グラハム専用ユニオンフラッグカスタムII

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グラハム専用
ユニオンフラッグカスタムII
外国語表記 Graham's Union Flag Custom II
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 福地仁
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 可変モビルスーツ
生産形態 改修機
型式番号 SVMS-01X
全高 17.9 m
重量 74.2 t
動力・推進機関 GNドライヴ[Τ]
エネルギー GN粒子
装甲材質 Eカーボン
原型機 グラハム専用ユニオンフラッグカスタム
開発 ユニオン
所属 ユニオン
乗員人数 1名
パイロット グラハム・エーカー
テンプレートを表示

グラハム専用ユニオンフラッグカスタムIIは『機動戦士ガンダム00』の登場メカ

概要[編集]

グラハム専用ユニオンフラッグカスタムGN-X擬似太陽炉を移植したモビルスーツ

劇中では「GNフラッグ」と呼ばれる。「フラッグでガンダムを倒す」事に拘るグラハム・エーカーの意を汲んだビリー・カタギリが突貫工事で開発させたワンオフ機。

GNドライヴは動力源と推進器の役割であり、ガンダムスローネアインから奪取したGNビームサーベルをGNドライヴにチューブで直結させて主武器として使う。その場合GNドライヴを左肩に移動させる必要があり、推進器としては使えるものの左に推進力が偏るため使い勝手が悪くなる。

元々規格の異なる動力機関を無理やり搭載しているため機体バランスは劣悪であり、カスタムフラッグと比較してビームサーベルが使える以外は殆どの性能が低下している。変形も不可能[1]

国連軍との戦闘が終結した直後にガンダムエクシアと対決。前述の通り兵器としては欠陥機に近い性能であるにも拘らず、エクシアがトランザム解除後で性能が低下していたことと、グラハムの技量?)の高さで相討ちにまで持ち込む。

その後、当機も爆散して、グラハムは死亡したと思われたが……

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。「ユニオンフラッグカスタムII」表記。原作より完成が遅れたらしく国連軍との決戦には登場しないが、直後の第49話でいきなり登場する。
武装はGNビームサーベル一つだけと極めてシンプル。性能はかなり高く命中補正は+50もあり、グラハムの能力もあって意外と苦戦する事もある。固有カットインが2種類もあり、演出面でも優遇されている。
しかし、地形適応宇宙:Sは搭乗者とマップの影響で完全に死んでいる上、刹那のエースボーナスの対象になるので下手をするとトランザムの一撃で沈む。
なお、ロボット大図鑑では「この機体のGNビームサーベルはスローネアインのものを参考に開発された」と記載されている(流用した改造品のため、間違いではない)。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

20mm機銃
胴体部に1門内蔵。本編・ゲーム共に未使用。本機唯一の飛び道具。
ディフェンスロッド
両膝の横に装備されている。本機のものは姿勢制御スラスターの役割を持ち、本来の使い方が出来るかは疑問である。腕部にも小型化されたものが装備されているが、申し訳程度。
GNビームサーベル
ガンダムスローネアインから奪取した(グラハムに言わせれば「お前の物はおれの物!」)武器を主武装として使用する。
使用の際にはGNドライヴ[Τ]を左背部に移動させ、チューブで直結したビームサーベルは更に高出力となる。ガンダムエクシアとの戦闘ではこれのみで戦った。
第2次Zではただのビームサーベルとは比べ物にならないほど、豪華な演出になっている。刀身もスローネアインのものより大幅にデカイ。地味に青いチューブもキチンと描かれている。

オプション装備[編集]

新型リニアライフル「トライデント・ストライカー」
オーバーフラッグの標準装備。
一部のゲームやフィギュアではボーナスパーツとして付属しているが、実際にはGNフラッグの状態で装備・使用した場面はない。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。
EN回復(小)
GNドライヴ[Τ]の恩恵により回復する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

ガンダムエクシア
1st第25話にて。アルヴァアロントランザムを駆使して撃破したばかりの刹那が搭乗するエクシアの前に、グラハムが駆るGNフラッグが現れる。
GNフラッグはスローネアインから奪ったGNビームサーベルでエクシアの左腕と頭部を斬り落とすが、エクシアから反撃を受けて右脚と頭部を斬り飛ばされてしまう。
満身創痍の両機体は、GNビームサーベルとGNソードで互いのコックピット部を狙って突進するが、相討ちに終わった。

関連機体[編集]

GN-X
擬似太陽炉は、アレハンドロから譲渡された30機の内の1機より移植している。
ガンダムスローネアイン
主武装のGNビームサーベルはグラハムがスローネアインから奪取した物である。

余談[編集]

脚注[編集]

  1. フィギュアでは一応変形の姿勢は取れるが、本来必要な背部フライトユニットが無く、代わりの推進力となるGNドライヴもバランスが偏る左肩に避けねばならない。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]