アサギ・コードウェル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アサギ・コードウェル
外国語表記 Asagi Caldwell
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 松本さち
デザイン 平井久司
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ナチュラル
性別
所属 オーブ連合首長国
テンプレートを表示

アサギ・コードウェルは『機動戦士ガンダムSEED』および『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場人物。

概要[編集]

M1アストレイのテストパイロット三人娘の一人で、リーダー格。少しクセの強い金髪が特徴的。搭乗するM1アストレイの機体番号は211。

オーブ崩壊後、クサナギに乗艦。その後、第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦にて、ジュリが撃墜された事に気をとられた隙に自身もビームの直撃を受け、戦死する。小説版ではアスランカガリと共にヤキン・ドゥーエ内部に突入するも、ザフト兵との銃撃戦で撃たれ、カガリに看取られながら息を引き取った。

登場作品と役柄[編集]

SRWでは今の所、全ての作品で生存している。

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
M1アストレイのパイロットとして中盤に自軍に参入するが、後半は精神コマンド要員として小隊コストの低いスカイグラスパーや空陸のエールストライクに乗せる事も。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
NPCとしての登場でパイロット、サブパイロットとしての使用は不可能。カガリがストライクルージュに乗った時のみ、武装として使用できる。
スーパーロボット大戦W
『J』の時とほぼ同じだが、ムウでも呼び出せる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初期からガシャに投入されているCのM1アストレイのパイロットとして登録されていたが、ストーリークエストにおいては第3章が初登場。
モルゲンレーテで円条寺大作らの姉貴分として面倒を見ており、彼らがアルベガスで出撃した際は咎めたが、オーブを守りたいという決意を認め共に戦う。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第3次α
必中加速集中熱血激励かく乱
3人娘のうち、激励役。バサラが歌っていれば気力に困ることは少ないので、一番戦闘にSPを回しやすいと言える。ストライクに乗せてあげよう。
X-Ω
加速信頼+、激励

特殊技能[編集]

第3次α
切り払いL3、シールド防御L3、援護防御L3

小隊長能力[編集]

回避率+10%
第3次α』で採用。

サポートアビリティ[編集]

アストレイ隊リーダー
SR。回避率大アップ。

人間関係[編集]

カガリ・ユラ・アスハ
一応上司に当たるが、フランクな関係である。
ジュリ・ウー・ニェンマユラ・ラバッツ
同僚。

名台詞[編集]

「カレ……逃がしちゃ、ダメですよ…」
小説版での最後の台詞。ぞんざいな扱いのアニメ版とは随分な違いである。しかも、続編でカレ女性問題浮ついているので、彼女の心配は的中してしまっている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「生きてオーブに帰ってこれるなんて夢みたい…」
第3次α』エンディングより。オーブへ帰れずに第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦で死亡した原作とは異なり、こちらは最後まで生存している。

搭乗機体[編集]

M1アストレイ

資料リンク[編集]