サダラーン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
サダラーン
外国語表記 Sadalahn
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 サダラーン級機動戦艦
動力 熱核融合炉
開発 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
主な搭乗員 ハマーン・カーン
テンプレートを表示

サダラーンは『機動戦士ガンダムΖΖ』の登場メカ

概要[編集]

ネオ・ジオン軍が旗艦として建造したサダラーン級機動戦艦

グワジン級の発展型だが、それらと違って小型化されている。また、武装が強化されており、火力も高い。地球侵攻用に建造された戦艦の為、バリュートを展開しての大気圏突入が可能となっており、大気圏内での飛行も可能。ジオン系の戦艦の中でも特に汎用性が高い。

ハマーン・カーンの座乗艦であり、エゥーゴアーガマネェル・アーガマグレミー・トト率いる反乱軍と交戦している。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
マップ「ノイエDC」の冒頭のイベントに登場。戦うことは無い。
スーパーロボット大戦F完結編
「偽りの協定」でハマーンが乗る。今作では限界反応が低いせいで、ハマーンの能力を押し殺してしまっている。
耐久性も終盤の敵旗艦にしては並程度で、ドロスウィル・ウィプスの様な強さは感じられない。

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
今回もハマーンが艦長を務める。HPが92000とレウルーラに匹敵するほど高く、艦長のハマーンも合わせて敵の戦艦の中ではトップクラスの強さを誇る。一般兵が搭乗している時はただ硬いだけの敵だが、ハマーンが艦長を務めると恐ろしい難敵と化す。全体攻撃のメガ粒子砲が非常に痛いので、護衛の量産型キュベレイゲーマルクの猛攻を掻い潜り、接近戦を仕掛けると良い。撃沈するとさらに手強いキュベレイに乗り換えてくるので注意。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
「戦士、再び…」で『機動新世紀ガンダムX』のザイデル・ラッソが乗り込んでいる。今回のザイデルはネオ・ジオン所属と言う設定。HP30%以下で撤退する。その後、フロスト兄弟によって撃沈される。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

大型メガ粒子砲
2門装備。
連装メガ粒子砲
6門装備。
対艦大型ミサイル発射口
6基装備。
単装対空レーザー砲
33門装備。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

LL

関連機体[編集]

グワジン級大型戦艦
ジオン公国軍が建造した大型戦艦。