ガディ・キンゼー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガディ・キンゼー
外国語表記 Gady Kinsey
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 戸谷公次(TV版・劇場版III)
今村直樹(劇場版I)
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
没年月日 宇宙世紀0088年2月22日
所属 ティターンズ
軍階級 少佐
テンプレートを表示

ガディ・キンゼーは『機動戦士Ζガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ティターンズ所属の軍人でアレキサンドリアの艦長。

一年戦争時代からの歴戦の戦艦乗りで、いかにも小物臭いジャマイカン・ダニンガンと異なり、「囮作戦によって敵艦アーガマをあと一歩の所まで追い詰めた事が有る」等、その手腕は確か。あのヤザン・ゲーブルでさえも、自分の上官として一目置いている程である。

一方で、反連邦的なコロニーに対して毒ガスを注入する作戦において、コロニー側の降伏を認めずに虐殺を行おうとする面も有り、良くも悪くも「任務を忠実にこなす有能な職業軍人」というイメージが強い[1]

後にパプテマス・シロッコに接近するが、最終決戦時にエゥーゴの発射したコロニーレーザーを受けて、アレキサンドリアと共に消滅した。

劇場版でも末路は同様。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
「栄光の落日」にてダブデに乗って登場。ジャマイカンと比べると影が薄い。
スーパーロボット大戦F完結編
TV版の戸谷氏で声が入った。シナリオ「訣別」で出番が多く、原作の有能振りを介間見る事が出来る一方、連邦軍所属のブランを相手に威張り散らし、反抗された際は脅しをかけて怒鳴る等、些からしくない振舞を取る。その後、終盤に至るまでアレキサンドリアに乗って登場するが、能力面でジャマイカンとはこれといった差別化もされておらず(技量値に至っては彼に負けている)特に警戒する必要はない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ルート分岐のダカールの防衛戦で初登場(この時のみアウドムラ艦長)。その後はシロッコについていき、ルートによってはアレキサンドリアに乗る。
その後、エンジェル・ハイロゥ攻略戦ではシロッコに与えられたはずのドゴス・ギアに乗っている(もっとも、シロッコの乗艦はさらに強力なジュピトリスであるが)。
なお、『α外伝』では戦死してしまったのかどうか分からないが、登場しない。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
新規EDルートではどういうわけかシロッコの下から離れ、ティターンズに出戻る。ドゴス・ギアはバスクに献上し自身はアレキサンドリアに乗って登場。弱い。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
劇場版設定のため声優が今村氏に変更。今村氏は本作でスパロボ初参加。IFルート限定で登場。しかも、出てくるのはたったの1話。撃墜した後、「撤退する」と言って、その後はどこに行ったのか分からず終い。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第4次S
偵察加速根性信頼探索かく乱(実際には使用せず)
F完結編α
根性加速熱血必中補給かく乱
Z
集中狙撃鉄壁信頼気合

特殊技能(特殊スキル)[編集]

Z
援護攻撃L4、集束攻撃Eセーブ指揮官L3

小隊長能力(隊長効果)[編集]

命中率+10%/ダメージ-10%
Z』で採用。

人間関係[編集]

ジャマイカン・ダニンガン
上官。ジャマイカンの命令には唯々諾々と従っていた…が、彼の戦死後の発言を見る限り、実はそうではなかったようだ。
パプテマス・シロッコ
TV版では一つ下の階級であるが、実質的には上官。後半は彼に接近していく。
バスク・オム
上官。しかし、30バンチ事件での虐殺行為に対する批判的姿勢から、首謀者である彼を内心では嫌っていた可能性がある。
ジェリド・メサマウアー・ファラオレコア・ロンド
部下。精鋭だが粒揃いの彼らを上手く纏め上げている辺り、部下の使い方も卓越している。
ヤザン・ゲーブル
部下。曲者の彼もガディの能力には一目置いている。
ブラン・ブルターク
作品によっては同僚。『F完結編』では連邦軍所属であるブランにロンド・ベルに対する攻撃を仕向けた。

名台詞[編集]

「サチワヌですね。色は塗り直していますが」
「船乗りには、船のちょっとした違いで分かります」
第10話より。所属不明のサラミス級巡洋艦を見つけた時の台詞。
エゥーゴが同型艦のモンブランを失った為、地球連邦軍所属のサチワヌを鹵獲してエゥーゴカラーに塗り替えて偽装していたのだが、その偽装を船乗りの感覚で見抜いてみせた。
「俺だってそろそろ、アレキサンドリアの実力を発揮させたいからな」
第27話より。ジャマイカンが死亡した翌話における、この発言からして、彼の能力に疑念を持っていたのだろう。
それにしても、唯々諾々と従っていた唯一の部下からもそう言われるあたり、ジャマイカンの人望の無さがうかがえる。
「命の尊厳を賭けての戦いなのだよ。これは」
第29話より。サイド2の降伏を無視し、毒ガス作戦を仕掛けようとした際の台詞。やる事自体は非情な大量虐殺にしか過ぎないのだが…。
「俺がアーガマの艦長なら、そう動く」
第30話より。ブライトが指揮するアーガマの動きを読みきった際の台詞。
ブライトもガディもベテランだからこそ、同じレベルで敵の思考を読む事ができる。ガディの有能さが伺える。
「まったく、シロッコとひっついたら妙なのばかり寄り付く」
第38話より。ティターンズ寝返ったレコアと会話した後の台詞。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「なに、遠慮はいらん。諸君らをアグレッサーと仮定した、実弾演習でいかがかな?」
F完結編』「訣別(前)」より。でティターンズとドレイク軍の繋がりを示す証拠であるウィル・ウィプスを演習にかこつけて撮影しようとしたロンド・ベルの思惑を見抜き、逆に実弾を用いた共同演習を提案して撃滅を図った際の台詞。原作同様のガディの切れ者振りが発揮されている一場面である。
ちなみに「アグレッサー」とは、軍の演習や訓練において擬似的に敵対行動を取り、自軍の相手役を務めることでこれを教導する部隊、つまり「敵役」であるが、その性質故によほど優秀な部隊でなければ務まらない(弱いアグレッサーでは訓練として成り立たない)為、必然的に精鋭ぞろいとされている。
慢心の目立つジャマイカンとは違い、手練揃いであるロンド・ベル隊の実力を侮らず弁えているベテランのガディらしい表現と言える。
余談だが、後年の作品において上記のガディと似た台詞を吐く人物が登場する。

余談[編集]

  • TV版からしっかりと名前が登場しているキャラクターにも関わらず、劇場版Iではなぜか「アレキサンドリア・キャプテン」というクレジットで登場している。ただし、劇場版IIIでは、しっかりと名前が付いている。

搭乗機体[編集]

アレキサンドリア

SRWでの搭乗機体[編集]

ダブデ
第4次
アウドムラ
α
ドゴス・ギア
α

脚注[編集]

  1. ただし、後のバスク・オムの発言によると「ガディ・キンゼーが毒ガス作戦には批判的だった」事が明らかになっている。

資料リンク[編集]