよりも演出がかなり派手になっている。最初に殴りつけた後連続蹴りで蹴り飛ばして更に飛び蹴り、そこから相手を掴んで放り投げ、止めの一撃で木っ端微塵に蹴り砕く。
なお、この技以外では大雷鳳は攻撃に腕をほとんど使わない。
神雷
第44話で追加されるド派手な必殺技で、大雷鳳の力を限界以上に引き出すための秘策。放出された青いプラズマが鳥のような姿となって機体を包み込み、ゆっくりと上昇した後に渾身の飛び蹴りを放ち、更に回転蹴りで相手を蹴り飛ばした後、青かったプラズマの色が赤に変化して炎を纏ったようになり、蹴り飛ばした相手を超スピードで追い越した後に上空に舞い上り、そこからもう一発渾身の飛び蹴りを放ってそのまま相手に蹴りを決めた状態で地上に突っ込む。
技の使用時には、オペレーターを担当するミナキのセリフ付きカットイン挿入、フェイスガードが開き鼻梁と口が露わになった上、右目を覆うパーツが上がり瞳のある眼球が出現するという演出が入る。この状態ではダイゼンガーアウセンザイターと同じ顔つきとなる(正確には右目以外は雷鳳の状態になるが正しい)。
トドメ演出時には更に派手になり、着地した瞬間に巨大な火柱が上がり、その中からリアル描写の大雷鳳が飛び出してきて爆炎をバックにポーズを決めるという演出が最後にくる。
余談だが、この神雷のアニメーションを作るためだけに2ヶ月を費やしたという逸話があり、これが原因で発売が延期されたのではないのか言われることも。なお、本機のBGMのタイトルからも分かるように、読み方は『じんらい』である。
気力制限は2017年現在最高の150。バサラ&ミレーヌの歌があればたいした問題ではないが。

特殊能力[編集]

昨今の主人公機には珍しく特殊能力を一切持たない。その分常識外れの破壊力が光る。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

機体BGM[編集]

「疾・風・神・雷」
大雷鳳のデフォルトBGM

対決・名場面[編集]

疾・風・神・雷
バラン・ドバンに敗北を喫した後、雷鳳を降ろされたトウマ。しかし、ボスの叱責、そして街を襲ったゴラー・ゴレムの部隊に面した時、彼は自分が本来何のために戦っていたのかをようやく悟る。決意を新たにしたトウマに、ミナキは新たな力を託す。その名を呼ぶ大音声に応えて飛来したのは、大改修を経て生まれ変わった雷鳳だった。主と「大雷鳳」の名を得たダブルG3号機は、街を破壊する100機のエスリムを鎧袖一触に粉砕。駆け付けたαナンバーズ、そしてダイゼンガー・アウセンザイターと共に、新たな剣はゴラー・ゴレムを迎撃する。
再戦、ベミドバン
閉鎖空間で襲来するゴラー・ゴレム。ハザルに嵌められたバランは、そうとは気付かぬままアルマナのいる艦を叩き潰さんと迫る。以前の邂逅でアルマナとバランの関係を知っていたトウマは、その行いに激昂。一対一の勝負を挑む。誤解から始まった不毛な戦いは、またも大雷鳳の敗北で終わる。重傷を負って医務室に担ぎ込まれたトウマは、ただバランを超えようとしていた以前の理由ではなく「このままでは力が足りない、それでは何も護れない」と、かつて封印した禁断のシステムの解放を要請する……。
その名は「神雷」
消耗極まるαナンバーズに、容赦なくゴラー・ゴレムは攻撃を仕掛けて来る。指揮官ハザルの駆るヴァイクランを一時は追い詰めたものの、ハザルはアルマナを狙い大空魔竜に迫る。それに対してミナキが、ルリアに同乗したアルマナが出撃する。シュムエルを捨て身で援護するミナキだったが、そこにトウマの駆る大雷鳳が出撃。システムLIOHを解放しない不完全な状態では勝てない。しかし、トウマは今まで培ってきたすべてをもって限界を超えると宣言。そして限界を超えたトウマと大雷鳳は、誰もが目を疑う神速を超えた超神速の一撃でヴァイクランを撃退。システム稼動効率102.3%……それはまさに、人の力がマシンの限界を凌駕した瞬間だった。真の人機一体たるその一撃は「神雷」と名付けられ、直後に現れた鋼の戦神と共に逆転劇の幕が上がる。
雷神と猛将
義によって立ち上がったバランと共に一時の勝利を納めたトウマ達。しかしバランは主人に背いてしまった身であるとして本星への同行を断り、一人去ろうとする。そこに現れたトウマはバランに今までの自分を捨ててみろと諭し、喧嘩を売る。闘志を呼び起こされたバランはトウマの喧嘩を買い、敵味方の関係を超えて心の向くまま戦いを繰り広げる。全てはどちらが強いのか、行くべき道は何処なのかを確かめるために。トウマ篇屈指の燃えるシーンである。なお、トウマ以外の主人公だとこの一騎打ちはゼンガーが担当。
闘志、果てなく
「終焉の銀河」より。事の推移を見届けるヱルトリウムに、最後の悪あがきを図り接近するケイサル・エフェス。その前に立ちふさがった大雷鳳は、ダイゼンガーと共にそれぞれの奥義である「雲耀の太刀」と「神雷」という最強技の連携攻撃(両方とも射程1なのでこのイベントでしか見られない)で鉄槌を下した。
なお、このイベントで大雷鳳は750000ものダメージ(ケイサル・エフェスは防御状態。直撃なら1500000ダメージ)を叩き出す。ダイゼンガーも250000ダメージ(直撃なら500000ダメージ)を叩き出す為、このイベントは計1000000ダメージ(直撃なら2000000ダメージ)にも及ぶ超オーバーキルという、現在までに発売されたスパロボの中でシリーズ史上最大のダメージを叩き出したイベントとなっている(ちなみに2位は天獄篇31話のバルゴラ・グローリーSで、状況次第だが最大999999。3位がα3の42話におけるジェネシックガオガイガーのゴルディオンクラッシャーでパルパレーパを光にするシーンで難易度によって変わるが最大約680000)。

関連機体[編集]

ダイゼンガー
DGG系の機体1号機。
アウセンザイター
DGG系の2号機機体。
ジンライ
大本の姿。最強奥義が同名なのは何かの縁か?