キングゴウザウラー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
キングゴウザウラー
外国語表記 King Gosaurer
登場作品

エルドランシリーズ

デザイン 城前龍治
初登場SRW スーパーロボット大戦NEO
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 エルドランスーパーロボット
全高 70.8 m
重量 366 t
エネルギー 自然エネルギー
出力 1,800,000馬力
最高飛行速度 M9.8
最高走行速度 1620 km/h
装甲材質 エルドナイト系
開発者 エルドラン
所属 ザウラーズ
乗員人数 18名(だだし、乗り込むだけなら大勢乗り込める)
主なパイロット
【メイン】
峯崎拳一
【サブ】
立花浩美
朝岡しのぶ
白金太郎
火山洋二
テンプレートを表示

キングゴウザウラーは『熱血最強ゴウザウラー』の主役メカ。

概要[編集]

機械化帝国四天王の一人エンジン王が繰り出す合体機械化獣に対抗する為、ゴウザウラーマグナザウラーグランザウラーの3体が「超熱血合体」することで誕生したロボット。他のエルドランロボの最強合体との違いは、エルドランが準備していたものではなく子供達自身が作り上げた合体であるということ。

合体機械化獣はゴウザウラーなどに対抗するために開発された存在で、今までの機械王とは違う頭脳明晰なエンジン王はザウラーズを追い詰めた。そこで教授こと小島尊子は秘かに考案し、合体プログラムを一人黙々と組み上げ、検討を重ねながら初めてザウラーズにその案を提示した。しかし、その合体システムは色々問題点があり、クラス全員によるシステム構築と呼吸が合わないと完成しない。だがメインパイロットの峯崎拳一白金太郎火山洋二らが折り合わず、クラスメートのいざこざを解決する必要があった。なんとかそれを解決し、初めてキングゴウザウラーへの合体を試みるが、結果は失敗。痛烈な批判を浴びせられた教授はプログラム作成を放棄。ザウラーズの面々は、彼女に頼りきりだったのに、その苦労も知らず、無責任に批判していたことに気づいて反省。教授もまた、秀三の父親に諭されるのだった。中島先生と弥生先生の協力もあり、合体プログラム作成を再開し、全員のザウラーブレスの力を組み込むことで、キングゴウザウラーへの合体を成功させるのだった。

この合体シークエンスは拳一、浩美、しのぶ、金太、洋二の5人のザウラチェンジャーが発光し、拳一の「キングゴウザウラー、超熱血合体!!」の叫びと共にゴウザウラー、マグナザウラー、グランザウラーがブロック状に分離。ゴウザウラーを素体に腕部、腰部、主翼をグランザウラー、足部、背部をマグナザウラーが構成。そして召喚されたグラントプス頭部をゴウザウラーの胸部に被せることで完成となる。余剰パーツは、ランドステゴの背部、尾部、サンダーブラキオの頭部、マグナティラノの背部、グランジェットの機首、のみである。大量の余りが発生したグレートガンバルガーに比べ、合体機構は大幅に洗練されている。また合体バンクシーンでは3体のロボットはシーンが切り替わると既に合体パーツに変化しており、余剰を感じさせない。エルドランロボの特徴である巨大な翼はベース機のゴウザウラーから変わっていないが、元々かなり巨大なので合体により本体の方が釣り合うサイズになった。

しかし、合体プログラムは未完成であり、エネルギーの消耗が激しい上に関節部分も軟弱である(本機の複製品であるダークゴウザウラーの弱点にもなったが)。ただし、その火力は絶大で、全火器一斉発射や、必殺技の威力は絶大。

構成機体[編集]

ゴウザウラー
素体を構成。
マグナザウラー
足部、背部を構成。
グランザウラー
腕部、腰部、主翼を構成。

強化装備形態[編集]

ガクエンガー
最終決戦で登場。軟弱な構造を補うべく、エルドランの手で春風小学校をキングゴウザウラーの増加装甲とした。火器の性能も大幅に上昇している
物質復元装置を組み込み、その力で機械化された太陽系を元に戻すことに成功。機械神の猛攻で破壊されてしまったが、本体のキングゴウザウラーは無事だった為、機械神を撃破している。
尚、ガクエンガーの装甲である春風小学校は破壊されてしまったが、最終決戦後、エルドランによるものなのか、何事もないように元に戻っていた。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦NEO
初登場作品。エルドランロボの最強合体で唯一、シールド防御を持たなくなってしまった。その反面攻撃面は強化されており、エルドランロボで唯一MAP攻撃が追加されている。
そのマップ攻撃「キングスパルタン」は、ゴーショーグンのゴーフラッシャースペシャルに及ばないとはいえ、なかなかに強力。
さらに本作最大の4人のサブパイロットを擁するロボットということで多彩な精神コマンドを有しており、防御面を補うことも攻撃をさらに強化することもできる。3ユニット分の気力を上げるという合体条件の厄介さはあるが、それだけの価値があるユニットといえるだろう。
ちなみに、前述の欠点の通り、どちらかと言えば防御面は不安がある筈なのだが本作およびOEではエルドラン系の機体の中では防御が高い能力設定がされている。
スーパーロボット大戦Operation Extend
数度のスポット参戦を経て、第3章メイン11話-3「機械化帝国の巣窟」で正式加入。NEO同様に特殊能力は頑強のみだが、相変わらず強い。むしろ拳一の所持スキルが増加したことと合体条件の気力上げがゴウザウラーだけでよくなり条件が緩くなった事により、NEOよりもさらに強化されている。MAP攻撃持ちかつ応援・祝福が使えるため、纏めて敵を殲滅しつつSPを回復するという運用法が可能でLv上げ、資金稼ぎが重要な本作でも使いやすい。
演出面でもパワーアップしており、ザウラーキングフィニッシュに待望の恐竜アニメーションが付いた。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

キングバズーカ
両肩部に内蔵しているグランジェットの主武器。
OEでは特に特性を持たないが無消費で使える
キングショット
両脚部に内蔵しているマグナザウラーの主武器。
NEO・OE共に不採用。
キングランチャー
両肩に内蔵しているグランザウラーの主兵器。各肩8連装ミサイルランチャー。
NEOやOEでは「ロックオン」特性付き。
キングブレード
クリスタル製の大型剣。ザウラーキングフィニッシュ時は拳一、金太、洋二の3人がザウラーチェンジャー ガンモードを同時発射して召喚しているが、いきなり出現させたり、拳一の掛け声一つで胸部トリケラトプスの口から出現させることも可能。第45話と第48話では、しのぶが拳一の代わりを務めた(第45話では拳一が機械化の兆候で右腕に麻痺が生じて動かせなくなり、第48話では拳一が単身で機械大王の内部破壊を行うために席を離れたため)。
尚、原作ではメガキャッスルの核を破壊する際に、キングゴウザウラーの全エネルギーをこの剣に集束させて解き放ったことがあるが、SRWでは技として採用されていない。
NEOでは「ヒット&アウェイ」特性付き。OEではそれに加えて「ガードアーム」特性を備える。

必殺技[編集]

キングスパルタン
キングゴウザウラーの全火器を一斉発射する。威力は絶大だが、1回しか使えない。
NEOやOEでは扇形のMAP攻撃。両作には弾数の概念は無いので、ENのある限り何度でも使うことができる。
キングタイタン
胸部のトリケラトプスの角から光球を形成し相手に発射する。キングゴウザウラーの必殺技の一つ。
NEOやOEではファイヤ特性付き。
ザウラーキングフィニッシュ
5体の守護神が相手を拘束するフィールドを形成し、同時に地の底からキングブレードを召喚。拘束した相手に突撃し、キングブレードでXの形に切り裂く必殺技。この攻撃でとどめを刺すと、原作同様「熱血最強キングゴウザウラー!!」と勝ち名乗りを上げる。
NEOでは恐竜の守護神を再現できなかったため、演出が一部異なっている。
OEにおいて3Dで描かれた戦闘に2Dのエフェクトを被せるという演出の進化により待望の恐竜演出の再現がなされた。しかしながら、パイロット全員のカットインを入れるような演出にした都合上の冒頭の拳一、金太、洋二のザウラーチェンジャーをガンモードにしてのキングブレードの召喚開始演出の省略や、同三名による「キングブレード」コールのタイミングの変更(原作:技のバンク冒頭で前述のガンモードのトリガーを引きながら→NEO、OE:胸部から大地を割るエフェクトを発射する際)、原作バンクでは左手で拾っていたブレードを右手で拾うといった細かな差異はそのままである。
これらの差異はカットイン演出の良さや決して不自然ではないコールタイミング等からあまり気にはされていないようである。
OEではエルドラン勢の最強武器は全て「バリア貫通」ともう一つの特性を備えており、この機体は「対地」特性を持つ。拳一がエルドラン勢の中で唯一精密攻撃を覚える為、「対地」が発動できる相手には最強クラスの破壊力を叩き出す。

合体攻撃[編集]

エルドラン・スペシャル
ゴッドライジンオーグレートガンバルガーパーフェクトダイテイオーとの合体攻撃。4体でゲンブロック・キャノンを構えての大出力ビーム攻撃。
なおこの攻撃でとどめを刺すと、特別バージョンの勝ち名乗りを上げる。

特殊能力[編集]

頑強
「押出」の特性を無効化する。OEでは「投げ」も無効化し、更に常時被ダメージを減少する。
……原作での脆さを考えると、当機が頑強というのも妙な話ではあるが、NEOやOEは機体のサイズが小さい作品が多く100m級はおろか40m超級の機体すらろくに味方には居ないため、エルドランシリーズでも頭ひとつ抜けたその70mの巨体が他作品の機体から見れば間接の脆弱さを考慮してもなお強固であると設定されても不思議ではない。バランス的な面で言えば他のエルドランロボと異なり、合体後にシールドを持っていない事に対しての一種の救済措置であると思われる。

移動タイプ[編集]

宇宙
飛行可能。

サイズ[編集]

5(NEO)
70m超の全高があるが、40m台のエルドランロボ最強形態や50m超のゴーショーグンと同サイズに分類されている。
5または2L
OEのもの。

機体BGM[編集]

「KEEP ON DREAMING」
原作OP曲。基本の戦闘BGM
「超熱血合体!キングゴウザウラー」
必殺技使用時の基本BGM。曲後半の必殺技部分が使用されている。
NEOではザウラーキングフィニッシュ及びエルドラン・スペシャルでとどめを刺せる場合に限り必殺技BGMの設定に関係なくこの曲に固定され、途中でループせずに曲を最後まで演奏し切る。援護攻撃で使用してとどめとなった場合は、勝ち名乗りのみとなりBGMは変更されない。
OEではループ版のみとなり、残念ながら止めバージョンは未採用。

関連機体[編集]

ダークゴウザウラー
未来から跳んできたギルターボの頭部に記録されたデータを使い、原子王が作り出したキングゴウザウラーの複製。偽者とはいえ性能はオリジナルのキングゴウザウラーを凌駕する。ちゃんと分離もできる。合体時の掛け声は「ダークゴウザウラー、鋼鉄合体!」である。