ガンダムエクシアリペア

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムエクシアリペア
外国語表記 Gundam Exia Repair
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 海老川兼武
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 第3世代ガンダムモビルスーツ
生産形態 改修機
型式番号 GN-001RE
全高 18.3 m
重量 50.9 t
動力・推進機関 GNドライヴ
エネルギー GN粒子
装甲材質 Eカーボン
バックアップシステム 独自のバックアップシステム
原型機 ガンダムエクシア
所属 刹那個人所有
パイロット 刹那・F・セイエイ
テンプレートを表示

ガンダムエクシアリペアは『機動戦士ガンダム00』の登場メカ

概要[編集]

1stシーズン最終話「刹那」におけるGNフラッグとの激闘で中破したガンダムエクシアの修復機。

刹那・F・セイエイが4年間ソレスタルビーイングとの接触を断っていたために補給を受けられず、物資不足により欠けた装甲はほぼそのままにされている。

「GNフラッグとの激闘によって喪失した左腕はマントでカバーしたのみで、同じく喪失した右カメラアイはティエレンのカメラで代用、各部GNコンデンサーは全て破損、GN粒子制御用クラビカルアンテナも折れている」という満身創痍の状態である。

肝心の武装もGNソードを除く格闘兵装およびGNシールドが失われている上、頼みのGNソードは刃こぼれして切っ先が折れた状態になっている。

この満身創痍のこの状態でトランザムが可能かどうかは不明。[1]なお、「ガンダムエクシア改」という別名が記載された資料もあるが、この場合は「改修」の意味合いが強い。

劇中での様相[編集]

2ndシーズン第1話「天使再臨」にてコロニー・プラウドに現れてアロウズと交戦するが、新型機アヘッドとの性能差から敗北してしまう。しかし、アヘッドにあわや討たれるところを救援に来たティエリア・アーデセラヴィーガンダムに助けられた。

刹那・F・セイエイソレスタルビーイングに合流した後、本格的な修復のためソレスタルビーイングのラボへと送られ、エクシアリペアのGNドライヴダブルオーガンダムへと受け継がれた。[2]

その後、本機体はソレスタルビーイングのラボで改修されて、最新技術が施されたガンダムエクシアリペアII(SRW未登場)へと生まれ変わる。そして、それはリボンズ・アルマークとの最終決戦時に刹那の手によって起動され、リボンズを討つ力となったのであった。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
初登場作品。序盤各ルートでスポット参戦。絶望的なプロローグを経て、2nd版に変わった刹那が生存を証す感動的場面なのだが、むしろ戦闘BGMとのミスマッチが印象的とも…。
攻撃力はそこそこだが、運動性が低く攻撃を喰らいやすいのが問題である。あまり強くないので、無理は禁物。
なお、残念ながらガンダムエクシアリペアIIは未登場[3]である。登場させるとダブルオーライザーが離脱してしまうので、仕方がないといえば仕方がない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
スーパーロボット大戦X-Ω‎
UC・SRのシューター。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

GNバルカン
右腕に内蔵している小型ビームバルカン。やや非力であるが、戦闘機や旧世代MSであれば十分に破壊できる。
劇中未使用のためか、SRWでも未登場。
GNソード
右腕に装着された複合武器。大型の実体剣とショートレンジ用GNビームライフル、GNコンデンサーを内蔵したバックラーで構成される。
GNソード(ソードモード)
実体剣を前方に展開させた状態。長年にわたる戦いによるものか、剣先が折れて刃こぼれしている。
刹那と機体のカットインがあるが、刹那は黒いパイロットスーツを着用している。
GNソード(ライフルモード)
実体剣をバックラー内部に収納させ、ショートレンジ用ライフルを使用可能にした状態。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。
EN回復(小)
GNドライヴの特性を再現している。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

全ての格闘武器の攻撃力+400
改造する機会は無いので実質無意味。

機体BGM[編集]

「FIGHT」
劇中BGM。

対決・名場面[編集]

アロウズ
2ndシーズン第1話「天使再臨」より。アロウズの小隊を奇襲し、その内のGN-X III一機の右腕を破壊したものの、直後にバラック・ジニンが搭乗するアヘッドに性能差で敗北。アヘッドによってGNソード、右腕、右足を両断される。
あわや撃墜寸前まで行ったが、直後に新たなガンダムの登場により難を逃れる。そして、この出来事により刹那ソレスタルビーイングに帰還する事となった。

関連機体[編集]

ガンダムエクシアリペアII
改修機。外見は旧エクシアに酷似しているが、性能は向上している。2ndシーズン最終話「再生」に登場。最終決戦でリボンズ・アルマークの駆る0ガンダムと壮絶な一騎打ちとなった。SRW未登場。
ガンダムエクシアリペアIII
『00V戦記』に登場。リペアIIをさらに改修した機体。ソレスタルビーイングが活動している事を悟られない為に近接武器が減った代わりに左腕にGNロングライフルを装備し、遠近両方に対応可能になった。
ガンダムエクシアリペアIV
劇場版のその後に登場。リペアIIIをさらに改修した機体。左腕がフレームむき出し、右肩にクアンタのシールドを装備している。これまでのリペアと違い初代エクシアと同様に7本の刃が実現となった。
パイロットはソレスタルビーイングに加入したグラハム・エーカーで、勝手に「グラハム・ガンダム」とあだ名がつけられている。グラハムの特徴に合わせ左腕をフリーに出来る装備配置がなされている。
ティエレン宇宙型
喪失したガンダムエクシアの右カメラアイの修理にパーツを流用。
ダブルオーガンダム
ガンダムエクシアリペアのGNドライヴを受け継いだ後継機。[2]

余談[編集]

  • ガンダムエクシアリペアは半壊した姿ながらも、ある意味悲壮感も感じさせる外見からか、ファンからは「ボロシア」の俗称(というか愛称)で呼ばれることもあり、地味ながら人気が高い。
    • 実際、視聴者からの人気を反映してか『機動戦士ガンダム00』スペシャルエディションII「エンド・オブ・ワールド」の映像ソフトの表紙にガンダムエクシアリペアが採用されている。
  • マントをまとったその姿からクロスボーン・ガンダムX1を連想した視聴者も多かった。
    • なお、これに関して水島精二監督は「実際の宇宙空間ではマントははためいたりしないのだが、やはり『マントがはためいた方が格好良い』と思ったので、敢えて劇中でエクシアリペアのマントをはためかせる事にした」と述懐している。
  • PSP用ソフト『SDガンダム GGENERATION WORLD』では、本機からティエレン宇宙型を開発できる。移植した右カメラアイがティエレン宇宙型のものだからなのか…?

商品情報[編集]

  • MGはパーツ選択式でリペアを再現可能。

脚注[編集]

  1. 「仮にトランザムを発動できても、内部機構が耐えられない」というのが大方の予想ではあるが、アーケードゲーム『機動戦士ガンダム EXTREME VS』ではトランザムを使う本機を目にすることができる。
  2. 2.0 2.1 ちなみにガンダムエクシアリペアのGNドライヴは、ダブルオーガンダムの右肩部分に移植されている。
  3. ちなみに、大森倖三氏による漫画版においても、ガンダムエクシアリペアIIは未登場。

資料リンク[編集]