メタビー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
メタビー
登場作品 メダロット
声優 竹内順子
デザイン ほるまりん
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
スペック
正式名称 メタルビートル
分類 メダロット
型式番号 KBT-01
全長 約75cm
重量 13.25kg[1]
テンプレートを表示

メタビーは『メダロット』の主役メカの一つ。

概要[編集]

天領イッキのパートナーであるカブトムシ型メダロット。メダロット発売当初から展開された旧式のメダロットであり、安定した性能を持つ射撃型の機体。「メタルビートル」のモデルとしては2代目にあたり、茶色がかったオレンジ色のカラーリングが特徴。

ロボトルの際はやたらめったら射撃を行ったり、射撃型でありながら直接格闘を行う事もあるなど、手が早く乱暴な性格でありイッキを振り回す事も多い。

なお、名前のメタビーは第1作の主人公・あがたヒカルのパートナーメダロットである初代メタビーと全く同じ名前であるが、アニメでは名前を決める際にヒカルが言った名前をイッキが採用し、漫画版では初代の活躍にあやかってイッキが名付けた[2]。そのため、互いのメタビーは明確な別メダロットであるのだが、二機とも揃ってパートナーを振り回すなど非常に似た性格であり、漫画版では初代の関係者一同から「似てる」と評されたり初代と同一機だと誤解される場面が多く描かれており、初代メタビーの旧知の仲であるロクショウですら初代と混同する程であった[3]

現在では「初代メタビー」の方は「めたびー」とひらがな表記になることが多い。

機体としての「メタルビートル」は第1作の頃からクワガタムシ型メダロットのロクショウと共にパッケージを飾るなど、メダロットシリーズを代表する機体であり、『1』『2』『R』『7』『DUAL』『8』『ガールズミッション』の7作で単独主役機、『3』『DS』で前期主役機を務めている。

一方キャラクターとしての「メタビー」は「3」の後半以降は後継型のKBTである「サイカチス」がデフォルトのボディとなっている。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2019年2月のイベント「友情と絆のメダロット」にて期間限定参戦。SR・SSRシューター。SSRは大器型。
立ち絵はアニメ準拠の2代目、3Dモデルは「3代目カラーの2代目[4]」という独自仕様となっている。

装備・機能[編集]

メダル [編集]

カブトメダル
「射撃」や「速度[5]」に対して適性を持つメダル。
紋様は最初はカブトムシの幼虫が描かれており、メダルの成長に伴い蛹から成虫へと変態する。
「5」や「7」以降では育て方によってはコーカサスオオカブトやヘラクレスオオカブトなどの紋様のメダルへと変化し、性格や修得メダフォースが変わる。

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ミサイル
頭部パーツ。頭のツノからミサイルを撃ち出す。漫画版では「反応弾」と呼ばれる事が多い。追尾性能を持ち、「3」以降は必ず敵機に命中する性質がある。
なお、初出の「1」では回避された際にランダムでダメージ、「2」ではヒットするかどうかが完全ランダムであった。
リボルバー
右腕パーツ。右前腕部に装備された単発のライフル。
サブマシンガン
左腕パーツ。左前腕部に装備された二連装機関銃。『X-Ω』では通常攻撃として採用。
オチツカー
脚部パーツ。二脚タイプの脚部で、機動性よりは装甲をやや重視している。

メダフォース [編集]

いっせいしゃげき
『2』におけるメダフォース。基本威力と装備パーツの攻撃力を合計したダメージを与える。
『X-Ω』では必殺スキルとして採用。
バーサーク
『2』におけるメダフォース。攻撃力の上昇。
ラストフォルム
『2』におけるメダフォース。攻撃力の上昇。

移動タイプ[編集]

二脚型であるため草原や森林のような地形で最大限の性能を発揮し、屋内戦や市街戦にも適している。

サイズ[編集]

SS
メダロットの全高はおよそ1m前後で、人間よりも小さい。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

X-Ω
閃き狙撃突撃
「メタビー/イッキ」名義。
パイロットパーツ装備時
必中不屈勇気

人間関係[編集]

天領イッキ
パートナーである少年。アニメ・漫画では彼を振り回しよく反発するが、ゲーム版ではイッキが大人しい性格のためか反発する場面はあまり無い。
初代メタビー(一号機)
『1』の主人公・あがたヒカルのパートナーである先代メタビー。アニメ版及び漫画版『4』において、それぞれ異なった形ではあるが激闘を繰り広げる事となる。

主な関連機体[編集]

ウィキペディアも参照。

ヘッドシザース
もう一つの主人公機であり、ライバル機種。
KBT-00 メタルビートル
『1』に登場する初代モデルのメタルビートル。以後のメタルビートルはこの機体のマイナーチェンジモデルである。
KBT-01 メタルビートル
『DS』以降に登場する3代目モデルのメタルビートル。胸部に会話用スピーカーのようなディテールがある。
KBT-05 サイカチス
『3』『4』『BRAVE』及びアニメ『魂』におけるメタビーの新たなボディ。新たに変形機構「メダチェンジ」を取り入れている。
バトル=コングロマリットMkIII(仮称)
ロボロボ団が計画したメタビーとロクショウの合体機体。肥大化したボディに四本ずつの手足とロクショウのツノが生えたメタビーの頭がついている。メタビーのパーツの強奪にこそ成功したものの、ロクショウは捕獲できなかったため机上論に終わる。
ジャイアントメタビー
アニメ最終話に登場したメタビーを模した巨大ロボット。ベルトサイズの巨大メダロッチを装着したイッキとメタビーらメダロット達が乗り込んで操縦を行う。武装はメタビーのものに加えロケットパンチが搭載されている。

商品情報 [編集]

脚注[編集]

  1. 身長、体重はテレビマガジン1999年11月号の記事による
  2. 漫画版では「あがたヒカルの活躍以降、KBT型にメタビーと名付けることが流行した」という設定があり、彼ら以外にも複数の「メタビー」が登場している。なお、このネーミングが広がりすぎたのかメダロット8の漫画では「由緒正しい名前」としてKBT型にメタビー、KWG型にロクショウと名付けた主人公が「ポチとタマかよ」と笑われてしまう場面がある。
  3. 漫画版ではさらに「カブトメダルが飼い犬によって拾われた」という共通点もある。
  4. ディテールは2代目だが、黄色のカラーリングや両肩パーツ先端の塗分けは3代目のもの。
  5. 「ライフル」「ガトリング」など、追加効果のない攻撃を示す属性。