ヨロイインターフェイスインプラント

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヨロイ・インターフェイス・インプラント(YOROI Interface Implants)とは、『ガン×ソード』に登場する技術。

概要[編集 | ソースを編集]

オリジナル7搭乗者に特殊システムを埋め込む技術で、略称は「YII」。

このシステムの移植改造によって、通常の人間に比べて強化された生体電流によりG-ER流体を通じて操縦する事が出来る。また、身体能力と自己再生機能が著しく強化され、コクピットのG-ER流体に浸り生命維持装置と接続することで外傷のみならず熱病などの内的傷病すら治癒される。さらに空腹や飢餓に陥っても、このヨロイと接続状態すれば餓死を防ぐ事が出来る(あくまでも、その程度であり、こちらは食事する必要がある)。

これだけ書けば「不死身」のように見えるがそうではなく、この手術を施された人間は定期的にヨロイに搭乗して同装置と接続する必要が生じ、長期に渡ってそれを行わないでいると、YIIのオーバーヒートによって生命に危険が及び、やがて死にいたる。逆にヨロイ側も搭乗者と接触しないでいると衛星内部での再生・修復システムが機能しないというリスクを伴ってしまう。この様なリスクがあったのは、かつて惑星EIの囚人を管理するオリジナル自身もまた囚人から選抜されていたためで、彼らが反乱を起こさない様にこの移植改造を行っていた。

「オリジナル7」という一つの単語でヨロイと乗り手の両方を示す意味を持ち、読んで字の如く「一心同体」となる。劇中ではヴァンガドヴェドが該当し、残りのメンバーは手術しなくてもオリジナル7を操縦できる体質の人間ネオ・オリジナルがいる。

スパロボシリーズにおいて [編集 | ソースを編集]

YII」表記。気力110以上で発動し、気力の上昇と共にパイロット能力が上昇する。

スーパーロボット大戦K
気力 防御以外の全能力(※) 防御
110~119 +3 +5
120~129 +5 +8
130~139 +7 +10
140~149 +9 +13
150~159 +11 +15
160~169 +13 +18
170 +15 +20
※「格闘」「射撃」「命中」「回避」「技量」が該当。
スーパーロボット大戦T
ガドヴェドは所持しておらず、ヴァン専用のスキルとなっている。中盤で「気力130以上で与ダメージ1.1倍」の効果が追加される。
また、能力値上昇幅が全能力で共通となった(気力170で全能力に+15)。

主なパイロット[編集 | ソースを編集]

ヴァン
ダン・オブ・サーズデイの操縦者。式の途中で瀕死の重傷を負った彼を助けるためにこの改造手術を施した。
ガドヴェド・ガオード
ディアブロ・オブ・マンデイの操縦者。

関連用語[編集 | ソースを編集]

インプラント