2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

R・ジャジャ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
R・ジャジャ
外国語表記 R-Jarja
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 出渕裕
分類 指揮官用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 AMX-104
頭頂高 20.0 m
本体重量 36.4 t
全備重量 67.5 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,320 kw
スラスター推力

16,200 kg×1(背部)
11,200 kg×5

総推力
72,200 kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 13,700 m
開発 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
主なパイロット キャラ・スーン
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオン軍が開発した試作型モビルスーツ

ジオン軍ギャンを基にしており、白兵戦を重視している。本来は量産を目指していたが、量産候補に落選して試作機を指揮官用としてカスタマイズされた。騎士を思わせるギャンが元だからか、ビームサーベルには鞘が付いている。

マシュマー・セロの監視役としてキャラ・スーンエンドラに着任した際に搬入され、ΖガンダムΖΖガンダムと交戦しているが、ムーン・ムーンでの戦闘でΖΖのビームサーベルが刺さり爆発した。

量産候補から落選したとはいえ試作機は複数存在したようで漫画『ジオンの幻陽』や小説『Twilight AXIS』にも登場している。

登場作品と操縦者[編集]

キャラやジオン軍人が乗る他、一般兵用としても度々登場する。

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
初登場作品。中盤から敵の雑魚として多数出現。能力的には「変形しないバウ」と言ったところ。一度だけランバ・ラルの副官クランプが搭乗。
スーパーロボット大戦F
今回はクランプではなく、ランバ・ラルの乗機として登場。中盤から終盤にかけて多く出現する。本作ではシールドを装備しておらず、能力的にはビームサーベルの攻撃力が他のMSより高め。それ以外は見るべき点は特に無い。
スーパーロボット大戦F完結編
ギャンの後継機という設定を反映してか、マ・クベが乗る。ただし能力は程々で、ボスとしては物足りない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
キャラなどが乗る。ごく普通のMSといった性能。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
PS版より強化されているがパイロットが一般兵なら軽くあしらえる。
スーパーロボット大戦α外伝
未来でミリシャ兵(ムーンレィス兵)が乗る。やはり特徴らしい特徴は無く雑魚ユニットのバリエーションの1種程度の扱い。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
雑魚として登場するが、最期まで乗り続けるイリア・パゾムの愛機といった印象が強い。第2部でマシュマー・セロも搭乗。ユニットとしてはビームサーベルの射程が1~2のP兵器という点に注意。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
シナリオ「ハマーンの黒い影」でキャラが乗る。他のシナリオではネオ・ジオン兵も乗る。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
キャラ機体がスポット参戦する。性能は並程度。同時にスポット参戦するマシュマーのハンマ・ハンマの方が使いやすいので、援軍でやってくるステージではハイエナに徹するか、後方に下げてあげよう。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

3連装ミサイルポッド
両肩に内蔵。
バリアブルシールド
両肩の後部に装備。スラスターも内蔵され、本機の機動性や運動性を高めるのに一役買っている。
ビームサーベル
腰部にマウントされている。何故か専用の鞘が用意されている。
銃剣付ビームライフル
銃身に実体剣を装備したビームライフル。
サダラーン配備の親衛隊配備のザクIIIにも装備されていた。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「サイレント・ヴォイス」
第4次』のマップ「月の裏側」にて、第三勢力(黄軍)としてゲストと戦闘した際に流れる。
S』では戦闘時にBGMが変わらなくなった為、流れず。

関連機体[編集]

ギャン
開発のベースとなったMS。なお、ゲーム『Gジェネレーション』シリーズには本機とギャンの中間にあたる機体、即ち本機の直接のベースとなったとされる「ギャン改」と呼ばれる機体が登場している。
R・ジャジャ (Twilight AXIS)
『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』(未参戦)に登場。かつてアクシズ内にて主人公アルレット・アルマージュが開発していた白と紫の機体。
アルス・ジャジャ
『機動戦士MOONガンダム』(SRW未参戦)に登場した改修機。

商品情報[編集]

余談[編集]

  • 2018年現在まで、R・ジャジャのHGUCが発売されず、それに苛立ちを隠せないモデラーらが、『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場する『HGBF R・ギャギャ』を改造?して、R・ジャジャに仕上げる(元に戻す?)方が多くいた。

資料リンク[編集]