スーパーロボット大戦Scramble Commander

提供: スーパーロボット大戦Wiki
SCから転送)
Jump to navigation Jump to search
スーパーロボット大戦
Scramble Commander
開発元 エヌケーシステム
ベック
バンプレソフト
発売元 バンプレスト
対応機種 プレイステーション2
プロデューサー 寺田貴信
五十嵐恒三
じっぱひとからげ
菊池博
ディレクター 岸武彦
シナリオ 岸武彦
山崎論
千住京太郎
音楽 Joe Goose
有馬孝哲
高梨康治(サウンドアレンジ)
発売日 2003年11月6日
価格 7,800円
テンプレートを表示

スーパーロボット大戦Scramble Commander』は「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品。「Scramble Commanderシリーズ」の1つ。

概要[編集]

スパロボシリーズでは初となるRTS(リアル・タイム・ストラテジー)であり、出撃したユニットに攻撃や索敵など、命令を与えて条件を達成していく。またフィールドとユニットが全て3Dポリゴンで表現されており、その関係上出撃できる味方は最大5機と少なくなっている。防御優先を命じて防御力の高いEVAマジンガーZを囮にして移動力の高い機体に目標を達成させる、といった戦術も可能。

MSならライフル、サーベル、スーパーロボットなら格闘や一部を除いた武器攻撃などで通常戦闘を戦い、必要に応じてチャージを行って(チャージには技に応じた時間がかかる)必殺技を繰り出すことで戦う。必殺技は標的指定の断空剣や超電磁スピンや、範囲型のブレストファイヤー、ポジトロンライフルなどに分かれており(防御力を上げるA.T.フィールドだけは例外)、RTSに慣れていないプレイヤーがタイトルだけで買うと戸惑うこと必至である。

戦闘BGMはユニットが必殺技を使用する時にのみ流れる仕様になっているのだが、『超獣機神ダンクーガ』の「愛よファラウェイ」は原曲の面影の欠片もないハードなアレンジがかかっている。

初のRTSジャンルのスパロボだがゲームの作りは悪くなく、要領さえ分かっていれば比較的簡単にクリアできるようになっている……というか、慣れると超電磁ヨーヨーでスタンをかけられ、Ez-8に装甲を削られ、ゲッタードラゴンの高い攻撃力に沈んでいくボスが多少可哀想になってくる局面も出てくる。

話題[編集]

  • ロボットの頭身は『』以来久々となる非SDのリアルサイズ頭身が採用された。
  • いつものSRWのお約束といくつか異なる点として、『ガンダムW』のトールギスと『EW』のウイングガンダムゼロカスタムが同時に自軍に存在する、ゲームシステム上アイナ・サハリングフカスタムに搭乗するなどがある。
  • 本作独自の特徴として精神コマンドがなく、機体のダメージはステージ間に最大HPの10%が回復するようになっている。ステージ間の回復とは別に修理を行い完全回復させることも可能だが、その場合対象ユニットは次のステージの間修理中となり出撃できない。改造も同様に次のステージ中は改造作業中となり出撃できなくなる。これらの仕様から従来のスパロボに比べ戦略性の高い内容となっている。必然的にある程度ローテーションを組んで出撃させることになる為か、強制出撃はほとんどなく(ライディーンとEVAが各1回のみ)、戦闘中はいつでもユニット交代できる。
  • 従来のシリーズと異なり、味方に対しても攻撃判定が存在し、デモ付きの武器では専用のボイスまである。

登場作品[編集]

新規参戦はなし。

『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』はウイングガンダムゼロカスタムのみ登場。

他、『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版』の機体が登場。

バンプレストオリジナル[編集]

本作にはオリジナル主人公、及び主人公機は登場しない。

登場メカ(オリジナル)[編集]

ソーディアン
ソーディアンズダガー
ソーディアンズガード
フラグメント
あしゅら男爵がソーディアンの破片を流用して作り上げた、本作オリジナルの機械獣(厳密には分類は不明)。イベント発生までの間一切の攻撃を無効化してくる。

関連記事[編集]

ゲーム中データ[編集]

分類 記事
全話一覧 全話一覧/SC
隠し要素 隠し要素/SC
強化パーツ 強化パーツ/SC
メカ&キャラクターリスト メカ&キャラクターリスト/SC

関連用語[編集]

商品情報[編集]

ゲーム本体[編集]

攻略本[編集]

資料リンク[編集]

スクコマ2スーパーロボット大戦 公式サイト
スーパーロボット大戦Scramble Commander