マンダラガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
マンダラガンダム
外国語表記 Mandor Gundam
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルファイター
生産形態 ワンオフ機
型式番号 GF13-044NNP
頭頂高 17.3 m
本体重量 7.4 t
動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
レアメタルハイブリッド多層材
開発 ネオネパール
所属 ネオネパール
ガンダムファイター キラル・メキレル
テンプレートを表示

マンダラガンダムは『機動武闘伝Gガンダム』の登場メカ

概要[編集]

第13回ガンダムファイト、ネオネパール代表モビルファイター

大仏のような頭に数珠状の腕部と腰部、釣鐘型の下半身を持つという、変わり種の多いモビルファイター達の中でも特に異様な部類に属するデザインが特徴。

数珠状の腕部と腰部により、かなりフレキシブルな動きが可能となっている。脚部の代わりに大出力のスラスターを装備しており、空中をすべるように移動する。また、釣鐘型の下半身に腰部と脚部を収納した防御形態への変形機構も持っている。

決勝大会でゴッドガンダムと対戦し敗退したが、デビルガンダムがネオ・ジャパンコロニーを乗っ取った際には、ガンダム連合のリーダー機となって活躍した。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
初登場作品。フラグを立てているとアクシズ落としの最中に仲間になる。長射程のユニットが立ち並ぶ終盤なのに、当機体の武器の射程が1ばかりなので使い勝手は非常に悪い。何故かマップ兵器とはいえ曼荼羅円陣・極楽往生のデモは力が入っている。
スーパーロボット大戦リンクバトラー
まみや・しんが使用してくる。
スーパーロボット大戦MXPORTABLE
初期段階でゴッドガンダムドラゴンガンダムと全く同等の運動性能を誇る上に、今作では射程が大幅に伸びた。その反面、合体攻撃が無くマップ兵器も失ってしまったが、使い勝手はかなり良い。
デスアーミーデスバーディの群れから、神面岩を護るべく孤軍奮闘中のヴァーミリオンへ助力するが、ミサトからは「TERRAの新戦力」と大真面目に感心され、甲児からは「薬局のポヨヨン人形」と表現され、タップからは「マンダラじゃないし」と突っ込まれるなど、その異様なスタイルを巡って様々なリアクションが巻き起こる。

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
なぜかスカルガンダム(SRW未登場)と共に、ラストダンジョンにザコキャラとして出現する。どちらもパイロットは未出演。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

煉獄熱波
錫杖を回転させ、炎を噴き出す。MXではダブルアタック対応武器。
錫杖
接近戦用の錫杖で、ビームサーベルの仕込み刀になっている。MXでは錫杖で何度か突きを放ち、すれ違いざまに抜刀して斬る。

必殺技[編集]

地獄曼荼羅
設定のみの技。64では錦杖を回転させ、炎を纏った状態での攻撃として描かれた。
曼荼羅円陣・極楽往生
機体を回転させて円陣を描き、そこから無数のエネルギー弾を放つ。もとはガンダム連合のガンダム達と協力して放った技。
余談だが、原作ではこの技で突撃していったガンダムたちの中にガンダム試作1号機ガンダム試作2号機が混ざっていたりする。参戦しているMXでは成り行き上という言及もあり、更に増えていたことが判明している。

特殊能力[編集]

剣装備
錫杖を用いて切り払いを行う。

移動タイプ[編集]

飛行可能だが、空適正が低いので飛行速度は遅い。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「最強の証~キング・オブ・ハート」

対決・名場面[編集]

ゴッドガンダム
事前のキラルの暗殺は切り抜けたが負傷したドモン。ファイトでも奥の手を警戒し攻めきれないでいたが、明鏡止水の心を思い出しゴッドフィンガーで突撃。仕込み刀を破られたマンダラは爆熱ゴッドスラッシュに居合で対決するが敗北。撃破されたマンダラは糸の切れた数珠のようにバラバラになっていた。

余談[編集]

  • 第11回ガンダムファイトの際に乗っていたタントラガンダムは本機の初期稿である。

商品情報[編集]