リヴァイヴ・リバイバル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
リヴァイヴ・リバイバル
外国語表記 Revive Revival
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 斎賀みつき
デザイン 高河ゆん(原案)
千葉道徳
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 イノベイターイノベイド
性別 中性
所属 アロウズイノベイター
軍階級 大尉
資格 ライセンサー
テンプレートを表示

リヴァイヴ・リバイバルは『機動戦士ガンダム00』の登場人物。

概要[編集]

リボンズ・アルマーク率いるイノベイドの一人。作中では配備要請に応えて、一番最初にアロウズに派遣された。クラシック音楽を聴く事が趣味である。

他のイノベイド同様人間を見下してはいるが、カティのような能力の高い人物は素直に評価したり、アニューを連れての戦闘ではしゃぐヒリングを「悪趣味」と言うなど、まともな感性もそれなりに持ち合わせている。また、刹那の戦闘力について「真のイノベイター」になりつつあることを作中で初めて言及している。

愛機であるガデッサの火力を活かしてソレスタルビーイングを手こずらせたり、またアニューを利用して位置を探知し、さらに彼女を覚醒させるためわざと捕虜になるなどかなりの活躍を見せた。

決戦ではヒリングと共にセラヴィーを撃墜し、さらに刹那を相手にして善戦するも、トランザム・バーストやトライアルフィールドを発動されたことで形成逆転される。そして半壊状態のケルディムと交戦し撃破寸前まで追い詰めるが、ライルの奇策「一秒トランザム」で背後に回り込まれ零距離射撃を喰らい、戦死した。

なお、リヴァイヴの名前の正しい表記は「リァイ・リル」である(名は全て「ヴ」で、姓が全て「バ」になっている)。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
初登場作品。他のイノベイド仲間と共に登場することが多い。そこそこ高いの能力値と天才スキルを持つ。乗機の射程も、相方のヒリングより長い上に隙もない。
しかし、弱点は他の00ボスと同様の「乗機属性」である。彼とヒリングの乗機が“ガ”シリーズなので、刹那だけでなくティエリアのエースボーナスも有効。なお、最初から最後までアロウズのパイロットスーツのままである。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第2次Z再世篇
偵察集中てかげん直感直撃熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次Z再世篇
天才援護攻撃L3、戦意高揚Eセーブ見切りサイズ差補正無視ガード

エースボーナス[編集]

移動力+2
第2次Z再世篇』で採用。

人間関係[編集]

リボンズ・アルマーク
イノベイター(イノベイド)のリーダー格。彼に対しては、最後まで忠実に従っている。
ヒリング・ケア
彼と組んで戦うことが多い。アニューを連れての戦闘にはしゃぐ彼を「悪趣味」と評したことも。
アニュー・リターナー
同じ塩基配列パターンをもつイノベイド。彼女を探知してプトレマイオス2の位置を割り出し、また覚醒させた。
リジェネ・レジェッタ
ブリング・スタビティ
デヴァイン・ノヴァ
イノベイドの同志達。
カティ・マネキン
アロウズの作戦指揮官で、リヴァイヴの上官。人間でありながら彼女の能力の高さを評価しており、「指示に従う」と約束した。
アーバ・リント
アロウズ所属の軍人。カティとはうって変わって、彼のことは見下していた。
アンドレイ・スミルノフ
アロウズ所属の軍人。父セルゲイを手に掛けて昇進した彼を「親殺しをして昇進か」と、ヒリングと共に嘲笑した。
刹那・F・セイエイ
彼と交戦するが、幾度となく敗北する。その内に「真のイノベイターに覚醒しつつあるのでは」と推測した。
ティエリア・アーデ
イノベイドであり、リヴァイヴと同じく砲撃戦重視の機体に乗って戦う。それだけに、リヴァイヴとの交戦機会が多かった。
ライル・ディランディ
リヴァイヴが操ったアニューの恋人。最終決戦では、彼に引導を渡された。

他作品との人間関係[編集]

ギル・バーグ
CCで共闘。

名台詞[編集]

「まさか、この僕がアロウズに入隊するとは…」
2nd第8話より。ガデッサに乗ってアロウズに配属された際の台詞。
ミスター・ブシドーとは違い、大佐の権限に従うことをお約束します!」
2nd第9話より。「ライセンサー」であることに難色を示したカティに対して。彼女のことを評価していたためでもあるだろう。
「上昇角度の変更はたったの3度…このガデッサにはたやすいこと!」
カティの作戦に従い、大気圏離脱を図るプトレマイオス2を攻撃する際の台詞。自分の機体に自信を持っていることがわかる。
「クッ…まだだあっ!!」
2nd第12話より。ダブルオーライザーと初交戦し、GNメガランチャーを振り回しながら攻撃するも避けられる。
「バカな!? しかし私は…イノベイターだ!!」
上記の後、この言葉と共に斬りかかるがダブルオーの量子化により、かわされてしまった。
来るべき対話のためです!」
2nd第20話より。捕虜になって尋問を受け、「何が目的だ」との問いへの返答。
「女なんかに造るから、情に流されたりする…!」
アニューが人質を奪還されてしまい、愚痴をこぼす。
「仕方ない…オーライザーは諦めるよ。でも、手土産のひとつくらいは欲しいな!」
オーライザーを奪取しかけたが、赤ハロに制御を奪われて失敗する。
だが、この発言の後コンソールを破壊して脱出し、この後の戦闘でダブルオーライザーを即時投入不可能にして一矢報いた。
「悪趣味だな…」
アニューを連れての戦闘にはしゃぐヒリングに対して。リヴァイヴのまともな発言に驚いた視聴者は多数いた。
「刹那・F・セイエイ…彼が人類初のイノベイターになるというのか…」
2nd第21話より。度重なる敗北に対し、推測して。ヒリングは認めようとしなかったが、「そうでもなければ説明がつかない」と反論した。
また、これは彼らが自称するイノベイターではない、イノベイドであることの伏線でもある。
「あのガンダムだ…あのガンダムさえあれば僕だって!」
2nd第24話より。トランザムバーストを発動させたダブルオーライザーを見て。リヴァイヴ達が抱いていた人間に対する優位性が、崩れ去った瞬間でもある。
「そんな機体で、この私と張り合おうなど!」
2nd第25話より。半壊状態のケルディムと交戦して。だが、彼もヴェーダの補助が断たれたことで、優位とは言い難くなっていた(とは言え、小説版では実際にこの時点でも「リヴァイヴが優位である」と明言されている)。
そして、最後はかつてリヴァイヴが操ったアニューの恋人・ライルの奇策「一秒トランザム」によって引導を渡された。

迷台詞[編集]

「大がかりな作戦だ! リボンズにいったい何があったのやろ!」
マガジンZ版での珍言。なぜか方言(関西弁?)を喋っている。おそらく「やら!」の誤植と思われる。
ちなみに、マガジンZ版は雑誌掲載時に誤植が多く、殆どが単行本で修正されたが、何故かこれだけが修正されていない。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「彼も不要といわれた身。その辛さこそが強さとなっているんだろう」
CCにて、共闘することになったギル・バーグの力を評して。

搭乗機体[編集]

ガデッサ
愛機。高い砲撃戦能力を持つ。
オーライザー
奪取せんと乗り込んだが、コントロールの違いに戸惑った挙句、赤ハロに制御を奪還されてしまった。

余談[編集]

  • メガランチャーを撃ちながら砲身を振り回して攻撃するシーンがあるが、これを見て斎賀みつき女史がかつて演じたレイヴンを思い出した人も少なくなかったらしい。彼も「まだだあ!」と言いながら、恐竜型ゾイドの荷電粒子砲を撃ちつつ射線軸を曲げて攻撃したことがあったためだろう。

資料リンク[編集]