トップファイター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
トップファイター
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン カトキハジメ
初登場SRW スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
動力 熱核融合炉
浮揚機関 ミノフスキーフライト
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
合体形態 Vガンダム
Vガンダムヘキサ
Vダッシュガンダム
Vダッシュガンダムヘキサ
主なパイロット ウッソ・エヴィン
マーベット・フィンガーハット
オリファー・イノエ
テンプレートを表示

トップファイターは『機動戦士Vガンダム』の登場メカ。

この項目ではVガンダムヘキサ仕様、オーバーハングパック装着形態についても説明する。

概要[編集]

Vガンダムの形態の一つ。コアファイターとトップリムが合体した形態。

武装はVガンダムと同等であり戦闘能力が高い。腕を変形させてビームサーベルを持たせた格闘戦も可能。

構成機体[編集]

コアファイター
中核パーツ。
トップリム(ハンガー)
各ハードポイントに武装を装着できる他、ビームシールドやビームサーベルも内蔵している。

強化装備形態[編集]

トップファイター+オーバーハングパック
オーバーハングパック装着状態。

登場作品と操縦者[編集]

合体時はVガンダムVガンダムヘキサを参照。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
第1話のVガンダム合体イベントにのみ登場。
マップアイコンのみの存在だが、電視大百科にも収録されている。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
Vガンダム系列が分離、撃破、ボトムアタック使用後はこちらになる。(V)、(VH)、(VD)の3種類が登場するが、VガンダムとVダッシュで性能は変化しない。パーツアタックが初採用されたが、分離前もハンガーは射出できない。更に分離、撃破時にはコアファイターになる。
スーパーロボット大戦α外伝
大まかには前回と同じで(VH)、(VD)の2種類が登場、今回はビームライフルの射程が分離前よりも1伸びるため、ヘキサはこの形態も活用することを視野に入れたい。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
パーツアタックでコアファイターにまでなれるようになった。Vダッシュガンダム時はオーバーハングパック装着形態となる。
序盤はこの状態での強制出撃になるマップがある他、囮と反撃で削りたい場合には回避の高いウッソ機をあえてこの状態で前線に放り込むのも有効。運動性上昇とサイズS化が相まってかなりの回避性能を見せる。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
宇宙編初期のVガンダム合体イベントにのみ登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

バルカン砲
頭部左右に計2門内蔵。
ビームシールド
両腕の肘に発生器を内蔵。発生器は縦方向に180度まで展開する事が可能。
ビームサーベル
両腕のビームシールドユニット内に2本ずつ計4本装備。
ビームライフル
各部のハードポイントに(複数)装着して使用。

戦法[編集]

トップ・アタック
トップリムを射出してぶつける。

特殊能力[編集]

盾装備
シールド防御を発動する。
分離
コアファイターに分離する。
オーバーハングパック装備時はコアブースターに分離する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S

機体BGM[編集]

「STAND UP TO THE VICTORY」
前半OP。

余談[編集]

  • 小説版のセカンドVは最終決戦時にボトムリムをゴトラタンに破壊されたため、この形態で終戦を迎えている。