スーパーロボット大戦COMPACT for WonderSwanColor

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーパーロボット大戦COMPACT
for WonderSwanColor
原作 スーパーロボット大戦COMPACT
発売元 バンプレスト
対応機種 ワンダースワン(但し白黒表示になる)
ワンダースワンカラー
プロデューサー 森住惣一郎
寺田貴信
じっぱひとからげ
ディレクター A.SYOU
シナリオ 森住惣一郎
IKATARO
音楽 MIYANG
SAMURAI
発売日 2001年12月13日
価格 4,980円
テンプレートを表示

スーパーロボット大戦COMPACT for WonderSwanColor』は「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品。「COMPACTシリーズ」の1つ。

概要[編集]

ワンダースワンの第1作目『スーパーロボット大戦COMPACT』をカラー対応にしてリニューアルした作品。

2回行動システムが廃止され、援護システムに変更されるなど、現在のシステムにより近い形でリメイクされている。戦闘アニメもスーパー系を中心にロボットのカットインが多数追加された。

戦闘システムと難易度[編集]

  • 2回行動制が廃止され、『COMPACT2』から逆輸入の形で援護システムを導入したためニュータイプ聖戦士勢とその他との格差はかなり縮まった。リメイク前に比べて、敵が堅くなっており援護Lvが高いパイロットの有用性が顕著に表れた。しかし、スーパー系ユニットのHP装甲の低さは改善されておらず、中盤以降手に入る敵ユニットとして登場したMS勢の方が堅いというおかしなバランスは改善されていない。
  • 精神コマンドは『COMPACT2』のものが反映され、みがわり挑発がなくなり献身祝福が追加された。
  • パーソナルデータテーブルシステムによる精神コマンドの修得がよりランダムになった。全滅稼ぎをしないと習得の難しい、高レベルコマンドも散見される。
  • 熱血のダメージ増加率が2倍→1.5倍、のダメージが3倍→2.5倍と下方修正。魂の習得キャラ自体も稀となった。
  • 強化パーツスロットが4つの機体にV-UPユニットを装備したときの攻撃力アップ量が、800→600に変更。
  • 運動性を、6段階以上改造した時の上昇値が10→5に下降。総じて、一機だけ集中強化しての無双がしづらくなっている。

話題[編集]

  • 『COMPACT2』からの流用が各所に見られ、カットインや武器、ユニットが追加されている。
  • クリアボーナスのランダム枠が廃止された。その影響でファティマなどのレアパーツは個数が減っている。
  • ランダム入手だったユニットはステージ選択順や総ターン数で手に入るよう変更されている。
  • 無印では手に入ったシャア専用ザクが、入手出来なくなっている。
  • 敵増援が追加されたステージがある。またシナリオテキストも追加が行われ、ストーリーがわかりやすくなった。
  • TVCMでは流竜馬(神谷明氏)のナレーションでダバ一矢を指揮しつつ自分の必殺技につなげるという、援護とクロスオーバー要素を全面に押し出したものだった。

登場作品[編集]

登場作品については『スーパーロボット大戦COMPACT』と同様。

他、『超獣機神ダンクーガOVA』の展開が一部再現される。

バンプレストオリジナル[編集]

『COMPACT』同様、スパロボオリジナルのメカ、人物は登場しない。

関連記事[編集]

ゲーム中データ[編集]

『COMPACT』と共用。

分類 記事
全話一覧 全話一覧/COMPACT
隠し要素 隠し要素/COMPACT
精神コマンド 精神コマンド/COMPACT
強化パーツ 強化パーツ/COMPACT
特殊能力 特殊能力/COMPACT
特殊技能 特殊技能/COMPACT
メカ&キャラクターリスト メカ&キャラクターリスト/COMPACT

関連用語[編集]

商品情報[編集]

ゲーム[編集]

ワンダースワンカラー

攻略本[編集]