ディアブロ・オブ・マンデイ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディアブロ・オブ・マンデイ
外国語表記 Diablo of Monday
登場作品 ガン×ソード
初登場SRW スーパーロボット大戦K
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類

ヨロイ

頭頂高 推定21.7 m
動力 G-ER流体システム
装甲材質 G-ER流体硬化装甲
所属 カギ爪の男の集団
パイロット ガドヴェド・ガオード
テンプレートを表示

ディアブロ・オブ・マンデイは『ガン×ソード』の登場メカ

概要[編集 | ソースを編集]

ガドヴェド・ガオードが搭乗する月曜日の名を冠するオリジナル7の一体で、斧がモチーフ。

標準機であるダン・オブ・サーズデイをベースに装甲と出力を強化した機体で、圧倒的なパワーを誇る。その分機動力は犠牲になっているが、ガドヴェドの技術もあってか戦闘能力は非常に高い。他のオリジナルと違い追加武装は存在しない。

ゾネットにおいてヴァンの駆るダン・オブ・サーズデイと対決。死闘の末敗北し、G-ER流体を失い機能停止した。

上述のようにダンに型が近いようで、ダンの修理にディアブロのサテライトベースが使用された。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦K
第8話で登場。射程が短く、ガチココアガンナーなどの長射程ユニットで簡単にアウトレンジ攻撃が出来る。同話で出てくるドミネーターよりは対処はしやすい。格闘や斧の一撃はかなり痛いので、ひらめき不屈を惜しまず使おう。

VXT三部作[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦T
登場は第24話。武装が斧一つになった。味方の配置上ダン一機で相対する事が多くなる点に注意。

単独作品 [編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦30
キーミッション「そびえたつ光」で登場、ダンと対決する。射程が4しかないのでアウトレンジから攻めるのが安全。攻撃を喰らうと並のユニットでは半分以上HPを持っていかれる。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

格闘
敵を地に叩きつけた後、渾身の一撃を加える。
手にした巨大な斧で敵をぶった切る。

特殊能力[編集 | ソースを編集]

電磁シールド
2000以下の射撃のビーム兵器のダメージを無効化する。気力100以上で発動。発動時、ENを10消費。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

サイズ[編集 | ソースを編集]

M

カスタムボーナス[編集 | ソースを編集]

装甲+400。照準値+20。
T』で採用。ダン・オブ・サーズデイを除くオリジナル7のヨロイは共通してこのボーナスである。他のユニットのカスタムボーナスにおいて「装甲"値"+n」と書かれることはあっても、「値」の文字を省くのはこのユニットを含むオリジナル7のヨロイおよびカングリジョジェイサーJ1くらいしかいない。
装甲値+400、運動性+20、照準値+20。
30』で採用。

対決[編集 | ソースを編集]

VSダン・オブ・サーズデイ