特殊技能総覧

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

項目及びキーワードの肥大化に伴い特殊技能より項目を分割。

はじめに[編集]

リストは原則カテゴリ別に50音順で行う。能力名にリンクが張られているものは、リンク先を参照。

なお特殊技能の中には、作品での登場毎に効果の形態が変わるものが存在する(例:ニュータイプ、底力→登場当初は非Lv制の能力であったが、近年ではLv制が定着)。この例のように、最も代表的と言える効果が特定できるものについては、便宜上その効果に分類してリストを行う。効果が著しく変化するものについては下段に別記する。

特殊技能系列一覧[編集]

系列 概要
パラメータ上昇系 Lv制 自身のパラメータや与ダメージ等、様々の能力が一度に上昇する技能。
そのうち、Lv制となっているもの。
非Lv制 能力上昇系のうち、非Lv制の技能。Lv制の技能共々、原作再現に関連するものが多い。
攻撃系 戦闘時に敵に与えるダメージを高めたり、複数の敵への攻撃を可能とする技能。
防御・完全回避系 敵の攻撃のダメージを軽減、或いは命中率とは別の判定で完全回避する系統の技能。
援護系 『援護攻撃&防御』『支援攻撃』『支援要請』に関係する特殊技能。
気力系 気力の上昇速度を速めたり、初期値や限界値を上昇させる技能。
回復系 HP・ENを回復したり、回復効果を上昇させたりする特殊技能。
SP系 精神コマンドや、精神ポイントに影響を与える特殊技能。
成長系 戦闘での獲得経験値・資金を増加させる技能。
「精神コマンド『努力』がかかる」系列もこちらに含む。
戦闘補助系 戦闘時、ダメージ関連以外で有利な効果を付与する技能。
周辺補助系 自身周辺の一定範囲内にいる味方に対し、命中率の向上などの効果を与える技能。
特殊系 以上のいずれのカテゴリにも分類し難い技能。

系列別技能一覧[編集]

パラメータ上昇系[編集]

Lv制のもの[編集]

C・コード(シナジェティック・コード
『K』から登場。技能レベルの上昇に伴って命中率・回避率が上昇。ファフナー系パイロットが所持。
D・カインド(デュアルカインド
『COMPACT3』に登場。EN値、シナプス弾撃などの攻撃力が上昇。ベターマン系のパイロットが所持。
L・チャンネル(リミピッド・チャンネル)
『COMPACT3』に登場。回避+10。サクラが所持。
Xラウンダー
『BX』に登場。技能レベルの上昇に伴って命中率・回避率・ビット系バリアの効果が上昇。また、一部武装の使用条件にも関わる。
一部のガンダムAGE系パイロットが所持。
異能の力
『OE』のキリコ・キュービィーバーコフ分隊のパイロット陣が所持。技能レベルに応じてHP減少時のクリティカル率とクリティカル時の与ダメージ率が上昇する。キリコのものは後半にて後述の異能生存体へ変化する。
エクステンデッド
『Z』『K』『L』に登場。機動戦士ガンダムSEED DESTINYにおける強化人間に相当する。技能レベルに応じ、命中率・回避率・クリティカル率が上昇する。
オーバーセンス
Zシリーズと『K』のキングゲイナー系のパイロットが所持。命中率・回避率・フォトンマットの効果・特定武器の攻撃力・特定ユニットのオーバースキルの効果を上昇させる。オーバーマンの一部武器は、オーバーセンスが一定レベル以上ないと使用不可。『K』では発動条件が気力130以上に。
オーラ力
『UX』・『BX』のオーラバトラー系パイロットが所持。スキルレベルに応じて回避率・バリア効果・特定武器の攻撃力が上昇する。旧来の「聖戦士」の名前が変わったもの。
カテゴリーF
機動新世紀ガンダムXより。生まれついて特殊な力を持つものの、ニュータイプとして認められなかった者へ名付けられた「紛い物」の烙印。フロスト兄弟が所持。基本的に敵専用。
  • α外伝・R:技能レベルの上昇に伴い、命中率と回避率が上昇。
  • Z:技能レベルの上昇に伴い、命中率と回避率に加えてクリティカル率も上昇する。
神の加護
『NEO』のイズミ専用能力。気力110以上で発動、技能レベルに応じて回避率・防御力が上昇。
騎士道
『NEO』『OE』に登場。気力110以上で発動、技能レベルに応じて命中率・クリティカル率が上昇。
強化人間
命中率と回避率とファンネル系武器の射程が上昇する。 人工ニュータイプであり、ニュータイプと同じか若干低い能力を持つ。ガンダム系で登場する概念であり、ファンネル系など一部武器の使用条件。ZではΖガンダムのビーム・サーベル(ハイパー)や、突撃(追加武装)の射程も伸びる。
警察官
技能レベルに応じて最終与ダメージが増加し、最終被ダメージを減少させる。パトレイバー系パイロットが所持。
抗体反応
『第2次α』『J』に登場。技能レベルの上昇に伴って命中率・回避率・攻撃力が上昇し、チャクラ光を使う武器の射程が伸びる。アンチボディ系の機体操縦に必要な技能。ブレンパワードのパイロット全員が所持。
獣人
『OE』のヴィラル専用技能。HP減少に伴い攻撃・防御・命中がアップ。補正値は技能レベルに応じて上昇。
人工PS
『OE』のイプシロン専用技能。技能レベルに応じて命中・回避・クリティカル率がアップ。
人工ニュータイプ
カリス・ノーティラス専用技能。ガンダムXにおける強化人間。技能レベルに応じ、命中率・回避率が上昇する。ビット系武器の使用条件ともなっている。
聖戦士
  • 旧シリーズ・64・α・COMPACTシリーズ・IMPACT:レベル制。レベルに応じて回避率、オーラ斬り・ハイパーオーラ斬りの攻撃力が上昇。シリーズによってはオーラバリアの耐久力も上昇する。オーラ斬りの使用条件。ガンダムでいうニュータイプのような修正が入る特殊技能だが、これがあるかないかの溝は、ニュータイプであるか否かの溝よりも遥かに深かった。
  • UX・BX:非レベル制。気力130以上で発動し、最終与ダメージが10%上昇。従来のレベル制の聖戦士スキルは「オーラ力」に取って代わられた。設定通り地上人のみが所持。
精霊力
『NEO』『OE』のパッフィー・パフリシア専用能力。気力110以上で発動、技能レベルに応じて命中率・回避率が上昇。
底力
HPの減少に伴い、命中率・回避率・装甲・クリティカル率等が上昇する。
上昇する項目はシリーズによって異なる。
  • α外伝まで:HPが一定値以下になると発動。
  • 64、A以降:レベル制を採用。技能レベルが高い程、発動に必要な被ダメージ率が減少し、同HP帯での効果が上昇。
底力:○○
『OE』に登場。従来の底力の効果に加えて、○○に記されたステータスに対して特に突出した補正をかける。
「底力:攻撃」だけは攻撃が上昇する代わりに他の底力系スキルにある命中への補正がかからない。
  • 底力:防御:HP減少により命中・回避・防御・クリティカル率がアップし、防御が特に伸びる。
  • 底力:回避:HP減少により命中・回避・防御・クリティカル率がアップし、回避が特に伸びる。
  • 底力:CT率:HP減少により命中・回避・防御・クリティカル率がアップし、クリティカル率が特に伸びる。
  • 底力:攻撃:HP減少により攻撃・回避・防御・クリティカル率がアップ。命中は上がらない。
  • 底力:異能キリコバーコフ分隊のパイロット陣が所持。HP減少により命中・回避・防御・クリティカル率が大幅にアップ。
地球防衛組
『BX』に登場。技能レベルの応じて命中率・回避率・クリティカル率・EN回復率が上昇。
読心
フェストゥム専用技能。レベルの上昇に伴い命中・回避率が上昇。最大レベルでの補正値は各+60%にもなるが一部のユニットで無効化できる。
ニュータイプ
技能レベルの上昇に伴い、命中率と回避率とファンネル系武器の射程が上昇する。カツのようにレベルアップで会得するキャラも。ガンダム系で登場する概念であり、ファンネル系など一部武器の使用条件で、νガンダムIフィールドの発動条件に含まれていることも。かつてはこれか強化人間、聖戦士でも持っていなければまともに戦えないバランスだった事があった。
また、旧シリーズではリアル系主人公もニュータイプを会得でき、同時にMS系にも搭乗できた。
  • Z:Ζガンダムのビーム・サーベル(ハイパー)や、突撃(追加武装)の射程も伸びる。
ニュータイプ (X)
  • α外伝・R・Z:『ガンダムX』におけるニュータイプで、宇宙世紀ガンダム系のそれとは区別される。ビット系武器の使用条件を満たし、高Lvになると射程も伸びる。技能所持者がサブパイロットであっても条件は有効。
忍者
『IMPACT』『UX』に登場。技能レベルに応じ、命中率・回避率・クリティカル率が上昇する。飛影系のパイロットとGガンダム系のシュバルツ・ブルーダーが持つ。
忍術
『NEO』・『OE』に登場。気力110以上で発動。技能レベルに応じて回避率・クリティカル率が上昇。ガンバーチームとリューナイト系のサルトビが所持。
ヒーロー
『V』に登場。技能レベルに応じ、命中率・回避率・クリティカル率・装甲値が上昇する。ごく有り体に言ってしまうと『マイトガイン』版勇者スキル。
武士道
『NEO』では月心、『OE』ではミスター・ブシドーの専用技能。気力110以上で発動、技能レベルに応じて命中率・回避率が上昇。
『K』『L』に登場。技能レベルの上昇に伴い命中・回避・クリティカル率・装甲値が上昇する。ガイキングLOD系のパイロットが所持。
魔術師
『UX』に登場。スキルレベルに応じてパイロットの全能力が上昇する。一部のデモンベイン系パイロットが所持。
魔導書
『UX』に登場。スキルレベルに応じて機体の最大MPとMP回復量が上昇する。一部のデモンベイン系パイロットが所持し、基本的に「魔術師」と並存。味方ではアル・アジフが所持。
勇者
  • α:隣接した味方の攻撃力UP。
  • 第2次α・第3次α・W・BX:レベル制。技能レベルの上昇に伴い命中・回避・クリティカル率・装甲値が上昇する。ガオガイガー系の各パイロットが持っている。
  • OE:技能レベルに応じて攻撃・防御・命中が上昇。勇者ラムネス及びダ・サイダーが所持。
リフテクニック
Zシリーズで採用。レベルに応じて命中率・クリティカル率が上昇し、気力に関係なく確率で攻撃を完全回避させる分身効果も持つ。LFO系の一部武器は、使用に一定以上の技能レベルが必要。エウレカセブン系のパイロットが所持。
螺旋力
グレンラガン系パイロットが所持。
  • 第2次Z:レベルに応じて命中率上昇および最終被ダメージが減少。
  • OE:気力130以上で発動、レベルに応じて攻撃と戦闘後および敵撃墜時の気力がアップ。

非Lv制のもの[編集]

DG細胞
『J』に登場。気力が100から10アップする毎に、パイロットの各能力が少しずつ上昇していく。
IFS(イメージ・フィードバック・システム)
『J』『W』に登場。気力が100から10アップする毎に、パイロットの各パラメーターが少しずつ上昇していく。エステバリスパイロットと、ルリが所持。
SEED(シード)
ガンダムSEED系キャラのうち、キラ・アスラン・カガリ・ラクスシンの5人のみ所持。気力が一定値以上上がると各パラメーターに補正がかかる。自分でコントロールできるようになるまでは????になっている。
YII(ヨロイインターフェイスインプラント
『K』『T』に登場。気力のアップに伴ってパイロットの各パラメーターに上昇補正を与える。一部のガン×ソード系パイロットが所持。
アクロバット
『T』に登場。気力がアップする毎に、機体の照準値と運動性が上昇していく。スパイク・スピーゲルが所持。
異能生存体
キリコ・キュービィー専用技能。
  • Zシリーズ・T:HPが10%以下で発動、命中・回避が+30(第3時Z・Tでは+20)、格闘・射撃・技量・防御が+20される。再世篇の後半まで技能欄が「?????」であるがその状態でも効果は発動する。
  • OE:レベル制。HP20%以下で発動、クリティカル率およびクリティカル与ダメージ率が増加し、更に敵の攻撃を完全回避。効果発生率およびクリティカル&与ダメージ上昇率はレベルに応じる。第7章にて「異能の力」が変化。
イノベイター
刹那・F・セイエイ専用スキル。
  • 第2次Z再世篇:気力140以上で発動、命中・技量・回避が+20&毎ターン精神ポイントが10回復。一部のガンダム00系パイロットが所持。
  • UX:気力130以上で発動し、気力上昇に応じて命中率・回避率・特殊回避の確率が上昇する。
  • OE:レベル制。気力条件を満たすと発動し命中・回避・クリティカル率が上昇し、ターン毎のSP上昇数が10増加。レベルに応じて発動要気力値が下がり、各パラメータ上昇値が増加する。
イノベイド
『UX』『BX』のティエリア・アーデ専用スキル。気力130以上で発動し、気力上昇に応じて命中率・回避率が上昇する。
オーバーフロウ
『K』のヴァン専用技能。気力130以上で発動、最終与ダメージ+25%、最終被ダメージ-25%、命中率・回避率・クリティカル率+10%。
騎士
『BX』の騎士ガンダム系ユニットが所持。気力130以上で発動し、気力上昇に伴い命中率・回避率・クリティカル率が上昇する。
救世主
『X』の戦部ワタル専用スキル。気力上昇に応じて最終ダメージ・与ダメージ・被ダメージに補正を与える。
『第3次α』以降に登場。気力130以上で、最終命中率・回避率・クリティカル率が30%上昇する。『第2次Z』や『OE』まででは敵および味方NPC専用技能。
ゲーマー
ゲームチャンプ(K)
気力130以上で技量が+20。Kでは更に上位版(キング・クイーン)が登場するためチャンプは1ランクダウン。
ゲームチャンプ(Zシリーズ)/ ゲームキング / ゲームクイーン
気力130以上で技量が+30。Zシリーズのものはゲイナー専用で、Zではイベント後撃墜数100以上達成、第2次Zではエースボーナスによりゲーマーから変化。
キングとクイーンはKに登場し、それぞれゲイナーとシンシアが所持。
コーディネイター
技能としては『J』『W』『K』に登場。気力110以降、気力が上がるにつれて全能力値が上昇。技能レベルはない。ガンダムSEED系のコーディネイター全般が所持。
幸運強化
『COMPACT3』に登場。気力100以上で命中、回避、クリティカル率に破格の補正がかかる。幸運姉妹ことエリヤとナリア専用。
三候の魂
『UX』の劉備ガンダム孫権ガンダム曹操ガンダム専用スキル。気力130以上で発動し、最大与ダメージが10%上昇。
翔烈帝
『UX』の劉備ガンダム専用スキル。HPが30%以下か気力140以上で発動し、ユニットが「翔烈帝龍装劉備ガンダム」形態へ自動的に変化する。
シンクロ率
エヴァンゲリオン系パイロットが所持。大体の作品では命中率、回避率に補正がかかる。特殊技能ではなく、専用の能力値として設定されるのが基本。
スーパーパイロット
『BX』のキャプテン・アッシュ専用技能。気力130以上で発動し、気力上昇に伴い命中率・回避率・特殊回避発生率が上昇する。
スーパーモード
Gガンダム系のシャッフル同盟パイロットが持っている。気力120以上で発動し、パイロットの全能力が上昇し、搭乗ユニットがスーパーモードになる。ドモン・カッシュは、シナリオ進行に伴い明鏡止水へと変更される(『MX』等では最初から)。
生体CPU
『SEED』における強化人間。
  • 第3次α:レベル制。上昇値は強化人間とほぼ同等。
  • J・W:レベルなし。IFSと同じ効果。気力100から10上昇ごとに能力値が2上昇する。
戦闘プログラム
『第3次Z』に登場。最終命中率・回避率・クリティカル率が常時+15%。
奏者
『MX』に登場。ラーゼフォンが真理の目を開き、武器「ボイス」が追加された別ユニットに変化。気力130以上で発動し、回避以外の能力が+5、回避が+3。
超A級超能力
Zシリーズに登場。超能力L9の効果&毎ターン精神ポイントが10回復。エースボーナスにより明神タケルの超能力技能がこれに変化する。
超兵
『UX』『BX』のアレルヤ・ハプティズム専用スキル。気力130以上で発動し、気力上昇に応じて命中率・回避率が上昇する。
忍者覚醒
『UX』のジョウ・マヤイルボラ・サロ専用スキル。気力130以上で発動し、最終与ダメージが10%上昇。
バーサーカーモード
Gガンダムのアレンビー・ビアズリー専用。
  • 『J』:気力110以上のとき、全能力値が(気力-100)/5上昇。
ブラスター化
『J』『W』に登場。気力130になると発動。テッカマンブレードブラスターテッカマンブレードに変化。各能力値が10上がる。敵状態のブレードも持っているが発動はせず、エビルはイベントで変化するので事実上意味がない。
プロトデビルン(特殊技能)
『D』に登場。気力100以上で発動し「歌」以外の全属性によるダメージを50%軽減。第3次αでは、ユニット側の特殊能力となった。
魔法騎士
『T』に登場。気力上昇に伴って最終命中率・最終与ダメージが上昇し、最終被ダメージが減少する。一部のレイアース系パイロットが所持。
明鏡止水
気力120以上で発動し、パイロットの全能力が上昇し、搭乗ユニットがハイパーモードになる。他はスーパーモードと同じ。Gガンダム系の東方不敗マスター・アジアゴッドガンダムに乗り換えたドモン・カッシュが持っている。
  • NEO・OE:レベル制。気力130以上で発動し技能レベルに応じて攻撃力・回避率・命中率が向上。
融合
『第2次Z再世篇』のアレルヤ・ハプティズム専用技能。気力130以上で「融合」コマンドが追加されパイロットを「アレルヤ+ハレルヤ」状態へ変化可能に。各パラメータ上昇(格闘・射撃・回避・命中+5、技量・防御+10)する他、乗機の武器性能や一部精神コマンドも変化する。
予知 / 予知能力
OGシリーズでは前者、IMPACT・MXでは後者の表記。
  • OGシリーズ:気力130以上で発動し、敵フェイズ時に限り回避率+30%。
  • IMPACT:気力110以上でターン開始時にひらめきがかかる。
  • MX:気力110以上で発動。敵フェイズ時に限り、回避率+30%。
  • UX:ターン開始時にひらめきがかかる。
ラッキー
OGシリーズで採用。戦闘時に低確率で、命中率・回避率・クリティカル率が100%になる。精神コマンドの必中ひらめきよりも効果が優先され、熱血ともクリティカルの効果が重なる。OG1系列のみレベルが上がる。
何故かOG2以降ではレベル1のままで、OGSやOG外伝でも修正されていない

攻撃系[編集]

アタッカー
『MX』『UX』『BX』並びにOGシリーズに登場。気力が130以上になると、全武器の攻撃力が1.2倍になる。全技能中でも破格の性能を誇り、登場シリーズでは『第2次OG』以外養成で取得可能。
インファイト / 豪腕
格闘攻撃の性能を強化する。後のガンファイトと同様、『無限のフロンティア』では、格闘攻撃とは直接関係がない。
  • OG1・OG2・MX・OGs・OG外伝:レベルに応じて、格闘武器の攻撃力が+50。Lv4と7では攻撃力が上がらない代わり移動力が+1。
  • W・K:技能レベル上昇に伴い、格闘武器の攻撃力が毎回+50、クリティカル率が奇数レベル時に+5%。
  • COMPACT3:「豪腕」表記。移動力の代わりにクリティカル補正がアップ。こちらは毎LV上昇。
宇宙海賊
『T』に登場。自ユニットよりHPが高いユニットに対する与ダメージ1.2倍。獲得資金・TacP1.2倍。
ガンファイト / 狙撃
射撃武器の性能を強化する。『無限のフロンティア』では、射撃攻撃とは無関係。
  • OG1・OG2・MX・OGs・OG外伝:レベルに応じて、射撃武器の攻撃力が+50。Lv4と7では攻撃力が上がらない代わり、マップ兵器以外の射撃武器の射程が+1。
  • W・K:技能レベル上昇に伴い、射撃武器の攻撃力が毎回+50、命中率が奇数レベル時に+5%。
  • COMPACT3:「狙撃」表記。詳細はこちらを参照。
再攻撃
  • 第2次(FC版)・魔装機神:同一ターン戦闘で、2回攻撃を行う。
  • Z:自軍フェイズでの単体攻撃時に敵パイロットより技量が20以上高いと、自力で援護攻撃を行える。P属性のない武器も、再攻撃時に限り移動後に使用可能。
サイズ差補正無視 / サイズ差無視
初出は『第3次α』。サイズ差補正によって攻撃時のダメージが減少する場合、それを無視できる。一部の武器や、『J』を除く『第3次α』以後の「直撃」使用時などにも同じ効果を得られる。
  • 第3次α:鋼鉄ジーグ小隊長能力でこれが発動するので、『第3次α』の仕様上取得できない。従って、小隊員時のジーグのサイズ差は補正不可能。
  • 第3次Z・V・X・T:レベル制。レベルごとに1サイズずつサイズ差による与ダメージ減少を無視できる。
  • W:技能としてはスキルパーツでのみ習得可能だが、バグにより効果がない
集束攻撃 / マルチターゲット
  • 第3次α:敵小隊に全体攻撃した際、敵小隊数によって減少するダメージを10%緩和。
  • OGシリーズ:異なるポジションの敵ユニットに攻撃した際、減少するダメージを20%緩和。この2作では単体攻撃にも有効。
  • Z:敵小隊を全体攻撃した際、敵小隊数によるダメージ軽減を15%緩和。フォーメーションによる防御補正は無視できない。
  • 第3次Z:名称が「マルチターゲット」となる。敵タッグチームに対する全体攻撃の与ダメージ軽減率を-10%に緩和。
シングルアタック
『第3次Z天獄篇』に登場。全体攻撃武器をシングルチームに対して使用した場合、与ダメージが1.1倍になる。
精密攻撃
  • Zシリーズ・T:クリティカル発生時に与ダメージ1.5倍。PPによる養成不可。
  • UX・BX:効果は上記に同じ。スキルパーツによる任意習得が可能。
  • OE:レベル制。レベルに応じてクリティカル率とクリティカル時の与ダメージ率が上昇。
ゼノンの魂
『BX』のゴーグ専用スキル。気力130以上で発動し最終与ダメージが10%上昇。
中盤まで技能名が「???」となっているがこの状態でも効果はある。
二連撃 / 三連撃
『OE』に登場。1フェイズ中に攻撃行動を2回(3回)行える。共に敵専用スキル。
ビースト化
『UX』の飛鷹葵専用スキル。気力130以上で発動し、ダンクーガノヴァ・マックスゴッド形態時の最大与ダメージが10%上昇。
暴君
『OE』に登場。最低与ダメージに武器攻撃力の一定割合分が加算される。レベルに応じて加算割合が上昇。
リベンジ / 復讐
反撃時、最終攻撃力が1.2倍になる。気力に関わらず発生するので、切り込み役に持たせると効果的。カウンターが発生した場合は無効(『OG外伝』は例外)。『COMPACT3』は「復讐」表記で登場。
野生化 / 野性化
気力130以上で、最終ダメージが1.25倍(『IMPACT』など、一部作では倍率は異なる)になる。獣戦機隊や『J』など一部作のアランシャピロが所持。『第2次Z』では「野性化」名義で登場。

コンボ系[編集]

コンボ
D・Jに登場。敵に隣接した状態でC属性の武器を使用すると、技能レベル分だけ隣接している直線上の敵にも攻撃を加えられる。援護防御は不可能。まとめて撃墜した場合、マップ兵器と違い経験値が100%入る。
  • J:単体用とコンボ用の格闘武器が別個にあり、コンボ武器の方が若干低い。
連続攻撃
OG2(GBA)で登場。Dのコンボとほぼ同じだが、敵機2機目以降の獲得経験値が半減している。OGs・OG外伝では不採用となりMXにもあったダブルアタックに代わられたが、第2次OGにて復活。無限のフロンティアにも同名のシステムがあるが、内容は全く別物。
マルチコンボ
Wに登場したコンボの発展系。C属性の武器で、自分の位置や並び方に関係なく、隣接した敵機を技能レベル分だけ攻撃可能。2機目以降は自動的に防御する。ENや弾数の消費は1回分のみ。
アタックコンボ
K・Lに登場。シングルユニット時に敵パートナーユニット(PU)に対してアタックコンボによる攻撃が行える。レベル上昇に伴って攻撃可能な敵PU数が増える。対応武器の射程内であれば場所を問わず攻撃できる。猛威を振るい過ぎたせいか、Lでは攻撃するユニットの数に応じて攻撃力にマイナス補正がかかる他、ユニット同士が隣接していないと使えなくなった。
全体攻撃
UX・BXにて登場。シングルユニット時のみ使用可能で、相手パートナーユニット両機にダメージを与えられる。レベルに応じて攻撃力が上昇。

防御・完全回避系[編集]

撃ち落とし
現時点では携帯機シリーズのみで採用。銃を装備している機体で使用可能。実弾系の射撃攻撃を撃墜して無効化する。銃器の弾数やENは消費しない。Jのみ機体の銃装備のみで発動するため、技能としては不採用。実際には技能ではなく「得意度」という特殊パラメータになっている。
銃の名手
UXに登場。撃ち落としの発動率が100%になる。
ガード
気力130以上で発動。最終被ダメージが80%になる。
  • NEO:レベル制。技能レベルに応じてダメージ軽減値が上昇。気力制限は無く常時発動。
  • OE:レベル制。確率発動になり、技能レベルに応じて発動率とダメージ軽減値が上昇。
頑固一徹
IMPACTに登場。残りHP50%未満で発動。装甲が+200され、ダメージを受ける度に気力+2。
切り払い / 斬り払い / 斬り返し
特殊能力「剣装備」を持つユニットのみ使用可能。一定確率で、一部の格闘攻撃や実弾系の射撃武器を切り払って無効化する。α外伝・Rではシールド防御と共に防御(特殊技能)、Zシリーズではブロッキングに統合。Jでは機体側の特殊能力。GC・XOやOGシリーズでは不採用。
気配察知
魔装機神シリーズにのみ登場。マップ上で前面以外から攻撃を受けた際、自動的に相手の方向へ前面を向ける。
剣豪
UXに登場。切り払いの発動率が100%になる。
サバイバビリティ
GBA版OG2及び第3次Z天獄篇に登場。撃墜された際に一度だけHPが10残る。第3次Z天獄篇では、「気力130以上」と「HP25%以下」の発動条件がある。
シールド防御
発動時、特定確率や条件でシールドを使い機体を守る。盾装備機体でのみ有効。
完全防御
UXに登場。シールド防御の発動率が100%になる。
精神耐性
第3次αとZシリーズ、UXに登場。P系の特殊効果を無効化。精神コマンドは対象外。Zシリーズでは習得可能。
第2次Z再世篇では従来の効果に加え気力100以下時に限り脱力を無効化する。
UXでは同化による気力低下は防げない。
精神防壁
COMPACT3にのみ登場。修羅王アルカイドが所持し、1ターンに一度だけ、相手にかかっている精神コマンドを無効化する。
地形利用
第3次Z天獄篇に登場。自分のいるマスの地形効果を2倍に出来る。
ハーフカット
第3次Zに登場。相手の攻撃が命中率30%以下の場合、被ダメージが0.5倍になる。
Tでは見切りの効果に組み込まれている。
ブロッキング
Zシリーズに登場。後述の「防御」と大体同じ。盾装備機体の場合はシールド防御、剣装備機体の場合は切り払いを発動させる。発動確率は、自分と敵の技量差や隊長能力で変動する。
第2次Z再世篇以降は機体に剣・盾が装備されていれば自動発動する仕様となったため技能としては消滅した。
プロテクション
Vに登場。反撃時に「回避」選択で最終回避率1.1倍、「防御」選択で最終被ダメージが0.9倍される。マップ兵器で攻撃された場合、命中率を0.5倍となり最終被ダメージを0.6倍にする。
防御(特殊技能)
α外伝・R・IMPACT・COMPACT3に登場。切り払い、シールド防御が(RではNTなら撃ち落としも)発生する。技能Lv上昇によって発生確率が上昇する。

援護系[編集]

援護
COMPACT2・COMPACT for WSC・α外伝・OG1・GC / XOで登場。1ターンにつき、レベルと同じ回数だけ援護攻撃と援護防御が可能。キャラによっては援護攻撃しかできない場合がある。
援護攻撃
隣接する味方ユニット(Kではパートナーユニットのメインユニット)の攻撃後に、1ターンに技能レベルと同じ回数だけ援護攻撃を行うことができる。大抵の作品では、援護攻撃を行う側の命中率にプラス補正がかかる代わり、威力は通常攻撃より落ちる。IMPACTやMXでは、援護攻撃を受ける側が統率を持っていると同時援護攻撃が可能。
  • MX:技能レベルが高いほど、援護の最終与ダメージが上昇していく。レベル4では通常攻撃と変わらない威力に。
  • D・J・W:技能レベル上昇に伴い、命中率補正値がアップする。
  • K:パートナーユニットを組んだ場合のみ、サブユニットが使用可能。技能レベル上昇に伴い、援護攻撃の最終ダメージが上昇。
  • L・UX:パートナーユニットを組んでいる場合は援護は出来るが、逆に受ける事はできない。
援護防御
味方ユニットの攻撃を防御状態で代わりに受ける。1ターンにつき、レベルと同じ回数だけ使用可能。全体攻撃コンボ系・マップ兵器には使用不可。第3次Zのみ、全体攻撃に対して発動可能。
  • L・UX:パートナーユニットの場合はサブ機体から、シングルユニットの場合は隣接する機体から受けられる。
サポート / サポーター
  • A(GBAのみ):厳密には技能欄に記載されない。1ターンにつき設定された回数分だけ、サポートアタックとサポートガードがそれぞれ使用可能。隠しパラメーターの「信頼度」の上昇で効果とサポート回数が上昇し、アタックは素だと最終的に通常攻撃より高威力に。キャラ毎に回数上限は固定。詳しくは援護攻撃援護防御を参考。
  • UX:「サポーター」表記。援護攻撃の与ダメージが1.2倍、援護防御の被ダメージが0.8倍になる。
  • OE:「サポート」表記。技能レベルに応じて援護行動時の攻撃力と防御力が上昇する。効果としては後述の「リーガー魂」と同じだが、同作品はアイアンリーガーが不参戦であるためこの名称に。
支援攻撃
第2次α・第3次α・Z:小隊員時に小隊攻撃の最終ダメージが+20%になる。
MX:攻撃時に隣接した味方機から「支援攻撃」を受けられる。
支援要請
Wで登場。戦艦が出撃している時、1ステージにつき要請レベル分だけ指定した未出撃ユニットから、距離に関係なく援護を受けることが可能。通常の援護同様、同じ移動タイプであることが発動条件。援護側が消費したENや弾数は、ステージ中は回復不可。
統率
IMPACTとMXで登場。援護攻撃を受ける時、敵の反撃前に援護可能になり、必ずクリティカルが出る同時援護攻撃が発動する。この2作ではクリティカルが標準で「熱血」「」の効果と重複する。
  • IMPACT:技能レベルと同じ回数だけ、同時援護攻撃が可能。
  • MX:レベル、回数制限ともない。
  • OGS・OG外伝:データ上に存在するが効果なし。
  • 第2次OG:スキル所持パイロットが140以上の時、マキシマムブレイクが使用可能に。
リーガー魂
NEOで登場。援護行動時の攻撃力と防御力がアップ。各補正値は技能レベルに応じて上昇。アイアンリーガー系パイロットが所持。
連携攻撃 / サポートアタック
援護攻撃を所持していないと効果を発揮しない為、実質技能欄を2枠分使う。
  • OG2・OGs・OG外伝:援護攻撃時の最終与ダメージが100%になる。一部キャラのエースボーナスによる「援護攻撃の最終与ダメージ補正+○○%」や、クリティカルのダメージも上乗せ可能なのでかなり強力。
  • 第2次α・第3次α・Zシリーズ・V:援護攻撃を行う時、確実にクリティカルが発動する。こちらの仕様だと最終与ダメージは上げられない。第3次Z・Vでは「サポートアタック」の名称。

気力系[編集]

アーガマの血
NEOに登場。技能レベルに応じて気力上限と敵撃墜時の気力上昇値がアップ。大牙剣リュウ・ドルクが所持。
華麗
COMPACT3に登場。敵の攻撃を回避時に気力+2。後の気力+ (回避)と同様だがそれより効果が高い。
逆切れ
IMPACTに登場。被弾時に気力+2。後の気力+ (ダメージ)と同じ効果。
気力+(ATK)
Vに登場。攻撃・反撃・援護攻撃を行うと本来の気力変化に加えて気力+1。
気力+(DEF)
Vに登場。被ダメージ・回避・バリアや特殊回避で攻撃を防ぐと本来の気力変化に加えて気力+1。
気力+ (回避)
敵の攻撃を回避時に気力+1。切り込み隊長に持たせると、あっという間に130を越える。
気力+ (命中)
攻撃命中時に気力+1。全体攻撃では、命中させた敵小隊機数だけ有効。
気力+ (撃破) / 気力+(壊滅)
自軍機が敵機を撃墜すると気力+1。第3次αやZでは難易度HARD以上だと、敵小隊を壊滅させた時のみ判定される。
第3次Zでは気力+(壊滅)」の名称に。こちらは難易度に関係なく敵小隊(チーム)を壊滅させた時のみ判定。
気力+ (ダメージ)
被弾時、気力上昇値が+2。装甲の高いユニットのパイロットが持つと、驚異的な速度で気力が上がる。敵が持っていることも多い。
気力+ボーナス
第2次Z再世篇に登場。攻撃回避時・被ダメージ時・味方ユニットが敵を撃破時に本来の気力上昇に加えて気力+1。従来の気力+系技能が統合されたもの。
気力+攻撃
UXに登場。気力が上昇すると攻撃力が大幅に上昇する。
気力+防御
UXに登場。気力が上昇すると防御力が大幅に上昇する。
気力限界突破
初出は第3次α。気力の上限値が170になる。他の気力上げ手段と併用したい。
気力覚醒
UXに登場。気力の上限値が200になる。従来の気力限界突破の完全上位互換。
黒騎士 (特殊スキル)
NEOに登場。技能レベルに応じて敵への攻撃命中時に気力が上昇。ガルデンが所持。
鼓舞(特殊技能)
COMPACT3に登場。出撃時に気力を+10する。闘争心と違い、サブパイロットが持っている場合はメインに作用する。
戦意高揚
出撃後2ターン目から、毎ターン気力が上昇する。多くの作品では毎ターン気力が+2上昇。その他の作品での効果は下記に表示。
  • Zシリーズ:毎ターン気力が+3上昇。
  • OE:レベル制。技能レベルに応じた数値の気力が毎ターン上昇。
ゾイドウォーリアー
OEに登場。敵撃破時、本来の気力上昇に加えて気力が加算される。レベルに応じて加算値が上昇。
大胆不敵
無限のフロンティアに登場。攻撃順が回ってきた時、残りHPが10%以下だと30%の確率で「孤高」がかかる。錫華が習得。
闘志(特殊技能)
COMPACT3に登場。被弾時に気力+2。後の気力+ (ダメージ)と同じ効果。
闘争心
出撃時に気力を+5(第2次Zでは+10)する。他の初期気力増加効果とも重複する。
  • COMPACT3:レベル制で、1レベルごとに出撃時の気力を+1する。
  • NEO・OE:レベル制。上昇値は技能レベルによって上がっていく。
得意
COMPACT3に登場。攻撃命中時に気力+2、敵の攻撃を回避時に気力+1。
負けん気
MXに登場。ダメージを受けるたび気力+2。気力+ (ダメージ)と同じ効果。
楽天家
COMPACT3に登場。攻撃を外すと気力+3、被弾時に気力+1。

回復系[編集]

修理技能 / 修理スキル
修理コマンドを使用した際のHP回復量が通常の1.5倍(または1.2倍)になる。第2次Z再世篇では更に修理コマンドの使用範囲が1マス分拡大される。修理ユニット専任パイロットの必修技能。修理装置を使いまわせるOGシリーズでは取らせにくい。
修理装置搭載
UXで登場。ユニットに修理装置を付加する。
ファクター
補給技能 / 補給スキル
補給装置を持つユニットへの搭乗時に、移動後の補給が可能。
補給装置搭載
UXで登場。ユニットに補給装置を付加する。
メンテナンス技能
OEに登場。技能レベルに応じて自身を含む範囲内の自軍ユニットのHPとENを毎ターン回復させる。

SP系[編集]

SPアップ
最大精神ポイント(SP)が上昇する。技能レベル上昇に伴い効果が増大する。
SP回復
毎ターン自軍行動開始時に精神ポイントが少しずつ回復する。
SPゲット
第2次Z再世篇に登場。敵を撃破するとSPが10回復。ただしマップ兵器で複数敵を同時撃破しても回復するのは10だけ。
移動+精神
UXに登場。マップを1マス進む度にSPが1回復。W・Kにあった、移動によってSPが回復する強化パーツをスキル化したもの。
ケロン人
OEに登場。敵の攻撃を回避時にSPが回復。回復値はレベルに応じて上昇。
集中力
  • COMPACT・IMPACT・OG1・OG2・MX:精神コマンドの消費SPが80%になる。
  • OGs・OG外伝:ツイン精神コマンドでは、技能所持者側のツイン精神の消費SPが両者80%に。
  • K・L:技能レベル6まであり、高いほど消費SPが減少する。最大軽減率は-20%(=80%)。
精神統一
IMPACTで採用。ターン開始時にSPが20%未満の場合、10%回復。
精神力
OEに登場。技能レベルに応じて最大SPと敵撃墜時のSP増加数が上昇。
魔力
OEに登場。技能レベルに応じて最大SPと戦闘後のSP増加数が上昇。

成長系[編集]

EXPアップ
取得経験値が1.2倍になる。
エースプラウド
Vに登場。エースおよびグレートエースの要撃墜数が60→50(エース)・80→70(グレートエース)にそれぞれ軽減される。
カウボーイ
『T』に登場。気力100~119で獲得資金1.2倍、気力120~149で獲得資金1.3倍、気力150以上で獲得資金1.4倍。また、獲得資金が5000を超えると気力が+3される。スパイク・スピーゲルが所持。
がんばり屋(ガンバリ屋)
特定の条件を満たすと努力がかかる。SPは消費しない。気力120以上で、毎ターン自軍行動開始時に発動。UXでは取得経験値が1.5倍になる効果で再登場。
強運
敵ユニット撃墜時の獲得資金が1.2倍になる。一部作を除き、幸運とは重複しない。基本的に先天能力的な扱いだが、Zシリーズでは他の能力で上書き可能。
OE:レベル制。技能レベルに応じて獲得資金とクリティカル率が上昇。
移動+資金
UXに登場。マップを1マス進む度に資金が100増加。Wにあった、移動によって資金が得られる強化パーツをスキル化したもの。
撃墜数+5
UXに登場。同名のスキルパーツ使用時に表記上の撃墜数が+5され、敵を撃墜した際に表記上の撃墜数がスキルパーツ使用数×5加算される。特殊スキル欄に表示されない。
サラリーマン
第2次Zに登場。レベルアップ時・敵を10機撃墜・ステージクリア時にPPが+3される。ダイ・ガード系およびトライダー系パイロットが所持。
社長
敵ユニット撃墜時の獲得資金が1.2倍になる。現在では、強運に変更された。
  • 第2次Z:竹尾ワッ太専用技能。
    ステージクリア時に出撃しているパイロット全員にPP+5(エースボーナス取得後はPP+10)
V:ステージクリア時にTacP+50。
トップエース
UXに登場。撃墜数上位3名が自動的に取得し、敵ユニット撃墜時の獲得資金が1.2倍になる。スキル化された初めてエース系能力にしてレベルアップ・イベント・養成以外で有無が変動する初のスキル。
メイルライダー
Vのクロスアンジュ系パイロットが所持。強運と同じく、敵撃墜時の獲得資金が1.2倍となる。
ラーニング
第2次α・第3次α・OGs・OG外伝:戦闘時、小隊員でも経験値・PPが小隊長と同じく100%入手できる。Zでは廃止され、強化パーツの戦技マニュアルでのみ同じ効果を得られる。
ラッキースター
『X』より登場。出撃時に幸運がかかる。
  • T:レベル制。L2では気力130以上で毎ターン幸運がかかる。

攻撃補助系[編集]

Bセーブ
武器の弾数を1.5倍にする。端数は切り捨てなので、弾数1の武器は増やせない。実弾系ユニット乗り用の技能。
Eセーブ / ベテラン / 節約
武器の消費ENを軽減する。端数は切り捨て。武器のEN消費が激しい機体には必須。GBA版OG1では「ベテラン」名義、NEO・OEでは「節約」の名で採用。
  • 第3次α・Z:通常の80%。
  • OG1・OG2・OGs・OG外伝:通常の70%。
  • NEO・OE:レベル制。技能レベルに応じて消費ENを軽減。
歌姫
UXに登場。フェイ・イェンHD専用スキルで、スキルレベルに応じて特殊効果武器の効果が上昇する。
カウンター
攻撃された際に反撃を行うと、特定確率や条件で先手を取れる。
擬示能力
COMPACT3に登場。気力110以上で攻撃した相手に威圧をかける。ヤナギが所持。
逆襲
COMPACT3に登場。カウンター底力を合わせて、さらに強化版のような技能。HPが20%以下で発生し、必ず先制攻撃&クリティカルになる。
強襲(特殊スキル)
UXで登場。ターン開始時に突撃がかかる。
距離補正無効
UXで登場。距離補正による命中率の低下を無効化する。
修羅の魂
味方版呂布トールギス専用スキル。HP50%以下になった時自分にがかかる。敵時にはイベントでHP減少に伴って魂がかかる。
絶対命中
OEで登場。発動する命中率に関わらず攻撃が必ず命中する。
戦術待機
第3次Z天獄篇に登場。所有パイロットが行動せずターンを終了した場合、次のPP開始時に「覚醒」と「加速」がかかり、さらにチームのメインパイロットのSPが+5される。
先手必勝
IMPACT・UXに登場。気力120以上で、反撃で常にカウンターが発動するようになる。UXでは気力制限が撤廃された。
ダウジング
COMPACT3に登場。気力130以上で毎ターン集中が自動でかかる。紅楓が所持。
ダッシュ
第2次Z・UXに登場。ユニット移動力が常時+1、気力130以上で+2となる。
地形適応上昇
UXで登場。地形適応を1段階上げる。
狙い撃ち
GC / XOに登場。ユニットのサイズ差に関係なく任意の部位へ攻撃が行える。同二作における最重要技能。スキルパーツ版もあり、使い回しが利く。
ヒット&アウェイ
移動を行わないで攻撃などで行動を終了させた場合に限り、その場から移動出来る。シリーズによっては補給装置マップ兵器でも有効。
見切り(特殊技能)
気力が一定値以上になると、最終命中率や最終回避率にプラス補正。一部作では更にクリティカル率もアップする。『V』よりレベル制となる。
  • OE:レベル制。技能レベルに応じて命中、回避が上昇。
連続ターゲット無効
UXで登場。連続ターゲット補正を無効化する。

周辺補助系[編集]

艦隊指揮
Vに登場。各指揮補正効果が+10%され、範囲内の自軍ユニットに距離に関係なく最大値の指揮補正を与える。
ココアの計算
NEOに登場。技能レベルに応じて効果範囲内のユニットの命中・回避にプラス補正がかかる。その名のとおりアララ・ココアの専用技能である。
指揮官(指揮)
周囲の味方ユニットの命中率と回避率が上昇。指揮技能の所持ユニットに近いほど効果が大きい。レベルが上昇すると指揮範囲と効果が伸びる。
指揮:○○
OEに登場。周囲のユニットに対し「○○」に記されたステータス補正をかける。
  • 指揮:攻撃回避:周囲のユニットの攻撃・回避が上昇。
  • 指揮:攻撃命中:周囲のユニットの攻撃・命中が上昇。
  • 指揮:防御命中:周囲のユニットの防御・命中が上昇。
  • 指揮:命中回避:周囲のユニットの命中・回避が上昇。
女王
COMPACT3に登場。周囲の味方ユニットの命中率・回避率・クリティカル率が上昇。技能の所持ユニットに近いほど効果が大きい。レベルが上昇すると指揮範囲と効果が伸びる。
戦術指揮
Zシリーズ・『X』で採用されるゼロ専用技能。個別コマンドによる任意発動で1ターンの間指定範囲内のパイロット全てに対して攻撃指揮(格闘・射撃+15、命中+10)・防御指揮(回避・防御+20)・特攻指揮(格闘・射撃+30、回避・防御-40)とそれぞれ種類に応じた能力補正をかかる。なおコマンドを実行するとゼロ自身は行動終了となる。またゼロ自身に補正はかからない。
チーフ
NEOのグラチェス専用技能。技能レベルに応じて効果範囲内のユニットの命中率・防御力が上昇。
電子の妖精
Vに登場。周囲3マス内の自軍パイロットの全能力値が+5される。
ブルーウォーターの加護
『X』に登場。周囲3マス内の味方ユニットの格闘・射撃・技量・防御・回避・命中を+10させ、毎ターンの自軍行動開始時にスキル所持者とサブパイロットのSP5回復。
ポジショニング
第3次Z天獄篇に登場。所有パイロットは隣接時に与えるプレースメント補正に5%のプラス修正を受け、敵から受けるプレースメント補正を無効化する。最大で15%まで上がる。
ヤーマンの末裔
OEのダバ・マイロード専用技能。範囲内の味方ユニットの攻撃力上昇・および戦闘後の気力上昇値アップ。気力効果はダバ自身にも作用。レベルに応じて各補正値が上昇。

特殊系[編集]

2回行動
敵もしくはNPC専用。自フェイズ中に2回行動が可能。αまでは、直感反応)が規定値に達すると誰でも可能だった能力。
3回行動
敵専用。1ターンに3回行動が可能となる。ガドライト・メオンサム他サイデリアルのリアクターや邪神軍団、御使いが所持。
A級ジャンパー
IMPACTでは気力120以上、MXでは気力130以上で発動。ボソンジャンプが使用可能になる。
一般兵 / 群
OEに登場する敵専用スキル。スタックユニットを編成するパイロットが所持。
オーラ力増幅
COMPACT3に登場。メインパイロットの聖戦士Lvを+1。チャム・ファウシルキー・マウが所持。
改造スキル
UXに登場。スキル所持者が乗るユニットの機体性能・武器改造費用が20%軽減される。
カップラー
『X』に登場。カップリングシステム発動時に閃き集中必中直感を使用すると、同スキルを所持する他のパイロットにも同じコマンド効果を与える。
起死回生
IMPACTで採用。PP開始時にHP、EN、SPが全て20%以下の時、それら全てが全回復。判定はソーラーセイル等が先のため、ターン開始時に回復するパーツは厳禁。IMPACT発売当初は無難に使いやすいキャラであるロールドモンあたりに付けておく程度の認識だったが、検証を重ねた今日では、覚醒を持つコウエクセレン再動を持つセシリーなどに付けるのが実用面で有効であることが判明した。無限のフロンティアではハーケンの特殊技能として、ほぼ同じ効果で登場。
機雷解除
OEに登場。マップ上の指向性機雷を除去できる。
逆恨み
IMPACTに登場。憎悪の対象となる敵がマップ上にいると、攻撃力が1.5倍に。一部の敵から味方になるキャラが所持しているが、敵の時しか効果がないため死に技能と化す。
スーパーガッツ
タカヤノリコ専用能力。
  • F完結編:特定条件を満たすことでHP、EN、SPが全回復し習得されるが、その後の効果はガッツと同じ。
  • T:気力アップに応じて各パイロットパラメータに上昇補正がかかる。また、「気力+ボーナス」の効果も得る。
特殊技能Lv+1(特殊技能+1)
IMPACT、COMPACT3に登場。Lv制の特殊技能Lvを+1。
ナノマシン処理
IMPACTに登場。エステバリスの操縦に必要な技能。能力値補正はない。
ネゴシエイター
Zのロジャー・スミス専用能力。戦闘した相手の気力を-2。スキル所持者がマップ上にいる状態でマップクリアすると、撃墜された味方機の修理費が0になる。
パーツ供給
第2次Zで初登場。消費系強化パーツを装備している場合に隣接ユニットに対して使用が可能になる。再世篇以降はパーツ使用範囲が1マス分拡大されている。
ハッキング
MXに登場。ホシノ・ルリ専用技能。ユニット個別コマンドに「偵察」が追加。コマンドによる偵察はターン消費行動。1ターン指定した敵の命中率を-10%、被クリティカル率を+20%。
無頼
NEO・OEに登場。敵機による包囲効果を無効化する。
プレッシャー
第3次Z(天獄篇・連獄篇)に登場。自分より技量の低い相手への与ダメージ上昇および被ダメージ軽減。
スキルレベル×2マスが効果範囲で、レベルが高いほど上記効果も上がる。
連続行動
第2次Z・第2次OG・UXに登場。気力120以上の状態で敵ユニットを撃墜するともう1度行動が可能になる。UXではシングルユニット時のみ発動。発動権利は1ターンにつき1回のみで、パイロットを変更しても権利は復活しない。

エレメント能力[編集]

第3次Zにおけるアクエリオン系パイロットの固有スキル群。気力130以上で発動し、それぞれのエレメント能力に由来する効果を得る。

検索では「エレメント能力」でまとめられているため便宜的にここへ置く。

重力干渉
アマタ・ソラ専用スキル。移動力+1、移動タイプ「空」を得て、すべての武器の地形適応を空Aにする。イベント後、空適応が「S」になる。
衝撃力
ゼシカ・ウォン専用スキル。最大与ダメージ1.05倍。
絶望予知
カイエン・スズシロ専用スキル。最終命中率&回避率・クリティカル率が+15%。
精神演奏
シュレード・エラン専用スキル。自チーム及び隣接する味方チームの各能力値+5。
穴掘力
アンディ・W・ホール専用スキル。移動タイプ「地中」を得て、すべての武器がバリア貫通効果を持つ。
空間補填
MIX専用スキル。HP回復(小)・EN回復(小)が発動。
脆弱力
モロイ・ドレッツァ専用スキル。すべての武器が装甲値ダウンの特殊効果を持つ。
腐食力
サザンカ・ビアンカ専用スキル。自軍フェイズ開始時に周囲5マス以内の敵ユニットの気力を-2する。
光学透過
ユノハ・スルール専用スキル。分身が発動可能になる。
繋ぐ力
ミコノ・スズシロ専用スキル。自軍フェイズ開始時にSP5回復。
断ち切る力
ジン・ムソウ専用スキル。バリア・フィールドが発動する。
逆さまの力
カグラ・デムリ専用スキル。カウンターの発動率が+50%される。敵パイロット時では効果が異なり、カウンターが確実に発動するものになっている。
テレポート
クレア・ドロセラ専用スキル。移動力が+1され、地形影響を無視して移動できる。
野生の勘
アポロ専用スキル。最終命中率・回避率・クリティカル率+10%。
震動剣
シリウス・ド・アリシア専用スキル。技量+20およびすべての武器がバリア貫通効果を持つ。
念力
シルヴィア・ド・アリシア専用スキル。格闘・防御+20。

トップレス能力[編集]

第3次Z天獄篇におけるバスターマシンパイロットの固有スキル群。気力130以上で発動し、それぞれのトップレス能力に由来するコマンドが追加される。戦闘モードおよび決戦モードは正確にはトップレス能力ではないが検索で括られているため便宜的にここへ置く。

決戦モード
バスターマシン7号専用スキル。ユニットがダイバスターに変化。
戦闘モード
ノノ専用スキル。ユニットがバスターマシン7号に変化。
物質転送
ラルク・メルク・マール専用スキル。1マップに1回リペアキット・プロペラントタンク・カートリッジのいずれかを使用可能。ユニットのパーツ装備の有無に関わらず使用可能。シナリオ終盤で削除。
テレパシー
チコ・サイエンス専用スキル。指定した自軍チームのユニット双方に「必中」と「ひらめき」の効果を与える。
遠距離操作
ニコラス・バセロン専用スキル。所属チームの行動を消費して、指定した行動済みの自軍チームを再び行動可能にする。

作品によって効果が著しく異なる技能[編集]

ガッツ
登場作品が少ない割には、頻繁に効果が変わる。
  • F完結編:タカヤノリコ専用能力。同キャラが持つ精神コマンド努力」「根性」の消費ポイントが減少。
  • α・α外伝:HPの減少に応じて命中率、回避率、装甲、クリティカル率が上昇する。底力より上昇率が高い。底力のレベル制化に伴い廃止。
  • COMPACT3:撃墜されるだけのダメージを受けても、HPが10残る。ただし、その状態から連続で被弾すると撃墜される。
  • OE:レベル制。技能レベルに応じてHP減少時の攻撃・防御・命中・回避・クリティカル率が上昇。
ギアスの呪縛(ギアスの呪い)
枢木スザク専用技能。
  • 第2次Z・第3次Z:気力130以上で発動、最終与ダメージ1.1倍&底力L9の効果を得る。なお気力制限はエースボーナスで解除される。
  • OE:レベル制。一定確率で発動し攻撃・命中がアップ(上昇値はレベルに比例)、更に相手の攻撃を完全回避。発動確率は相手の命中率が高いほど上昇する。
超能力
  • 新:命中率・回避率・クリティカル率が上昇し、消費SPが80%になる。ガイキング系が所持。
  • 第2次α・第3次α・Z:技能レベルの上昇に伴って命中率・回避率・クリティカル率が上昇する。
    ガイキング系、プロトデビルン系、エレメント・堕天翅系、グレース・マリア・フリードが所持。
  • 第2次Z:技能レベルの上昇に伴って命中率・回避率が上昇。アクエリオン系およびゴッドマーズ系パイロットが所持。
  • 64・IMPACT・D:技能レベルの上昇に伴って攻撃力・命中率・回避率が上昇する。ゴッドマーズ系パイロットとマリア・フリード銀鈴が持つ。64ではバグにより極端な補正かかり、ゴッドマーズ及び銀鈴ロボが最強たる所以に。
天才
Zでは上書き可能になっているが、消してしまうと再取得は不可。
  • F完結編・α:LvUPに必要な経験値が400になる。
  • OGシリーズ・第3次α・Zシリーズ:命中率・回避率・クリティカル率+20%。なおOG外伝には、没データとして上位技能の「神業」が存在する。
  • OE:レベル制。技能レベルに応じて命中・回避上昇。
念動力
基本的にスパロボα系のオリジナル及びOGに登場する概念であるが、勇者ライディーンひびき洸も持っている。一部の武器(T-LINK武器)や特殊能力(念動フィールド)の使用条件。初代αではシュウの持つ高い魔力を再現する為に彼も習得していた事がある。また第3次Zのオリジナル敵も所持している。
  • 第2次α以前:技能レベル上昇に伴って命中率、回避率が上昇する。
  • OGシリーズ・第3次α:上記に加え、念動フィールド系バリアの効果がLvに応じて上昇する。
  • IMPACT・MX:毎ターン自軍行動開始時、SPが最大値の20%回復。非レベル制。
  • 時獄篇:敵専用スキル。ジェミニスのみが所持。レベルに応じて、命中率・回避率・クリティカル率が上昇。
反骨心
  • IMPACT:残りHP50%未満で発動。最終命中率+30%、装甲+200。ダメージを受ける度に気力が+2。
  • 天獄篇:相手の技量が自分より高い場合、与ダメージ1.1倍、被ダメージ0.9倍、命中率・回避率+10%の効果を得る。