ニーナ・アインシュタイン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニーナ・アインシュタイン
外国語表記 Some Nina Einstein
登場作品

コードギアスシリーズ

声優 千葉紗子
デザイン 木村貴宏
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ブリタニア人)
性別
生年月日 皇暦2000年8月27日
星座 乙女座
年齢 17歳
身長 165 cm
髪色
髪型 ロングのロール巻き
血液型 A型
所属 アッシュフォード学園神聖ブリタニア帝国技術局インヴォーク
役職 生徒会役員
テンプレートを表示

ニーナ・アインシュタインは『コードギアス 反逆のルルーシュ』および『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の登場人物。

概要[編集 | ソースを編集]

アッシュフォード学園の生徒で、生徒会役員の一人。眼鏡っ子。物理学を専攻して研究熱心。そのせいか、自分のスタイルを気にしている素振りをみせている。性格は大人しいが、周りが見えないことがあり、やや優柔不断な一面や自分の心を開かないこともある。一言で言えば愛想ない女の子と見られるが、本来は心優しい人柄である。

過去のトラウマから日本人(特に男性)に対し恐怖心を抱いており、枢木スザクへの警戒心を丸出しにして嫌悪する姿が目に付く。他の生徒会役員同様、自分がブリタニア人であることを特に鼻にかけているわけではないが、日本人に対しては嫌悪意識を隠さないため、自覚の無いまま差別的な発言をしてしまうことも。

日本開放戦線のホテルジャック事件において、ユーフェミア・リ・ブリタニアに命を救われたことがあり、彼女への敬愛の心を強めるようになる。そして、単独でユーフェミアに嘆願、警備兵に止められるものの、ユーフェミアはニーナを覚えていた。部屋でお互いの心情を吐露してからはより一層ユーフェミアを敬愛、恋心すら抱くようになる。それ故、ユーフェミアがゼロに殺されたことを知った際には驚愕の表情のまま涙し、叫び続けていた。

その後、学園にてガニメデに改造を施す。

ニーナは核エネルギーの研究開発が進んでいないコードギアスの世界において学生の頃からウランの核分裂や濃縮について研究し、ロイドを唸らせるほどの論文を書けるほどの女性であり、そのためかR2ではシュナイゼルに引き抜かれブリタニアの技術局「インヴォーク」所属に。

ユーフェミアの一件からイレヴンへの恐怖は強い差別意識へと変わってしまうが、ユーフェミアをよく知る一部の者達が彼女の無実を信じていたり、虐殺事件の真相に疑念を抱く中でイレヴン嫌いのニーナはユーフェミアが自分の意思で虐殺命令を出したと思っており、皮肉にも自分自身が敬愛するユーフェミアを中傷しているなど想像すらしていなかった。

R2の終盤で限定領域核兵器「フレイヤ」を完成させ、スザクのランスロット・コンクエスターに実装している。ニーナ本人はユーフェミアの仇を討つ一念で完成させた新兵器だったが、第二次トウキョウ決戦で放たれたフレイヤは、想定をはるかに上回る威力を発揮し、トウキョウ租界の中央部を跡形もなく消滅させてしまった。

スザク共々自分が為した結果に打ちのめされたニーナは、後に皇帝となったルルーシュ達が立ち上げた秘密計画「ゼロレクイエム」に加わり、シュナイゼルが保有するフレイヤへの対抗策として「フレイヤ・エリミネーター」を完成。計画完遂後は本格的に科学者に転向している。

なお、漫画版でも登場するが、日本解放戦線の人質になった際にユーフェミアに助けてもらうのは同様だが彼女を敬愛する様子はない(例の「イレヴン」と呟く場面もユーフェミアの死を知って驚愕と絶望の表情を見せる場面もない)。それ故、フレイヤを開発することもなく、リヴァルと同じように本筋のストーリーには絡んでこない。さらに、本編のパラレルワールド(平行世界)を舞台にした漫画『ナイトメア・オブ・ナナリー』では登場すらせず、小説版では名前は出てくるがほとんど会話すらないという不遇な扱いである。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Zシリーズ[編集 | ソースを編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。NPCとして登場。どうにも怯えてばかりの印象が強い。なお、原作でユーフェミアが死亡した際に見せた驚愕した顔は再現されていない。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
NPC。ルートを問わず概ね原作通りに立ち回るが、原作の中華連邦でのミレイとのやり取りはアッシュフォード学園内に回されている。
また、黒の騎士団ルートではゼロレクイエムが発動しないため、行き場を失くしてミレイの手回しでアッシュフォード学園に匿われていたところをロイド達に発見され、スザクの依頼でフレイヤ・エリミネーターを完成させることになる。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
NPC。
スーパーロボット大戦DD
序章ワールド3から登場するNPC。

人間関係[編集 | ソースを編集]

ミレイ・アッシュフォード
生徒会長かつ幼馴染みで、ミレイに良くして貰っている。しかし、内心ではコンプレックスも感じていた。
シャーリー・フェネットリヴァル・カルデモンド
同じ生徒役員。シャーリーが死んだことを知った際にはリヴァルと同様に涙を流した。
ルルーシュ・ランペルージ
同じ生徒役員。『R2』で彼がゼロであることを知る。
紅月カレン(カレン・シュタットフェルト)
同じ生徒役員。彼女が黒の騎士団の一員と知ったときには嘲りの表情を見せる。
『R2』では日本人であることを選んだことからイレヴン呼ばわりした。
枢木スザク
同じ生徒役員だが、イレヴンとして恐れを抱く。時間経過と共にその存在には慣れるものの、友情より生理的な嫌悪感が先立ち、近寄れない。
『R2』の時期には、それなりに話しかけられるようになっている。そして、紆余曲折を経てゼロレクイエムの同志となった。
ユーフェミア・リ・ブリタニア
ユーフェミアに依存し、恋心を抱く。彼女が死亡した時は表情が酷く歪む程の悲しみをみせた(後述)
ナナリー・ランペルージ
生徒会準役員で顔見知り。彼女にイレヴンのスザクを恐れていることを打ち明ける場面がある。
ロイド・アスプルンド
研究に興味を抱かれる。R2ではフレイヤの威力に打ちのめされたニーナを叱咤激励し、彼女を立ち直らせた。
シュナイゼル・エル・ブリタニア
『R2』でシュナイゼルに引き抜かれたことが語られた。
ゼロ
ゼロに助けられるも、日本人を救う行為に嫌悪感を抱いていた。その後、ユーフェミアを彼に殺されたことで、凄まじいほどの憎しみを抱く。最終的に、彼の正体ギアスの秘密も知ることになる。
コーネリア・リ・ブリタニア
面識はないが、最愛のユーフェミアを殺したゼロに最大級の憎しみを抱くという共通点がある。
シュネー・ヘクセン
外伝『白の騎士 紅の夜叉』にて登場。終戦後、自分の作ったフレイアが彼の親友で会ったレド・オフェンを死なせる結果に繋がった事を悔い、レドをはじめとする戦争犠牲者の名前が刻まれた記念碑の前で彼に懺悔した。

他作品との人間関係[編集 | ソースを編集]

ガンダムシリーズ[編集 | ソースを編集]

リリーナ・ドーリアン
第2次Zでは同じ生徒役員。イレヴンに抱く恐れを、諌められたことがある。
沙慈・クロスロード
第2次Zでは同じ生徒役員。イレヴンとしてスザク共々恐怖を抱いているが、根が良い性格なだけにそれほど警戒心は抱いてない。
ルイス・ハレヴィ
第2次Zでは同じ生徒役員。イレヴンではないので普通に接している。
マリナ・イスマイール
第2次Zでは若くして国の指導者である彼女に対して、ユーフェミアと同じような憧れを抱いている。

名台詞[編集 | ソースを編集]

第一期[編集 | ソースを編集]

「イ、イレヴン…」
ホテルジャック事件の際、人質となったときに自分たちを監視している日本解放戦線の戦闘員を見ながらつぶやく。この呟きを聞かれ、訂正するよう脅されるが怯えるばかりであった。
ここでユーフェミアが名乗り出て助けてもらえたことから以後、彼女を尊敬するようになる。
「ううん、何でもない。何でもないの」
第12話「キョウトからの使者」より。人気のない部屋で「不適切な行為」に及んでいた時、ナナリーがやってくる。幸い彼女は目が見えなかったため、このセリフでごまかした。
「あああ…、あああああー!!」
ユーフェミアがゼロに殺されたことを知ったときの彼女の呟きと叫び。このときの彼女の顔は絶望で歪んでいた。
この後、彼女はコーネリアがゼロに対して抱いたのに匹敵するほどの憎悪をゼロに向けることになる。
(待っていてください、ユーフェミア様。仇は討ちますから…!)
ユーフェミアを殺したゼロが軍勢を率いてトウキョウに迫っていることを知って倉庫のガニメデに改造を施しながらの独白。
「ゼロ・・・、ユーフェミア様の・・・」
自らが改造を施したガニメデに搭乗し、ロイド達と黒の騎士団が対峙している場面に現れた際の言葉。この直後、ゼロと戦っているコーネリアの「仇ぃ!!!」の叫びにつながる。

R2[編集 | ソースを編集]

「やめて……私、ミレイちゃんの事は好きよ。でも、うわべだけの女は嫌い。ユーフェミア様は逃げなかった。命をかけて私を助けてくれた。ユーフェミア様だけが私を救ってくれたの!」
ミレイ「私だって……」
「口だけの同情ならやめて! ミレイちゃんはいつも遊び気分で、困ったらアッシュフォードという盾を使うのよ! ロイド先生との婚約もそういう事でしょう!?」
「私をいつも下に見て! 保護者のような顔で見て!! もう、違うのよ私は! 私を認めなさいよ!!」
第9話にて、今までと変わらない保護者的な態度で接しようとしたミレイにぶつけたコンプレックスの吐露。同時にユーフェミアへの盲信とミレイとの比較も入っている。
突発的な激情の発露だったが、ミレイには何か感じ入るものがあったようで、卒業と自立を決意させる。
「ゼロ!! ユーフェミア様の仇!!」
オデュッセウス天子の結婚式典に姿を現したゼロに対して憎しみの衝動のままにナイフを持って彼を刺そうとした。
この場でそんな惨劇を起こせば、世話になっているロイドシュナイゼルの面目も立たないのだが、ゼロへの憎しみに支配された彼女にそんな事を考える余裕はなかった。結局、スザクカレンに阻止される。
「カレン! あなたも半分ブリタニアの血を引いてるのに!」
カレン「違う。私は日本人よ」
「日本人? イレヴンでしょ! イレヴンのくせに友達面して! 返してよ! ユーフェミア様を! 私の女神様だったのに! ゼロが殺したのに……」
カレンにナイフを取り上げられた際の言葉。自分は日本人と主張する彼女に対して後者の言葉で返答する。
ユーフェミアを殺したゼロに彼女が従っている事で、日本人への差別観も強まっているようである。奇しくもこの場には彼女を含めて当時の生徒会メンバーが五人集まっており、四人はそれぞれニーナの姿に心を痛めていた。
「スザク、まだイレヴンへの同族意識があるの?私は貴方に委ねたい。」
スザク「僕に背負えと?」
「ユーフェミア様の騎士でしょ?」
要約すると、「ユーフェミアの騎士ならば彼女に習ってイレヴンを虐殺しろ」と言っている。直前に彼女はフレイヤの効果を説明していたが、その効果を聞いたセシルとアーニャはランスロットにフレイヤを搭載する彼女の提案に反対する。
ロイドからも「この矛盾は君を殺す」と忠告されており、第二次トウキョウ決戦で度々フレイヤを撃つようにスザクに詰め寄った結果……
劇場版第三章ではゼロの素性を知らされた上で委ねようとしており、イレヴンへの偏見ではなくルルーシュと戦う事への迷いをスザクに問うている。
「こんな…こんなことになるなんて。みんな…みんな…!」
実際にトウキョウ租界でフレイヤが撃たれた結果、一時被害は死者だけで一千万人を超え、二次被害等も累計すれば更に数倍にまで膨れあがった。「ゼロを殺す」以外頭になかった彼女だが、その憎悪から生み出した兵器が起こした惨劇を目の当たりにし、ただ愕然とする他無かった。
「結局、わかっていなかったんです、私…。どんな被害が起きるかなんて」
「私が作ったフレイヤが、私が殺したんだ…。みんな…みんな…」
第19話におけるロイドとの会話から。自らが作った大量破壊兵器・フレイヤによって多くの人命を奪った事実と、その罪の重さをようやく実感したニーナは泣き崩れるのであった。
なお、この出来事を境に、ニーナの心の中にあった日本人への憎悪感情が消えている。そして、ロイドからの叱咤激励を胸に、彼女は科学者としての道を歩んでいくことになる。
「私はゼロを許さない。多分、一生。…でも、それとは別に私自身の答えを出さないといけないと思ったから。ただ、それだけなの」
最終決戦にて、出撃するルルーシュへ自分なりのけじめを明かす。事情を知った事やフレイヤを開発した事もあるだろうが、以前ほどゼロへの憎しみには囚われていない様子が伺える。
「思い出したわ、シャーリー……あなたに一言、伝えたかったの」
「友達になってくれて、ありがとうって……」
ピクチャードラマ「キセキの誕生日」より。
「ええ、今のシュナイゼル様は変わってしまわれたから。」
劇場版第三章「皇道」ではニーナは最初からゼロレクイエムに協力している。トウキョウ租界の被害とそれを用いたダモクレスの計画を間接的に知っていたニーナはその先を想像し、責任を取るべく賛同した。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集 | ソースを編集]

「リリーナって反ブリタニア主義者…?」
リリーナがブリタニアの支配を否定するような発言をした際の反応。どことなく言い回しが機動戦士ガンダムSEEDカズイ・バスカークを彷彿とさせる。なお、別にリリーナは反ブリタニア主義者ではなく、それどころか身近にガチガチの反ブリタニア主義者がいることに気づいていない。
また、リリーナは特に強硬な意見を述べたわけでもないのだが、言葉尻だけで反ブリタニア主義者と決め付けるような物言いをするあたりに、彼女の考えの狭さが伺える。
「いいえ、愛に性別は関係ないわ…!」
『X-Ω』特別クエスト「伝えたい言葉」にて。妙な説得力があるが、これを聞いたシャーリーはスザクがルルーシュを連れた事を大きく誤解してしまう羽目に。

搭乗機体[編集 | ソースを編集]

ガニメデ
アッシュフォード学園に保管されていた機体に動力源兼用の爆弾を装備させて特攻しようとしたが、爆弾が作動しなかったので未遂に終わる。ブラックリベリオン後はブリタニア本国のダラスに設けられた研究所に保管される。