ゼウスガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゼウスガンダム
外国語表記 Zeus Gundam
登場作品

ガンダムシリーズ

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルファイター
生産形態 ワンオフ機
型式番号 GF13-002NGR
頭頂高 17.5 m
本体重量 8.9 t
動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
レアメタルハイブリッド多層材
開発 ネオギリシャ
所属 ネオギリシャ
ガンダムファイター マーキロット・クロノス
テンプレートを表示

ゼウスガンダムは『機動武闘伝Gガンダム』の登場メカ

概要[編集]

ネオギリシャ代表のモビルファイター。身長4mの大男、マーキロット・クロノスが搭乗する。

ギリシア神話の主神「ゼウス」を模しており、モビルホース・ハーキュリーが索引する二輪馬車も使用。必殺技は「裁きのイカヅチ」。

第13回大会決勝大会でゴッドガンダムの初戦の相手となる。ハーキュリーを破壊されながらもゴッドガンダムを追い込んでいくが、裁きのイカヅチを受け止められ、爆熱ゴッドフィンガーによるカウンターを受けて爆砕される。決勝バトルロイヤルではゴッドガンダムと再戦するが、ゴッドスラッシュで倒される。その後、DG細胞に感染して復活するが、ゴッドフィンガーにより爆砕された。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
唯一の参戦作品。パイロットが原作キャラと絡まないので、気が付いたらMAP上にいる存在。コブラガンダムとコンビで出てくるが揃って全武装射程1なため、脅威にすらならない(一応攻撃力はそれなりにある)。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ゼウスソード
左腰に備えられている大剣。
イカヅチハンマー
裁きのイカヅチから、ハンマーで相手の頭を撥ねるのがゼウスガンダムの勝利パターン。
裁きのイカヅチ
イカヅチハンマーから発する電撃。

移動タイプ[編集]

背部に大型のウイングを持ち、劇中でも必殺技時に飛行しているがSRWでは飛行不可。

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

ゴッドガンダム
ドモン&ゴッドガンダムの初戦の相手。ネオホンコンの街中を歩き、ネオギリシャの宿舎近くまでいていたドモンは突如マーキロットに投げられる。開会式でのドモンの全勝宣言が癪に触っていたマーキロットはドモンの攻撃をものともせず一方的に甚振り、海に殴り飛ばされてしまう。その後、海を漂う自分を拾ってくれた老人・ハンから「ホウロウ虫」の話を聞き、話に元気付けられたドモンは自信を取り戻し会場へと向かう。ゼウスガンダムの戦車・ハーキュリーを破壊したことで一方的に甚振られるという同じ結果になるところを、起死回生の新必殺技・ゴッドガンダムの「爆熱ゴッドフィンガー」をどてっぱらに食らいゼウスガンダムは爆散。ドモンは全勝宣言の一歩を踏み出したのであった。
その後、ランタオ島での決勝バトルロイヤルでまたしてもドモンの前に現れるが、その頃のドモンは成長しており爆熱ゴッドスラッシュの一撃で倒されてしまった。だがゼウスガンダムはマーキロット共々すでにDG細胞に感染しており、自己再生で復活。再びドモンを襲うが「お前に構っている暇はない」とばかりに今度は爆熱ゴッドフィンガーによりしめやかに爆発四散。ドモンは東方不敗マスター・アジアデビルガンダムに挑むために飛び去って行くのであった。
放送当時の漫画版では、ドモンがゴッドに不慣れだったことで優位に立っていたが、懐に飛び込んでのゴッドフィンガーで逆転負けを喫する。その後の決勝バトルロイヤルでは、DG細胞に感染はしなかったが、ゴッドフィンガーで破れ、失格となった。

余談[編集]

  • 放送当時の漫画版では、マーキロットが戦死しなかった為、ガンダム連合の一員として復帰。『超級! 機動武闘伝Gガンダム』では、決勝バトルロイヤルでゴッドとの交戦前にデビルガンダムに倒されているが、こちらでもガンダム連合で復活を果たし、デビルと交戦している。

資料リンク[編集]