グラハム専用ユニオンフラッグカスタム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
グラハム専用
ユニオンフラッグカスタム
外国語表記 Graham's Union Flag Custom
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 福地仁
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 可変モビルスーツ
生産形態 個人改造機
型式番号 SVMS-01E
全高 17.9 m
重量 66.6 t
動力 バッテリー
推進機関 水素プラズマジェット
装甲材質 Eカーボン
原型機 ユニオンフラッグ
開発 ユニオン
所属 ユニオン
乗員人数 1名
パイロット グラハム・エーカー
テンプレートを表示

グラハム専用ユニオンフラッグカスタムは『機動戦士ガンダム00』の登場メカ

概要[編集]

対ガンダム戦に際し、グラハム・エーカーの意見を取り入れユニオンフラッグを極限まで強化したモビルスーツ。劇中では「カスタムフラッグ」と呼ばれる。開発担当者はレイフ・エイフマンビリー・カタギリ

背部フライトユニットを正式には未採用の大型のものに換装し、装甲や燃料搭載量をギリギリまで削り軽量化。ガンダムのビーム兵器対策として対ビームコーティングを施している。さらにエンジンのリミッターを外したことで通常のフラッグの2倍以上の最高速度を手に入れた。しかし、パイロットの負担を無視した結果、全速旋回時に身体に掛かるGは、耐Gシステムを作動させた上でも12Gという凄まじさであり[1]、現にグラハムは吐血している。

武装面ではアイリス社製の新型試作リニアライフル「XLR-04」を装備し、火力を強化している。これは後に新型リニアライフル「トライデントストライカー」(XLR-04の制式仕様)に変更されている。機体のOSは、左利きのグラハムに合わせて専用のものが用意されている。

劇中ではエクシアやデュナメスと対決するも、状況が許さず明確な決着はつけられなかった。しかしガンダムスローネアインがアイリス社の工場を襲撃した際には単機でこれを撃退する戦果を上げている。 グラハムの技量、そして気迫もあったとは言え、太陽炉非搭載の機体の中では唯一、単機での戦闘でガンダムに明確な損害を与えたという傑作機である。

後に通常のパイロット向けに性能を落ち着かせたオーバーフラッグが量産されている。ちなみに、設定上ではオーバーフラッグとは微妙に機体の色が異なる。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。「ユニオンフラッグカスタム」名義。新型リニアライフルを装備したオーバーフラッグス仕様で登場。専用技「グラハム・スペシャル」でガンダムエクシアを付け狙ってくる。…のだが、「グラハム・スペシャル」の消費EN30に対して最大ENが170しか無いので、燃費が悪い。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

20mm機銃
胴体部に1門内蔵。SRW未実装。
ミサイル
両膝部に内蔵。SRW未実装。
ディフェンスロッド
右腕に装備されている棒状のシールド。回転させながら攻撃を弾く。対デュナメス戦では至近からのGNビームピストルの連射を見事に受け止めたが、ボロボロになってしまった。
ソニックブレイド
高周波振動を起こす短刀。両腕部に収納。SRW未実装。
プラズマソード
ソニックブレイドにプラズマを纏わせたエネルギーソード。ユニオンでのビームサーベル実用化に向けた研究の産物。
なお、ソレスタルビーイングのガンダムが所持するGNビームサーベルとも(短時間は)切り結べる。
試作新型リニアライフル「XLR-04」
本機の主兵装。アイリス社の試作型を徴用してきたもので、内蔵バッテリーを大型の物に変更している。大型であるため、取り回しは悪い。通常は高威力弾の単射だが、内部の弾を切り替えて低威力弾の連射も行える。SRW未実装。

オプション装備[編集]

ミサイルポッド
主翼や両脚部の間に増設する。人型では装備できない。SRW未実装。
新型リニアライフル「トライデント・ストライカー」
XLR-04を発展させた制式仕様。本機の主武装。銃口が2種類ある。形状は空力を考慮したものに変更された。
中央に200mm大口径弾砲を1門装備。威力重視の単射。
両側に60mm小口径弾砲を2門装備。速射性重視の連射。
オーバーフラッグの物と同型でオーバーフラッグス結成以降はこちらを使用しているが、識別のため冷却ジェル部の色は青になっている。
GNビームサーベル
ガンダムスローネアインのものを奪取して使用。

必殺技[編集]

グラハム・スペシャル
命名者はビリー・カタギリ。グラハムの技量による攻撃モーション。フラッグの高機動力で相手を翻弄し、背後に回ってプラズマソードで切り裂く。対スローネアイン戦の再現。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

ガンダムエクシア
1st第4話より。初登場時。通常の2倍以上のスピードでエクシアを猛追。エクシアからの攻撃を全弾回避した上にエクシアを狙撃し、海中に沈めた(もっとも、そのまま逃げられてしまったが)。
ガンダムデュナメス
1st第12話より。アザディスタンで対戦。「グラハムスペシャル」でデュナメスを翻弄した。
ガンダムスローネアイン
1st第18話より。アイリス社工場を襲うスローネを急襲。右腕を切り落とす活躍を見せた。まさに、この時のグラハムは「阿修羅すら凌駕する存在」であった。
しかし、スローネアインとの戦いを終えた直後、グラハムはこれまで身体に多大なGが掛かるカスタムフラッグに乗り続けた無理が祟った故か、吐血している。
余談だが、上記の名勝負は視聴者に強い印象を残したようで、「『00』1st第18話の放送後、カスタムフラッグのガンプラが(購入が相次いだ事によって)売り場から消えた」という逸話が存在している。

関連機体[編集]

グラハム専用ユニオンフラッグカスタムII
更に改造されたフラッグ。ただし、バランスは劣悪。別名「GNフラッグ」。
オーバーフラッグ
本機の制式仕様。スペックに変化は無いがリミッターが掛けられている。

余談[編集]

  • 本機は1stシーズン第3話でグラハムがレイフマンにガンダムと戦える機体として「1週間で」改造する事を希望しているが、現実時間で1週間後の第4話で本当に登場している。

脚注[編集]

  1. 余談だが、現実世界では「耐Gスーツを着用した熟練パイロットであったとしても10G(一般人ならば6G)までが限度」である。また、飛行機を用いたモータースポーツであるエアレースの2018年現在の大会規定では安全のためにパイロットに10G以上のGが0.6秒以上かかるとオーバーGとしてペナルティとなり、さらに12G以上のGがかかった場合はその時点で失格となる。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]