アルフレッド・イズルハ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
アルフレッド・イズルハ
外国語表記 Alfred Izuruha
登場作品 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
声優 浪川大輔
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
テンプレートを表示
プロフィール
愛称 アル
種族 地球人
性別
年齢 11歳
身長 110cm
所属 民間人
テンプレートを表示

アルフレッド・イズルハは『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』の主人公

概要[編集]

サイド6コロニー群のリボーコロニーに暮らしている11歳の少年。愛称は「アル」。

中立サイドで暮らしていた為、戦争の現実を知らず、想像的なヒロイズムに憧れていた。しかし、ジオン軍の新米MSパイロットのバーナード・ワイズマン(バーニィ)と出会ったことにより、地球連邦軍の新型MS・アレックスを巡る謀略の中に踏み込んでしまい、戦争の真実を知る事になった。

登場作品と役柄[編集]

主人公でありながら完全な民間人ポジションなのに加えて『0080』自体が原作再現が少ない為、長らくSFC版『第3次スーパーロボット大戦』のゲームオーバー画面くらいしか出番がなかったが、『スーパーロボット大戦GCXO)』にめでたく登場し、原作再現の物語にしっかり関わることに。スパロボ補正により『GC』と『OE』の両方でバーニィとの再会が叶うので、ある意味ではアルも救われたと言える。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初登場作品。ゲームオーバー画面に登場する。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス』ではゲームオーバー時に登場しないが、描きおろしのグラフィックが没データとして存在する。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
『第3次』以来久しぶりの登場となり、本編シナリオでも登場。原作通りサイド6でバーニィと一緒に行動している。バーニィ生存時はEDでバーニィ、クリスと再会を果たし、涙ながらに喜ぶ。バーニィが死亡している場合は原作と異なり、彼の死をクリスに伝える。
スーパーロボット大戦Operation Extend
バーニィがホワイトベース隊の捕虜になった様子を見て心配するが、クリスから「いずれバーニィと一緒に帰ってくる」と約束され、帰りを待つことに。EDでは無事、再会が叶う。

人間関係[編集]

クリスチーナ・マッケンジー
隣人で愛称はクリス。アルはクリスを実の姉のように慕っている。
イームズ・イズルハ
父親。SRW未登場。
ミチコ・イズルハ
母親。SRW未登場。
チェイ
クラスメートにして友人。彼から軍の階級章を見せびらかされた事もあった(DVD第1巻付属ブックレットによると、玩具屋で買ったもの)。SRW未登場。
テルコット
クラスメートにして友人。サイクロプス隊との接触でジオン贔屓になっていたアルをチェイと一緒になってからかったりもした。SRW未登場。
ドロレス・ヘイズ
クラスメートで愛称は「ドロシー」。アル、チェイ、テルコットの3人は戦争に憧れる無邪気さを学級委員長のドロシーからは小馬鹿にされ、アル達もドロシーを煙たがるという犬猿の仲であったが、アルがチェイとテルコットから孤立してしまった際はアルを庇った。SRW未登場。
バーナード・ワイズマン
サイクロプス隊配属の新米隊員で愛称はバーニィ。アルと友人になるが、バーニィとの出会いがアルに戦争の現実を見せる事になった。
シュタイナー・ハーディ
サイクロプス隊隊長。盗聴器を仕込んだ部隊章を渡され、情報収集役として利用される。

名台詞[編集]

「人間って、簡単に死んじゃうんだね…」
第5話より。アレックス破壊作戦が失敗に終わり、バーニィを除くサイクロプス隊の面々が戦死し、民間人に多数の死傷者が出た光景を目の当たりにして。
これまで戦争を「退屈な日常を吹き飛ばす冒険」だと思っていたアルであったが、「人が理不尽に死んでいく」という現実の戦争を肌身で体験して考えが変わりつつあった。
「嘘だぁぁぁ!」
「バーニィはエースだから死なない」と信じているアルに対する、バーニィの「自分がエースではなく新兵である」という告白を聞いた際の叫び。
なお、第5話のタイトルは「嘘だと言ってよ、バーニィ」なので勘違いしがちだが、アルはこのサブタイトルを本編中喋ってはいない
「バーニィー!! もう戦わなくていいんだー!!」
第6話(最終話)より。クリスのアレックスとバーニィのザクが激突しようとした時、戦いを止める為に戦場に飛び出すアル。だが、時既に遅く、アレックスのビームサーベルはザクのコクピットを貫き、ザクは爆散する…。
「うん…。バーニィもさ、きっと…。きっと、残念がると思うな…」
「さよなら、クリス」
地球に転任するクリスへの別れのあいさつ。バーニィの遺言に従い、アルはクリスを咎める事をせず、あふれる涙をこらえながら彼女に別れを告げた。
「この頃僕は思い出す。初めてザクを見た日の事を。止められなかった戦いの事を…」
「バーニィ、忘れないよ…」
OVA発売から10年後に発売されたDVD版のCM。成長したアルが過去を回想するモノローグなのだが、演じているのは同じく成長し、声も大人になった浪川大輔氏という粋な演出である。
なお、ゲーム『SDガンダムGジェネレーションスピリッツ』『SDガンダムGジェネレーションジェネシス』でも、『ポケットの中の戦争』のシナリオナレーションは大人になったアル=浪川氏である。
「今でもたまに夢に見る。運命は信じないけど、哀しい事ばかりじゃ無かった…」
「バーニィ、忘れてないよ…」
こちらは2017年放送のBlu-ray版のCM。上記のDVD版同様、アルを演じた浪川氏によるモノローグとなっている。

余談 [編集]

  • アルフレッド・イズルハ役を演じた浪川大輔氏は、変声期前の子役だった『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』の収録当時、制作者から「絶対に声変わりをしないように体調管理をしてください」と釘を刺された事を明かしている。
    • ゲーム作品等で新録が必要な場合は比嘉久美子氏が代役として起用されている。ただし、TVCM等では大人になった浪川氏があえて起用され、大人になったアルという演出がされる場合も有る。

資料リンク[編集]